連載 「アクティブ・レディースの 『日本酒随想』 」 (第2回)です!

今月のエッセイは、子育てをしながら外資系企業で頑張っておられる 江連 奈央 (えづれ なお) さん にお願いしました。  以前、『江戸切子の店 華硝』さんをご紹介しましたら大変にお気に召して時々同社日本橋店を訪問しておられるようです。文末の画像として「ティラミス」入りの江戸切子の容器画像がそれを如実に物語っています。
         ・・・・・・・・  ・・・・・・・・  ・・・・・・・ 
プルデンシャル生命保険株式会社 シニア・ライフプランナー(課長代理)
江連 奈央

「お酒は何を飲むの?」という質問をされるとき、必ず「日本酒が好き」と答えると、ほとんどの方が、「お酒強いんだね」と言われます。実際のところ、私は、両親ゆずりであまりお酒が強くなく、すこし飲むだけで顔が赤くなり、お酒の種類によっては最初の一杯だけでそれ以降は体が受けつけなくなってしまうときがあります。

 でも、そんなお酒の弱い私でも、なぜか日本酒だけはずっと好きで、宴の席で最初の乾杯の一杯でビールが飲めない私だけは日本酒で乾杯、ということも多々あります。
「なぜ日本酒が好きか?」 と、いざ自分に問いかけてみると、そこにはたくさんの私なりの理由があることがわかりました。

−生まれて初めて口にしたお酒が、日本酒だった

−日本酒は、日本の伝統文化である

−和食だけでなく、さまざまな料理との相性が良い

−日本酒をいただく際の酒器が多種多様でとても美しい

−いろいろな温度で楽しめるお酒

−ひとつの蔵でも、色々な蔵でも、種類を飲み比べできる

 それぞれのエピソードを語りだすとキリがないのですが、20代のとき私の中で大発見だったことは、『日本酒とティラミスが合う!』 ことでした。意外かと思われるかもしれませんが、日本酒というお酒はもしかしたらこのような 意外性を主張しても良いお酒 かもしれません。もちろん好みもあるので一概には言えないとは思いますが、日本酒は私たち日本人の文化に深く根付いた「國酒」であり、だからこそ現代の人々にとってもずっと伝統として在り続けるためには、いろいろな角度から楽しむことのできるお酒、という点が認知されること も大切なのかなと感じています。

 上記に挙げただけでも「文化」「料理」「酒器」「種類」などたくさんの面があることがわかりますし、みなさん各々の「日本酒を楽しむポイント」があると思いますので、より多くの人々にとってさらに日本酒文化が根づくことを心から願っております!!


 江戸切子とティラミス
      ・・・・・・・・・  ・・・・・・・   ・・・・・・・・

《 江連さんとは、このような経歴の方です。 》
● 1980年11月 : 愛知県名古屋市生まれ
● 2003年: 東京女子大学文理学部 卒業
● 2005年: 津田塾大学大学院文学研究科修士課程 卒業
● 2006年: 英国バース大学大学院 卒業
● 2008年〜 フォルクスワーゲングループ・ジャパンにおいてマーケティング
       ・コミュニケーションを担当
● 2013年〜 現職 
* 2017年度 MDRT成績資格会員
         トータルライフコンサルタント(生命保険協会認定FP)
          相続・事業承継 社内資格認定者
    
・・・・・ ・・・・・

【事務局からの重要なお知らせです】
ご愛読頂いておりますブログサイトが、12月以降移転いたしますので、以下に変更登録をお願い申し上げます。
新しいアドレスは
    http://ricepower00.blog.fc2.com/

“連載 「アクティブ・レディースの 『日本酒随想』 」 (第2回)です!” の続きを読む

アクティブ・レディースによる 『日本酒随想』 の連載が始まります!

 SRN には長年に渡って培ってきた大事な人的資産があります。 その一つが、「アクティブ・レディース」、分野こそ違いますが厳しい社会の中で懸命に努力しつつ活躍され、しかも日本酒に心を寄せておられる頼もしい女性の方々です。 
そのレディースの方々に月1回のペースで 『日本酒をめぐるエッセイ』 の執筆をお願いすることにしました

トップバッターとして、葉石かおりさんとともに、ユニークな日本酒本の執筆・編集をしておられる小宮千寿子さん が登場されます。

 企画・編集オフィス「スプラウトK」 小宮千寿子

秋も深まり、熱燗の季節となりました。
最近はまっているのが、「蒸し燗」です。蒸し燗 は、『白隠正宗』(高嶋酒造)の蔵元杜氏、高嶋一孝さんが推奨されている飲み方。昨年編集を手がけた『日本酒マニアックBOOK』(シンコーミュージック・エンタテイメント刊)で取材にうかがったときに、その魅力を教えていただいたのがはまるきっかけとなりました。

熱燗は、日本酒を徳利に入れて湯煎で温めますが、蒸し燗 は、蒸し器を火にかけ、水蒸気が充満したところへ徳利を入れて温めます。熱燗は、それだけで飲めば充分おいしいのですが、同じ温度になるまで温めた蒸し燗と飲み比べてみると、味の違いは一目瞭然! 私も取材時に飲ませていただき驚きました。蒸し燗 は、熱燗よりもカドがとれてまろやかな口当たりになる一方、芳しい香りや酸味が残り、グンとおいしく感じたのです。

それを私の周りのポン酒女子友たちに話したら、「飲みくらべてみたい!」ということで、「蒸し燗の会」を開くことに。各自、蒸し燗 にしてみたい日本酒とつまみを持ち寄り、熱燗と蒸し燗を約50℃に温めて味を比較しました。
 その結果、やはりいずれも蒸し燗のほうが、熱燗に比べてまろやかで喉越しがよく飲みやすくなる、ということがわかりました。ただし、無濾過生原酒のフルーティタイプではその味の違いはごくわずかで、そもそも燗をする意味はないのでは? ということに。違いが大きかったのは、本醸造タイプ。熱燗より蒸し燗のほうが断然おいしいというのが全員の一致した意見でした。

蒸し燗
は、蒸し器があれば簡単にできます。ぜひ試してみてください。日本酒の楽しみ方の幅が広がります。
そして、蒸し燗に味を占めた私たちは、近々第2弾の「蒸し燗の会」を開催する予定です!

「葉石かおり」さんとは、このような方です!

 先のブログでご報告しました『日本酒本』の出版記念イベントの主役は、お分かりのように葉石かおりさんでしたが、この方についての質問が複数寄せられましたので、活動のスナップ写真を含め改めてご紹介いたしましょう。

★ 葉石かおりさん の正式の肩書は、
一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション 理事長
ですが、肩書とは裏腹に写真でお分かりのようにまだお若くて明るく優しい方です。
この組織の活動について、理事長さんに語って頂きました。

  「 『一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション』 は、日本酒の基礎知識、そして日本酒と料理のペアリングを学び、日本酒の魅力を「伝えられる人」を育成します。

東京では年に二度、『サケ・エキスパート資格取得セミナー』」 を開催し、試験に合格した方に『サケ・エキスパート』 の資格を授与しております。

当会の試験はすべて筆記。丸暗記ではなく、正しく理解することで並行複発酵や麹や酵母の働き、乳酸菌の役割などを書くことができるからです。

そして私たちの 教え方にも特徴 があります。
日本酒の工程の一つ一つにどういう意味合いがあるのか、そしてそれはどう味に影響するかを丁寧に学んでいただきます。また一番の特徴となる「ペアリング」についても、「感覚で合う」に留まらず、科学的な根拠を持って、食材とお酒が合う理由をロジカルにお伝えしています。

もう一つの特徴は、理事のほとんどが蔵元であること。
私たちの 『サケ・エキスパート』 という資格は、単なる資格ビジネスではありません。
正しい知識を持った方々を育成し、それを発信いただくことで、日本酒の売り上げが上がり、業界発展へとつながるからです。それが目的である証拠に、『年会費は永年無料』 です。
蔵元はその主旨に賛同してくださり、理事になっていただいております。

昨年よりバンコク、ミラノでの「サケ・エキスパート」資格取得セミナーも実施。
今年はバンコク、来年はミラノ、ローマと海外での展開もしてまいります。

また一般の方々にも門戸を広げるため、昨年より蔵元講師による 『サマー・アカデミー』 も実施。今年も8月30日(水曜日) に行いますので、お気軽にご参加ください。」

【葉石かおりさんの略歴】
酒ジャーナリスト、一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション理事長
* TBSラジオレポーター、女性週刊誌の記者を経て現職に至る。
* 全国の日本酒、本格焼酎、泡盛の蔵を巡り、各メディアにコメント、コラムを寄せる。
* 「ペアリング」をテーマに酒と料理の相性をロジカルに伝える。
* 国内外でサケ・アカデミーを開講し、「サケ・エキスパート」の育成を行う。
* 近著に「日本酒マニアックBOOK」、「日本酒のペアリングがよくわかる本」など多数。

(facebookのリンク先)
https://www.facebook.com/%E4%B8%80%E8%88%AC%E7%A4%BE%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%82%BD%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-1624544821131497/

    

   

  

葉石さん には今後一層ご活躍されますようお祈りするとともに、わがSRNの活動にもご協力下さるようお願いしておきましょう。

「華硝」さんの 「日本橋店1周年記念」 特別展示に行ってきました!!

6月13日は、「江戸切子の店 華硝」 さんが日本橋にショップを開店して1周年、これを記念して特別展示が行われていますので訪問してきました (25日・日曜日まで)

出迎えて頂いたのは、お馴染みの熊倉千砂都さんとお母様。 お母様は、いつもは亀戸本店を担当しておられるのですが、この1週間は、本店を閉めてこちらに詰められるとのこと。

「1周年記念」特別展示メインテーマは 「合わせ」。 展示の中心は、会長さん(二代目)の古希を記念した限定作品で、米と麻という日本の自然の恵みを表現した見事なグラスです(写真)。


 
開店初日、早くも「売約済み」となったのが、この「合わせシャンパングラス」(税込・86,400円)

「合わせ」 には他分野とのコラボレーションも含まれていまして、その一つがこの扇子。

伊場仙 (扇子、うちわ。浮世絵の版元)、 戸田屋商店 (手ぬぐい、ゆかた) という日本橋の老舗2社の協力を得て出来上がったのが、この作品です。 (6月下旬発売の予定)

もう一つ、大変興味深いコラボ作品がありました。化粧品会社( SC Cosmetics社)のスチームクリーム* の金属容器に切子デザインをしたものです。 初めて見ました。 「小さな蕾から花が咲いていく様子」 をデザインしたとのことです。
*植物素材を用いた全身用保湿クリーム

 「合わせ」 の極めつけが、会長さんが考案され華硝さんの紋様を代表する 「糸つなぎ」「麻の葉つなぎ」を組み合わせた作品。 (大皿の価格は、税込189,000円)

 昨年来、華硝さんへの注目度は急上昇しており、すでに新聞、TVの取材が行われていますが、近く下記のTV番組でも紹介されますのでご覧下さい。  
18日(日) 夜10:30から BSジャパン「未来EYES」

また、夏場になりましたらSRN会員の「スパークリング日本酒」とのコラボもして頂けるとのこと、楽しみにしております。

多彩な内容でカラフルな日本酒本を頂戴しました!

 SRNの女性ネットワーク 「アクティブレディース」のお一人、編集者・小宮千寿子さん. が編集・執筆され、酒ジャーナリスト・葉石かおりさん. が監修・執筆された日本酒本を,小宮さんからの依頼で神田の出版社が届けて下さいました。

内容は、若手経営者を中心とする酒蔵の人に焦点を当てながら、食と日本酒、ユニークなラベル、日本酒キャラクターの開発、あるいは神秘の「6号酵母」との取り組み、などきわめてバラエティーに富んでいます。 またカラフルなグラビアページが満載で、既存のマニアックな日本酒本ではありません。 目次を見てみましょう。

全国の多数の酒蔵の人物・商品・ラベルなどが取り上げられているので確認してみましたら、SRNの会員蔵は、6社(3名)でした。
まずは、人物から・・・・。

【 魅せる酒漢 】
*若手経営者の13名のクローズアップ紹介です。 その中のお一人が、 ?本田商店 (兵庫県)専務・本田龍祐さん。着物姿で日本酒を飲む姿が様になっていますね。

 

【 1本勝負酒 】
酒井酒造? (山口県) ・ 仲間史彦杜氏『五橋 純米生原酒』(黒麹仕込み) を紹介。仲間さんは、この酒を 「アブノーマルな酒」 と表現しておられます。 さて、どんなお酒でしょうか。

?神戸酒心館 (兵庫県)・松下絢香さんが、『生酛純米酒 壱』 を紹介。 松下さんは、このお酒を「最上の食中酒」 と表現しておられます。 一度味わってみたいですね。

【 思わずジャケ買いしたくなる32選 】
( ユニーク )
* 橘倉酒造? (長野県) 『 王子の狐の隠し酒 』

* 酒井酒造? (山口県) 『 結婚の格言 』

( ナイスネーム )
?一ノ蔵 (宮城県) 『 Madena 』

【 日本酒キャラクター全国マップ 】
* 奥の松酒造? (福島県) 『 奥の松 爽和(そわ) 』 (純米大吟醸スパークリング)

 葉石かおりさんは、序文の締めくくりとして次のように述べておられます。
 「読むほどに深く、そして日本酒が恋しくてたまらなくなる。そんなディープな日本酒ワールドへの 『マニアックな扉』 はすぐ目の前、扉を開ける鍵は、この本のどこかに隠されている。」

≪この本について≫
◆ 発行元: ?シンコーミュージック・エンタテイメント
         東京都千代田区神田小川町2-1  03-3295-4191(営業部)
◆ 定価: (本体1,500円+税)
.

日本人調香師・大沢さとりさんが、香水の本場・欧米で活躍しておられます !!

香水と日本酒は、業界が異なりますので直接的な接点はないのですが、今回ご紹介する大沢さとり さんとのご縁は、昨年、北区王子で開催しました事業活動 「スパークリング清酒の香味表現に関する検討会」 に香りの専門家としてご協力頂いたのがはじまりです。

日本酒とはご縁の薄い大沢さんでしたが、この勉強会において、大沢さんから新しい表現やイメージなどこれまでとは異なる表現の提案を頂きました。

日本を拠点に活動する調香師(パフューマー)として頑張っておられるその大沢さとり さん(=写真)から素晴らしいニュースが送られてきました。

まず、グローバルな香水データサイト 「フレグランチカ(FRAGRANTICA)」 に、業界ジャーナリスト マーレン・エリオット・ハリソン博士による大沢さとりさんとのロングインタビューが掲載されました。

http://www.fragrantica.com/news/The-World-of-a-Japanese-Perfumer-Part-1-an-Interview-with-Satori-Osawa-8146.html

 ハリソンさんは、 「21世紀になってもまだ日本には独立した調香師が稀です」 と指摘していますが、日本ではまだそれほど、欧米のような香水文化が一般化していませんよね。 そうした環境に中にあって大沢さとりさんのような香水ビジネスの活動は、「大健闘」なのではないでしょうか。

また彼は、大沢さんが、「香水を通じて茶の湯、活け花、香道といった伝統的な日本文化の精神を伝えようとしている」と高く評価しています。

 インタビュー記事の序文に記されている大沢さんについての紹介文を引用しておきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・ * ・・・・・・・・・・・・・・・・・ *

Satori Osawa, born in Tokyo, studied Fragrance Design and Perfumery under Mr. Kenji Maruyama, while managing her own herb and aromatherapy shop since 1988.

After opening her salon “Parfum Satori” in Tokyo in 2000, she currently creates Haute Couture Perfumes, holds seminars and classes, and actively organizes events and joint exhibitions with glass artists and jewelers.”  Parfum-Satori.com

 もう一つのグッド・ニュースは、オランダ・アムステルダムのショップで、下記の製品を含めて「パルファンサトリ」の壷香水とオードパルファン4種類が販売開始になったそうです。素晴らしいですね!

≪Iris Homme≫

   € 169,00

≪Sakura≫

  € 169,00

≪Chatsubo≫

  € 895,00

 国際化が進行しつつある和文化の代表の一つ日本酒も、現状に甘えることなく伝統工芸などとのコラボなどを積極的に実施して和の精神をより鮮明に感じてもらえるアルコール飲料にすべく一段の努力が必要なのかもしれません。

大沢さとりさん! 益々のご活躍をお祈りいたしますとともに、国際化成功へ向けての日本酒へのアドバイスも何卒よろしくお願いいたします。

日本の酒情報館 「SAKE PLAZA」 が開設しました!

日本酒業界の全国団体「日本酒造組合中央会」が運営するPR施設「SAKE PLAZAが、先週、事務所のある 日本酒造虎ノ門ビル の1階にオープンしましたので行ってきました。


 同中央会は、本年7月、再開発のため、新橋から虎ノ門交差点に通じる「外堀通り」に面した新築のビルに移転しました。 このビル内の案内板に従って中へ入ります。

部屋では壁面のボックス内に各地のお酒を展示・即売していまして、賀茂泉酒造(広島県) 米米酒左端の青ラベル、そして富久錦(兵庫県)の大吟醸 神代の舞 がありました。

 

そして、サービスカウンターが・・・・。 画面からお分かりのように、これまでになかったテーブル(4台)とイス(12脚)が用意されています。 これは入場者が注文すればお酒の試飲ができるようにしているからです。

お酒は、概ね月替わりで日本酒Aセット(30ml X 3種)Bセット(同・大吟醸)があり値段はそれぞれ200円500円いずれも税込み)それにリキュールセット(3種)が同様に300円で飲めます。

裏通りに入り口がありました。 植木もあって随分ゆったりとしたスペースです。

帰りに此の裏通りからもう一本裏の通りにまだ残っている移転前の「日本酒造会館」に立ち寄ってみました。 今となっては懐かしい歴史のある8階建ての堂々たる建物です。

日本の酒 情報館 「SAKE PLAZA」
開館時間:10:00〜18:00
休館日:土・日・祝日・年末年始
〒105-0003東京都港区西新橋1-61-15 日本酒造虎ノ門ビル1F
TEL:03-3519-2091
FAX:03-3519-2094

“日本の酒情報館 「SAKE PLAZA」 が開設しました!” の続きを読む

「江戸切子酒倶楽部」 で 桜顔酒造 『銀河鉄道の夜』 が取り上げられました

既報のように「江戸切子の店 華硝」の取締役・熊倉千砂都 さんが今月から日本酒応援サイト 「江戸切子酒倶楽部」を開設して下さり、トップバッターとして神戸酒心館「純米吟醸 福寿」を取り上げて頂きました。

続いて切子とコラボして頂きましたのが、桜顔酒造(岩手県盛岡市)「純米吟醸 銀河鉄道の夜」 です。 下記をクリックして下さい。

http://www.edokiriko.co.jp/project/sakeclub/679/

魅力的な筆致でこの銘酒の特徴を見事に表現しておられます。 それにしましても「切子と日本酒」という代表的な和文化の取り合わせは興味深いですね。 今後が楽しみです。

(次回は、奈良の『春鹿』こと 今西清兵衛商店の『春鹿 純米吟醸 封印酒』 です。)

再々掲載 ・・・・・ 故 高倉 健さんと橘倉酒造の間の感動的秘話

2012年6月12日付のこのブログサイトで、故高倉健さんと橘倉酒造(長野県佐久市)との間の感動的な秘話をご紹介しましたが、その後もこの記事に対するアクセスがコンスタントにありましたので一昨年再掲載を致しました。

ところが、その後もこの記事に対して毎月100件前後のアクセスが続いております。 そこでまだお読みになっておられない方々のために、故健さんの感動的な名文を再々掲載することに致しました。
 
先日、ある大手銀行OBの方にこの一文のコピーを差し上げましたところ、「高倉健のメッセージ、電車の中で読ませていただきましたが、涙が止まりませんでした」というメールが届きました。
亡き母を恋い慕う気持ちが溢れ読む人の心をとらえて離さない健さんの「母心」をご一読下さい。

 ≪ 出典: 日本経済新聞電子版より転載  高倉健のダイレクトメッセージ 「母心」 ≫

  

「江戸切子の店 ?華硝」 さんから嬉しいニュースが届きました!!

「江戸切子の店 ?華硝」の若き経営者 熊倉千砂都 さんから、 「 弊社のサイトがリニューアルしまして 「江戸切子酒倶楽部」 をはじめました 」 という嬉しいニュースが届きました。

  
 ?華硝 の入口

千砂都 さんは、日本酒とぐいのみをテーマに記事を担当されるとのことで、早速「神戸酒心館」の『純米吟醸 福寿』を取り上げていただきました。有難うございます。

下のサイトをご覧ください。
http://www.edokiriko.co.jp/project/sakeclub/525/

また、「江戸切子の店 ?華硝」は、「洞爺湖サミット・国賓へのお土産」に選ばれたため知名度が上がり注文・来店客が急増、まだ商品の品薄状態が続いているとのことです。
 同社は、業績好調を背景に日本橋に直営店開店の準備を進めておられ、わがSRNもコラボさせていただく予定で近々協議を行います。

【江戸切子の店 ?華硝】
〒136-0071
東京都江東区亀戸3-49-21
?03-3682-2321
FAX 03-3682-2396
www.edokiriko.co.jp
hanashyo@edokiriko.co.jp
江戸切子スクールHanashyo’s
http://www.edokiriko.co.jp/school/