千代寿虎屋(山形県) 大沼保義会長 から「水」についての興味深いお話が届きました!

水に恵まれた寒河江市の伝統ある銘醸蔵『千代寿虎屋』の大沼保義会長(写真)は、日本酒造組合中央会副会長など様々な要職を歴任された業界の著名人ですが、該博な知識をお持ちの教養人でもあります。 その大沼会長から 「水」に関する興味深いエッセイが届きました。


寒河江川の清流

「犬も水で決まる?」
 人間の生活に欠かせない水には、おいしく感じる成分としてミネラルがあり、ミネラルとは硬度の成分でカルシウム、マグネシウム、ナトリウムやカリウムなどを言います。

カルシウムとマグネシウムの多いのが硬度の高い水(硬水)で、少ないのが硬度の低い水(軟水)といわれますが、酒造りでは、一般に硬度が高くミネラルの多い水は酵母菌の発酵が旺盛で辛口の酒になり、ミネラルの少ない軟水は逆に甘口となりがちです。
 
日本の水は殆どが軟水で、吟醸造りに使用している弊社西川工場の地下水は10〜13度と超軟水、一方硬度が高いと云われる灘の宮水でも80〜90度位、硬水の呼び名が高い寒河江の水でも60〜70度位です。

それに比べ欧米の水はミネラルが通常200〜400?/lもあります。 ミネラルが多すぎると硬くてしつこい味がします。硬度が高くて不味いのは特にマグネシウムの多い場合で、硫酸マグネシウムは下剤にも使われますから慣れない日本人はすぐお腹をこわしてしまいます。

ただ、フランスのエビアンとか炭酸水のペリエなどは、硬度が高くてもその成分の殆どがカルシウムなので天然水として珍重され、日本でも結構売れています。

水に関連して秋田犬のブリーダーとして全国に名の知れている知人のAさんから興味深い話を聞きました。「犬を育てるのに水がとても大事です。北欧の犬は水が良いから実に骨格が逞しいが、日本の水ではなかなかああはいかない!」 その話を聞いて「実に面白い。欧州の犬の骨格が際だって逞しいのは、多分硬度の高い、カルシウムの多い水だからじゃないですか」と言ったら、彼は驚いたように合点して大きく頷きました。(でもこの話って本当かしら???)

注: 水に溶けているミネラルの量の尺度として一般にドイツ硬度が使われています。水1?に含まれているカルシウムの量(?)とマグネシウムの量(?)に1.4 をかけ、その総量を硬度といいます。

さて、締めくくりとして、先に満を持して発売しました美味しい山形の水を使用した当社自慢の大吟醸の新製品と季節商品の純米生原酒をご紹介しましょう。

純米大吟醸 虎乃子 雪女神ver.

          720ml 3,888円 (税込)

豊国純米生原酒 千代寿

       720ml 1,512円(税込)

一ノ蔵(宮城県)からお薦めの 「旬の一本」 のニュースが届きました!

 ?一ノ蔵・ 鈴木 整 社長 (=写真) から 届きましたお薦めの 「旬の一本」 は、一ノ蔵の定番中の定番「無鑑査シリーズ」から、「無鑑査本醸造甘口」です。

鈴木社長は、次のような感想を述べておられます。

ロンドンで毎年開催されるワインの世界的コンクール「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」の日本酒部門の成績が先頃発表され、 「無鑑査甘口」が 「ゴールドメダル」を受賞。さらには、本醸造カテゴリーの最高賞である「本醸造トロフィー」 の栄誉に輝きました。 同時に、7月に発表される日本酒部門の最高賞「チャンピオン・サケ」ならびに品質・価格ともに優れた酒に贈られる「グレート・バリュー・アワード」 にもノミネート。大変嬉しい評価をいただきました。

多くの審査員が日本酒の専門家であると同時にワインの専門的な見地を有する方々が大多数の本コンクール。外国人の審査員も多く参加しています。ワインの評価方法が審査の手法の中で使われ、味や香りの中に素晴らしい特徴を多く有する酒が上位入賞する傾向 と聞きます。無鑑査シリーズの中でも端麗な辛口ではなく、特徴的な甘口が高い評価をいただいたことも、そのことによるのだと思います。

ちなみにこの「無鑑査甘口」、干物を中心に提供なさる某居酒屋様から長くご注文をいただいているのですが、私もその居酒屋で干物との相性に舌鼓を打ちました。外国人の方々がどんなマリアージュを想像なさりながら審査いただいたのか、大変興味が湧くところです。

【一ノ蔵 無鑑査本醸造 甘口】


◆精米歩合:65%
◆アルコール分:15度
◆日本酒度:-5〜-3
◆1.8リットル:1,886円+税
◆720ミリリットル:829円+税

「IWC (インターナショナルワインチャレンジ) 2017」 の審査がロンドンで行われ、メダル受賞酒が発表されました!

部門別の 金賞銀賞 受賞の会員蔵は次のとおりです。

【純米吟醸酒の部】 
<金賞>
花の舞酒造 (静岡県)   『熟成酒 花の舞』
  (未発売)

<銀賞>
神戸酒心館 (兵庫県)  『福寿 純米吟醸』

嘉美心酒造 (岡山県)  『嘉美心 雄町純米吟醸』

【純米大吟醸酒の部】
<金賞>
 今西清兵衛商店 (奈良県)  『春鹿 純米大吟醸原酒』

アルコール 17.0〜17.9
原料米 山田錦
精米歩合 50%
日本酒度 +3〜+4
720ml  3,240円 (税込)

<銀賞>
六歌仙 (山形県)       『手間暇 純米大吟醸』

一本義久保本店 (福井県)   『伝心 ファーストクラス』

花の舞酒造 (静岡県)      『至福の極み 純米大吟醸』

今西清兵衛商店 (奈良県)   『春鹿 純米大吟醸』

【本醸造酒の部】
<金賞>
 一ノ蔵 (宮城県)    『一ノ蔵 無監査本醸造甘口』
 

◆精米歩合:65%
◆アルコール分:15度
◆日本酒度:-5〜-3
◆1.8リットル:1,886円+税
◆720ミリリットル:829円+税

<銀賞>
一本義久保本店 (福井県)  『伝心 土』

【吟醸酒の部】

<銀賞>
六歌仙 (山形県)     『手間暇 大吟醸』

奥の松酒造 (福島県)   『奥の松大吟醸』

【古酒の部】
<金賞>
 一ノ蔵 (宮城県)   『一ノ蔵 Madena 』

◆精米歩合:65%
◆アルコール:18度
◆日本酒度:-55〜-35
◆720ミリリットル:5,000円+税(化粧箱付)

【スパークリングの部】
<銀賞>
 一ノ蔵 (宮城県)   『一ノ蔵 すず音 Wabi 』
               『一ノ蔵 発泡清酒 すず音』

【普通酒の部】
<金賞>
 梅錦山川 (愛媛県)  『梅錦 秀逸』


*容量と価格  720ml 1,338円(+税)
*原料     麹米:山田錦/50%
*掛米:山田錦/50%
*日本酒度   -5.0
*酸度     1.0
*アルコール度 16.3%

また、各部門の金メダル受賞酒の中からもttも優れた銘柄に対して、トロフィー受賞酒が選ばれました。

≪本醸造トロフィー≫
一ノ蔵   『 一ノ蔵 無監査本醸造 甘口 』

≪古酒トロフィー : 宮城・古酒トロフィー≫ *
一ノ蔵   『 一ノ蔵 Madena 』
* 「トロフィー」銘柄 にはわずかに及ばなかったものの、高い評価を得た産地が異なる次席の銘柄に授与されるもの。

平成28酒造年度全国新酒鑑評会の審査結果が発表されました!

日本酒の出来を競う全国新酒鑑評会の結果が発表され、860点の出品の内437点が入賞(成績優秀)。さらにその中で242点が金賞を受賞しました。

金賞 (入賞酒のうち特に成績が優秀と認められた出品酒) を受賞したSRN会員会社は、次の7蔵です。

 酔仙酒造 大船渡蔵 (岩手県)

 一ノ蔵 (宮城県)

 奥の松 (福島県)

 一本義久保本店 (福井県)

 花の舞酒造 (静岡県)

 神戸酒心館 (兵庫県)

 酒井酒造 (山口県)

また、入賞会員蔵は、次の7蔵 です。

桜顔酒造 (岩手県)
  
鈴木酒造店 (秋田県)

六歌仙 (山形県)

千曲錦酒造 (長野県)

増田徳兵衛商店 (京都府)

本田商店 (兵庫県)

梅錦山川 (愛媛県)

蔵元情報 5月(2017)

■■■イベント■■■

一ノ蔵
宮城県酒造組合主催 「宮城の純米酒 七夕の宴」開催のお知らせ 4月17日更新
宮城県酒造組合は、来る6月28日(水)、東京都港区白金台の「八芳園」を会場に立食パーティ「宮城の純米酒 七夕の宴」を開催します。
宮城の蔵元が23社(予定)参加し皆様に日本酒をご提供いたします。お料理はチケット交換のお料理と&ビュッフェのお料理(どちらの料理も会費に含まれます)を準備しております。宮城の日本酒と八芳園さんの美味しい料理を是非お楽しみ下さい。 
タイトル「七夕の宴」にちなみ、小さなものではございますが、会場内に七夕飾りを準備いたします。参加者の皆様が短冊に願い事を書いていただければ、短冊を大切に持ち帰り、仙台のお酒の神様「松尾神社」にて心願成就のお祈りをし、皆様の願いを後押しさせていただきます。
是非、短冊に願いをこめてご記入いただき、飾っていただきたいと思います。
日本酒ファンの男性、女性の方々、是非ご参加をお待ちしております。
● 開催日時:平成29年6月28日(水) 19時〜21時
       受付開始 18:30から
● 開催場所:八芳園(東京都港区白金台)
● 主催者:宮城県酒造組合
● 参加費:お一人様 6,480円(税込)
   ※チケット購入手数料等は別途必要となります。
● 参加資格:満20歳以上の方

富久錦
今年も「酒屋冥利の会」様主催「全国地酒試飲大会」に参加させてもらいます
今年はなななんと Σ(‘◉⌓◉’)「ノエビアスタジアム神戸」 全国から51蔵が参加します!
詳細は下記の通りです
日時:6月18日(日)12:00〜15:00
場所:ノエビアスタジアム神戸
前売りチケット制 1枚 3000円税込
※フードはチケット代金に含まれておりません。
※チケットは無くなり次第 終了となります。

神戸酒心館
稲葉和裕&レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド Vol. 28
「アメリカン・ミュージック・ジャーニー in 酒蔵 Vol. 28」。
今回は、カントリーとジャズが融合したウエスタン・スウィングの名曲を軽やかなリズムに乗せてお楽しみください。 アメリカ西部の香りを初夏のそよ風と共に運びます。
どうぞ、ご期待ください!
【日時】2017年6月25日(日) 開演 15:00(開場14:30)
【料金】前売 3,500円(当日 4,000円)

■出演
稲葉和裕 (ヴォーカル、ギター) 荻野信彦 (ギター) 蔦川元 (フィドル) 天野英慈 (スティール・ギター) 石平祐二 (ベース) 地倶清嗣 (ドラムス)
■演奏予定曲目
サンアントニオ・ローズ、色褪せし恋、ピストル・パッキン・ママ、乙女の祈り ほか
■ご予約・お問い合わせ
神戸酒心館 (078)841-1121
オフィス・ホワイト・オーク (0798)72-0984

神戸国際フルート音楽祭 ‐音楽で楽しむ開港150年‐
1985年から開催されている「神戸国際フルート音楽祭」。
本年は神戸港開港150周年を記念して、コンクールとは別に60を超える様々なコンサートが「神戸」で催されます。
様々な国の文化と芸術が調和する街「神戸」ならではの催しに賛同し、神戸酒心館もこのイベントをサポート。様々なジャンルの音楽を楽しめる6つのコンサートを神戸酒心館で楽しんでいただけます。
詳細のお問い合わせやお申し込みは各々のリンク先から行っていただけます。皆様のご来館をお待ちしております!

賀茂泉酒造
居酒屋大サーカス in 広島 2017
ええじゃんIZAKAYA!! ええじゃんHIROSHIMA!!
■開催日程 : 2017年5月20日(土) 11:00~21:00、21日(日) 11:00~20:00 ※雨天決行
■開催会場 : 広島市旧市民球場跡地にて
全国47都道府県のお酒を取りそろえたイベントが行われます。お酒だけではなく全国の特産品やスイーツも出店され、お酒の飲めない方やお子様も楽しめるイベントとなっております。
http://izako-dc.com/about

■■■試飲会■■■

一ノ蔵
<宮城県内>
(仙 台)5月12日〜5月14日…地酒とWineのお店ケヤキ (JR仙台駅1階)
<宮城県外>
(東 京)5月24日〜5月30日……伊勢丹新宿店地下1階酒売場
未成年者への試飲及び販売、並びにドライバーへのお酒の試飲提供はできません。
試飲会の日程は、都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。

奥の松酒造
そごう横浜店酒売り場にて試飲販売を開催
◇日時・会場  そごう横浜店酒売り場にて試飲販売を実施します。
◇開催期間 / 2017年5月9日(火)〜15日(月)
300周年記念の限定品、吟醸原酒など今オススメの商品やホームページを見たと
言ってくださった方先着でお土産も用意。
お誘い合わせの上、是非いらして下さい!

一本義久保本店
<関西 試飲販売会のご案内> 2017/04/18
5月10日(水)〜5月15日(月) 「?島屋大阪店 日本酒まつり」 7階 催事場
<関東 試飲販売会のご案内> 2017/05/01
5月24日(水)〜5月29日(月) 「横浜タカシマヤ 地酒まつり」 8階 催会場
上記の日程で「一本義」「伝心」の試飲販売会を開催いたします。
新商品や季節限定の商品などを多数揃え、皆様のご来場をお待ちしております。

神戸酒心館
《福寿 5月の試飲宣伝販売・参加イベントのご案内》
関西・関東で行われる福寿の試飲宣伝販売をお知らせいたします。
どうぞこの機会に、福寿の味わいをお楽しみください。
【関西】
・阪急うめだ本店 5月10日(水) 〜5月16日(火)
・西宮阪急 5月31日(水)〜6月 6日(火)
【関東】
・東武百貨店 船橋店 5月26日(金) 〜5月29日(月)

今西清衛兵商店
春 鹿 の 試 飲 会 情 報 更 新
以下の日程で「百貨店試飲販売会」を行います。試飲をして、お好みのお酒をお買い求め頂けます。おお近くにお越しの際は、是非、お立ち寄り下さい。
日時/平成29年 5月17日〜 5月23日 高島屋 日本橋店(東京都)
日時/平成29年 5月23日〜 5月29日 そごう 千葉店(千葉県)
日時/平成29年 5月24日〜 5月30日 西武 高槻店(大阪府)
日時/平成29年 5月25日〜 5月28日 京王百貨店 新宿店(東京都)
日時/平成29年 5月30日〜 6月 5日 そごう 横浜店(神奈川県)

賀茂泉酒造
6月5日〜11日 『そごう広島店 賀茂泉 試飲販売』
賀茂泉の社員が売り場に立って賀茂泉の色々なお酒をご提案します。
お父さんへのプレゼントの好適品もございますので、この期間中に
そごう広島店にご来店ください。

6月7日〜13日 『阪急うめだ本店にて試飲販売』
父の日のプレゼントに最適な賀茂泉の商品を取り揃えて試飲販売を致します。
通常定番でない商品もたくさん品揃えしますので、関西にお住まいの方はこの機会に
是非ご来店ください。この期間中、賀茂泉の社員が売り場に立ちます。
賀茂泉のことや、賀茂泉のお酒のことをご質問ください。

酒井酒造
試飲販売会のお知らせ
2017年5月17日〜5月23日
場所:丸広百貨店川越店(埼玉県川越市新富町2-6-1 TEL.049-224-1111)
2017年5月18日〜24日
場所:東急百貨店たまプラーザ店(横浜市青葉区美しが丘1-7 TEL.045-903-2211)
2017年5月31日〜6月6日
場所:松屋銀座店(東京都中央区銀座3−6−1 TEL.03-3567-1211)

梅錦山川
5月19日(金)〜21日(日)徳島地ビールフェスタ2017 welcome summer
 時間  19日17:00〜21:00 20日 12:00〜21:00 
     21日 10:00〜19:00
 場所  新町川公園イベント広場  前売券 3,000円当日券 350円/枚
5月20日(土)〜21日(日)梅錦試飲販売
 西武百貨店・小田原にて
5月24日(水)〜29日(月) 試飲販売
 高島屋・横浜にて
5月26日(金)〜28日(日)おかやまハワ恋ビアフェスタ2017
 時間  26日17:00〜21:00 27日11:00〜21:00
     28日11:00〜17:00
 場所  下岩井公園  前売券 3,400円(20枚綴り)当日券 3,800円(20枚綴り)
5月28日(日)四国は酒国
 時間  1部12:00〜14:30 2部15:30〜18:00
場所  西梅田スクエアにて  前売券 3,000円 当日券 3,500円

■■■製品情報■■■

酔仙酒造
どぶろく風純米にごり・雪しぐれ(夏)720ml(本数限定)
もろみの質感そのままに瓶詰め加熱殺菌したどぶろく風濁り酒です。つぶつぶした舌触りと発泡性のある爽やかな酒質に仕上げました。陸前高田のお米たかたのゆめ使用
商品名  どぶろく風純米にごり・雪しぐれ(夏)720ml
アルコール度数  13.5度
販売価格  1,500円(税込1,620円)

特別純米生貯蔵酒 300ml
特別純米酒を「生」のまま貯蔵し、瓶詰め時に1度だけ火を入れました。キリッと冷やして爽快な味わいをお楽しみ下さい。
商品名  特別純米生貯蔵酒 300ml
アルコール度数  14.5度
販売価格  400円(税込432円)

一ノ蔵
一ノ蔵 蔵の華 純米大吟醸 ANA国際線ファーストクラス機内で提供中! 4月24日更新
ANA国際線ファーストクラス全路線の2017年3月〜8月の機内提供酒として「一ノ蔵 蔵の華 純米大吟醸」が提供されています。
本品は海外向けの日本酒として2010年に開発、宮城県産の酒造好適米「蔵の華」、宮城県が開発した清酒酵母「ほの馥」を使用したオール宮城の純米大吟醸酒です。
酒造りの技術の粋を集め、きめ細かな管理のもと醸されたお酒は、華やかな香りと雑味の無いピュアな味わいが特長で、世界最大のワインコンペティションIWC(インターナショナルワインチャレンジ)のSAKE部門・純米大吟醸酒の部に出品し2011年・2014年には金賞を受賞、世界でも高く評価されています。ご搭乗の際は、是非お召し上がり下さい。
◆搭載路線 ANAファーストクラス全路線
 ニューヨーク、フランクフルト、ロサンゼルス、シカゴ、ワシントン、サンフランシスコ、ロンドン、フランクフルト、シンガポールの計9路線
◆提供期間 2017年3月〜8月

千代寿虎屋
豊国純米生原酒(季節限定)
夏向けの生原酒 豊国純米生原酒 千代寿 が好評発売中です。
出来たてそのままの生原酒の濃醇さと豊国らしいキレのある味わいです。
日本酒度  +3
使用米  豊国(山形県産米)
精米歩合  60%
アルコール 17,5%
酸 度 1.5
価格 1.8L 2,916円(税込) 720ml 1,512円 

奥の松酒造
吟醸原酒(生貯蔵酒)夏の限定品
季節の限定品/吟醸原酒
ふくよかで爽やかな香りとなめらかなのどごし、バランスのとれた香り。
華やかな吟醸香と辛口ならではのすっきり感は旬を感じさせます。
容量/720ml
日本酒度/+2.0
アルコール度/18
酸度/1.3 (予定)
使用酵母/奥の松酵母
精米歩合/60%  
◇おいしいお召し上がり方
ロック◎
冷や◎
常温〇

一本義久保本店
季節限定 一本義 山田錦 生酒 発売のご案内  2017/04/21
こだわりの高級酒などに使用されることが多く「酒米の王」ともよばれる山田錦。
契約栽培農家の手により、奥越前の肥沃な大地で育てたこの米を使用。
「良質な日常」をテーマに醸す「一本義 山田錦シリーズ」。
初夏から夏にかけて、一切加熱処理をしない「生酒」の季節限定出荷をいたします。
舌を包むような優しい風合い、さらりと流れる清涼感を、ぜひお楽しみくださいませ。
■普通酒(生酒)
■アルコール度数 15〜16%
■原料米 山田錦
■精米歩合 70%
※要冷蔵商品
お酒は通常、貯蔵熟成前に1回、瓶詰め前に1回の合計2回にわたり熱処理を施しますが、生酒はこの熱処理を1度もしないで出荷します。熱処理を施したお酒に比べ熟成(味わいが重くなっていく)スピードがはやいため、冷蔵管理をお願いいたします。
720ml 1,490円  〜価格は希望小売価格(税込)〜

千曲錦酒造
純米吟醸 千曲錦 モンドセレクション2017金賞受賞
9年連続金賞受賞モンドセレクション金賞受賞 純米吟醸 千曲錦
海抜700mの信州佐久高原で、信州が誇る酒造好適米「美山錦」を高精白し、長期低温もろみで醸し出した純米吟醸酒です。火入囲いも低温貯蔵庫でじっくりと熟成させました。
仕込水には、きき水名人の俳人・種田山頭火が「風かほる しなのの国の 水のよろしさ」と詠んだ、浅間山系より湧き出る名水を使用しております。
アルコール : 15.3%
日本酒度 : +2.0〜−3.0
酸度 : 1.2〜1.4
原料 : 米・米麹
麹米 : 美山錦
掛米 : 美山錦
精米歩合 : 55%
酵母 : K-1801
1,800ml  3,240円(税込)
720ml 1,620円 (税込)

花の舞酒造
2017父の日限定商品
2種類のラベルと2種類のお酒が選べます。
※写真は一例です。
■ラベルデザイン
■【固定メッセージ】
  日頃の感謝を込めて
  ありがとう
■【名入れオリジナル】
  世界にひとつだけの
  オリジナルデザイン
  〇〇 の酒  
■お酒の種類
■大吟醸 容量720ml
■純米大吟醸 容量720ml

丹山酒造
お父さんは世界一[ 720ml ] 期間限定(5月〜6月)
芳醇な香りの中にもこくのある味わいが特徴です。
種別  純米大吟醸
原料米
精米歩合50%
日本酒度 +4
アルコール 17〜18%
酸度 1.5
価格 [ 720ml ] 5,400円 (税込)

富久錦
4月21日蔵出し】 夏季限定 純米吟醸生酒 新緑の播磨路 720ml 【要冷蔵】
播州の四季を体現したいと生まれた新シリーズ。初
夏に広がる新緑の風景そのままに透明感のある酸がのびのびと主張する味わいです。
上品な香りとシャープで切れの良い、美しい酸が効いたやや辛口の純米吟醸酒です。
価格 :720ml 1,500円(税込1,620円) 1800ml 3,000円(税込3,240円)

神戸酒心館
【5月】おすすめ限定酒
純米吟醸 生酒「爽生」
ノーベル賞の公式行事でふるまわれた純米吟醸の生酒
ノーベル賞受賞式の晩餐会やナイトキャップパーティーなどで振舞われたのが「福寿 純米吟醸」。
同じお酒でありながら、生酒が醸し出すフレッシュで軽快な味わいは、純米吟醸とは一味違う味わいを楽しめます。純米吟醸と飲みくらべがおすすめです。
720ml 3090円(税込)
90ml  480円(税込)
60ml  340円(税込)

純米原酒 コウノトリLabel 500ml
兵庫県但馬産 コウノトリを育むコシヒカリ100%使用の純米原酒
純米酒らしい落ち着いた酸味と熟成感を伴った甘み、濃厚な旨味が楽しめます。後味の心地良い苦味と辛味がお料理を引き立てます。
500ml 2350円(税込)
90ml  480円(税込)
60ml  340円(税込)

一宮酒造
純米吟醸「理可」 発売開始しました!
昨年発売しました純米吟醸「理可」!!!
今年の28BY新酒が出来ましたので発売開始いたします!!! 完全限定ですのでお早めにどうぞ!
純米吟醸 「理可」 
原材料:米(国産)、米麹(国産米)
アルコール度数:16―17度
精米歩合:60%
日本酒度:+4.5
1800ml価格:3,024円  720ml価格:1,512円
原料米には、栽培が難しい「改良八反流」を100%(精米歩合60%)使用。
タンク1本のみの仕込みですので、無くなり次第終了となります。
すっきり辛口のお酒ですが、あとから優しい甘さも感じられるお酒です。

嘉美心酒造
発泡性清酒 「しゅわしゅわ」

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017金賞受賞
スッキリとした爽やかなドライタイプの発泡性清酒です。
「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016・2017」スパークリングSAKE部門
2年連続金賞受賞酒。
アルコール分/ 5%台
価格 540円(税込)

賀茂泉酒造
5月10日に造賀夏純米(1.8L、720ml)を発売します。
「造賀(ぞうか)」とは、賀茂泉の山田錦の田圃がある地名です。当蔵から北へ6km程、標高350mの高原に広がる圃場は日照、水利、寒暖条件に優れており、品質の高い酒米が栽培されています。また農家と酒蔵、JA、行政とが一体となって「東広島酒米栽培推進協議会」を結成し、より良い酒米作りに努めています。
熱意ある農家に愛情を込めて栽培していただいた山田錦で仕込んだ純米酒です。
今春搾りあがった原酒を瓶火入れで瓶詰をし、冷蔵貯蔵しました。優しいすっきりとした味わいは夏の冷酒にピッタリです。冷やしてお召し上がり下さい。
使用米:広島県東広島市造賀地区産山田錦100%使用
精米歩合:65%
日本酒度:-0.7
酸度;1.5
使用酵母:KA-1
アルコール度数:14度

6月6日に純米吟醸生原酒 RockHopper 720mlを発売します。
春先に出来上がったお酒を搾ってそのまま瓶詰めし、そのお酒を4ヵ月以上冷蔵保存した「純米吟醸・無濾過生原酒」です。初夏を迎える頃から荒々しかったお酒が、柔らかいまろみを帯びて参りました。
厳選された地元の酒米で醸す広島地酒。リンゴの様な香りとほのかな甘みのあるフレッシュな味わいです。暖かくなってきたこの時期からはロックや、お水や炭酸水を入れて爽やかに飲むのもお勧めです。
アルコール度数:17度
日本酒度:-3.7度
酸度:1.8前後
酵母:もみじ
精米歩合:58%
原料米:広島八反・中生新千本

梅錦山川
吟醸酒 おやじの酒 720ml(クリアケース入り)
6月18日(日曜日)は、父の日です。
辛さをベースとした中に喉越しにグッとくるキレ味は、くどくない食中酒として最適です。
5月10日 出荷開始!さらりとしたキレの良い辛口の吟醸酒です。
お酒が好きなお父さんに贈ってみてはどうでしょうか?
販売期間は6月末までです。
種類:純米吟醸酒
原料米: 麹米:山田錦 掛米:他好適米
精米歩合:麹米:60% 掛米:60%
アルコール度:15.8%
日本酒度:+4.0
酸度:1.2
1,060円(税込1,144円)
*おやじの酒 300ml ミニ菰樽(クリアケース入り)1,710円(税込1,846円)

橘倉酒造 (長野県佐久市)が、浦和伊勢丹でスイ―ツの展示即売会をしていました !!

創業約300年という長い歴史のあるこの酒蔵は、革新的な蔵でもありまして、日本酒を活用したスイ―ツの開発とも熱心に取り組んでおられます。

 その橘倉酒造が、浦和の伊勢丹でお酒抜きのスイ―ツだけの店頭販売を行っているとの話を耳にしましたので行ってきました。伊勢丹は、駅前です。

地下1階の食品売場に顔馴染みの首都圏営業・町田進さん (=写真) がおられましたので色々とお話を伺いました。

 

スイーツは、
● 甘酒 (サッカー日本代表・キャプテンの長谷部 誠さんがサプリメント代わりに愛飲とのこと)
● 甘酒のコンフィチュール(ジャム)
● 日本酒の生チョコレート
● マカロン (純米吟醸酒をクリームに練りこみ、フレーバーに酒粕を使用)

   
1袋(450g): 681円          コンフィチュール1瓶:1,080円


1個: 216円

 「橘倉スイーツ」の代表格は、やはりマカロンですね。 『日経プラス1 何でもランキング』の日本酒スイーツ特集で第3位に選ばれ、大きな反響があったとのこと。 先週、一度に100個以上購入されたお客さんがおられたそうですが、やはり外部機関による商品評価は信頼感を高める上で欠かせないですね。

それにしましてもこの「マカロン」というのは不思議なスイーツです。 以前、日本橋三越でフランス産のマカロンの値段を見て驚いたことがあります(確か1個4〜500円程度)。

マカロンの発祥の地は、中世の面影を色濃く残すフランスの世界遺産「サンテミリオン」、17世紀初め頃から修道院で作られていたと聞いたことがあります。ここでは今でも当時の修道女が残したレシピが使われているとのこと。 また、以前、パティシエから聞いたのですが、高価格の原因は、殻部分の原料がアーモンドの粉であることと、その焼き方が難しいことにあるようです。

 店頭での関心は、やはり馴染みのある「甘酒」、 先週末はよく売れたそうです。

お隣のブースでは、三重県津市の農園(?いのさん農園)がブルーベリーといちごの商品を販売していましたので、社長の岡田孝幸さんと立ち話をしていましたら、なんとこの方は、伊賀忍者の末裔だそうで話がはずみました。
なお、ブルーベリーはやはり品種によって甘味に相当の差があるので、この農園では23種類の品種を栽培しているとのことです。

いずれにせよ酒蔵が酒売り場でない場所でスイーツを販売している風景は珍しいですよね。 
町田さんのお話では、こうして日本酒スイーツの販売が可能になった陰には伊勢丹の担当者の方の後押しがあったとのことですが、それもやはり『日経プラス1』の記事に加えて担当の町田さんとの信頼関係によるもののようです。 以前、橘倉酒造とは取引のなかったこの店舗が重い扉を開いたのもこの方の真摯なアプローチがあったからなのです。

「 2017 長野の酒メッセ 」 に行ってきました!

「2017 長野の酒メッセ」 が、4月の大阪開催に続いて 10日(水)、東京のグランドプリンスホテル高輪(地下1階ホール)において開催されましたので参加してきました。

会場入り口で、武重本家酒造・武重有正社長(SRN 副代表幹事)が招待者の受付をして居られましたのでしばし歓談。 県組合の副会長さんとしては細部に気配りをしなければならず大変のようでした。

時間はまだ17時なのに広い会場はすでに満員です。

まずは顔馴染みの方がおられる会員蔵を探して人をかき分けかき分け・・・1社だけありました。 橘倉酒造 !
取締役の井出 平さん(左) と 東京支店長の井出 太さんです。

井出太さんとの立ち話の中で面白いニュースを耳にしました。
なんでも 「今月16日まで浦和・伊勢丹において マカロン、生チョコ、あま酒 をセット販売しています」 とのこと。 お出かけになってみて下さい。
酒蔵がお酒抜きでスイ―ツのみを販売するなんて珍しいことですからね。

その他の2社のスタッフは、お客さんとの対応に追われておられたので写真だけのご紹介です。

牧水 こと 武重本家酒造

続いて、千曲錦酒造

このイベントへの参加蔵は61社もありましたから、会員3社のお酒のほかに何か面白いお酒を開発している蔵はないか、と歩き回りましたが、ありませんでした。 せいぜい、
* ヨーグルト酒、りんご酒、ブルーベリー酒などもすべて日本酒に漬け込んだり添加したりの加工度の低いもの
* どぶろくもアルコール度数11度以上の在来型 
といった程度でした。

と言うことで、他の日本酒イベントと同様、この夜も高級酒目当ての人たち向けの催しのようでしたが、首都圏に長野県人が多いからなのか、あるいは長野県のお酒に人気があるからなのか、よく分かりませんがとにかく来場者の多さには驚きましたよ!

一ノ蔵(宮城県)から 「旬の一本」 のニュースが届きました!

 ?一ノ蔵・製造部顧問 熊谷伸二 さん (=写真) から 届きましたお薦めの 「旬の一本」、『 ササニシキ純米大吟醸 』 、宮城のお土産品やご贈答にふさわしい逸品です。

    
熊谷さんは、造りの専門家の立場からこのお酒について次のように解説しておられます。
 
純米大吟醸酒や大吟醸酒は、山田錦などの「お酒造り専用のお米」で造られていると思われがちですが、一般の食べるお米でも、杜氏の創意工夫・努力で遜色の無いおいしいお酒を造ることができます。
 お酒造専用品種(酒造好適米と呼ばれます)も元々は一般の食べるお米として日本各地で栽培されていたもので、その中からお酒造りがやり易い品種として酒蔵が重宝し、育成してきたものです。昔からの品種又はその改良品種であるために、現在のおコメの食味傾向(粘り気が有ること)からは外れているものも多く、「食べておいしいお米ではよい酒はできない(極論ですが、「食べてまずいお米でないとよい酒にならない」)」と思われている向きもあります。

 一ノ蔵では、杜氏の経験から酒造りに向いているお米として、一般の食べるお米「宮城のササニシキ・トヨニシキ」 を酒造りに多く使用しています。トヨニシキは古い品種で、東北では昭和の時代に山田錦が入手できない蔵元では大吟醸酒用の品種として重宝された一般米です。
  一ノ蔵 ササニシキ純米大吟醸 は、「宮城の美味しいお米から美味しいお酒を」との宮城県生まれの杜氏のこだわりから生まれた逸品」 です。ササニシキで醸したお酒の特徴である、きれいですっきりとした味わいを活かし、新酒のうちから「新鮮さとコメの旨味」を味わえる純米大吟醸に仕上がっています。

『 ササニシキ 純米大吟醸 』 の仕様 ≫ 
原料米:  ササニシキ100%(宮城県産)
精米歩合: 40%
日本酒度: −3〜−1
アルコール分: 15%
 価 格:  720ミリリットル: 2,160円(税込み)

お知らせ ・・・ SRNの事務局が 「 一ノ蔵 」 へ移転しました!



突然のお知らせですが、5月から SRNの事務局が ?一ノ蔵 へ移転 致しました。
 移転先、住所等は下記のようになります。

(住所)  〒987-1393
       宮城県大崎市松山千石字大欅14
       ?一ノ蔵 管理課内
(?)   0229-55-2115
(Fax)  0229-55-4513
(メールアドレス)  srn.jimukyoku@gmail.com 

このブログサイトは、変わらず継続いたしますのでこれまで同様ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

また、首都圏の方々、従来の電話も当分の間使用可能ですのでご連絡下さい。

「日本のお酒から発想する江戸切子の器展」の継続 、春にふさわしい銘柄のお酒 は・・・・・!

季節に合わせて行われています 「日本のお酒から発想する江戸切子の器展」、今月30日から始まりました(5月末まで)。
いつも休日の担当で頑張っておられるスタッフの飯吉 縁(いいよし ゆかり)さんにご説明頂きました。

選ばれたのは、春にふさわしい銘柄・社名として2点。
● 橘倉酒造  (長野県佐久市)  『純米吟醸 うらら』 (写真右)
の舞酒造   (静岡県浜北市) 『の舞 生原酒』   (写真左)

製作者がお酒の味・香りを確認した上でそれをイメージして切子が制作されています。
『純米吟醸 うらら』 と ぐい呑み


(ぐい呑み価格: 税込2万7,000円)
2脚制作したのですが、店頭に並べたところ間もなく1脚売れてしまったそうです。

の舞 生原酒』 と ぐい呑み


(ぐい呑み価格: 税込1万2,960円)

「このシリーズを含めて『日本酒と江戸切子のコラボ』は、今後も継続していきましょう」 とは、取締役・熊倉千砂都さんのお言葉、有難いことです

『江戸切子の店 華硝日本橋店』 では、独自のテーマによる展示会も行われています。 
今回のテーマは、「新作 合わせデザイン」。 同社の代表的なデザイン 『米つなぎ』 と 『麻の葉』 を組み合わせたもので、米と麻という日本の自然の恵みを表現したものだそうです。

いずれも同社の会長さんで名人と謳われる熊倉隆一さん (写真下) の手になるものだそうですが、見事な作品ですね! (価格: ワイングラス・・・1脚10万円、 飾り皿・・・1枚18万円)

日本酒とのコラボを含む今後の展示予定 について、熊倉千砂都さん にお伺いしました。

(6月17日〜18日)  「日本橋店」開店1周年記念 特別展示
(7月)        「発泡日本酒」キャンペーン
なお、展示ではありませんが、8月頃、『花の舞酒造』 会員の販促キャンペーン に協力されるそうです。