SRN会報 第52号 を発刊 しました。

● トップ記事は、「第17回 定時会員総会」

SRNも発足以来早くも17年が経過しました。
10月2日に行われた会員総会において、櫻井武寛代表幹事 (?一ノ蔵会長) は、大要次のような挨拶をされました。

故・鈴木和朗さん(一ノ蔵)と徳山さん(勇心酒造社長)の出会いから始まり、稲岡さん(富久錦相談役)、故・藤井さん(嘉美心酒造) の協力が加わってSRNの前身コンポバムバムがスタートした。

◎ その精神を受け継いで発足したSRNもすでに17年を経過した。その間、勇心酒造 は素晴らしい技術開発力によりお酒以外の分野を開拓され成功を収めている。

◎ こうした歴史的経緯を含め、SRNの今後の進むべき方向について常任幹事会で議論をした。差し当たり2年後に大きな変化に直面するが、全会員が未来志向をもってその後の方向性を考えていきたい。

● 総会当日の講演会
食のブランド化とマーケット創造」
(講師)  ?草場企画 代表取締役 草場佳朗 氏

ブランディング(ブランド構築)の重要性について、フランスワインの戦略から考察していただきました。

● 「FMサルース」への蔵元出演続く
東急電鉄経営のFM放送 「FMサル―ス」 へのSRN会員会社経営者の出演もまだ月1回、あるいは2カ月に1回のペースで継続しています。

(7月) 嘉美心酒造 ? (岡山県) 社長 藤井進彦さん

(10月)  勇心酒造 ? (香川県) 研究開発部長  徳山敬明さん

● 「メッセージ from アクティブ・レディース」 (連載)
お元気な レディーお二方に ?日本酒メーカーへの注文  ?SRNへの期待
?私の仕事
について語っていただきました。 

「飯田橋 千福」 女将  木村千恵 さん

?CREATIVE LIGHT  代表取締役  佐藤美央 さん

● 会員ニュース

今号においても新製品、鑑評会での受賞など多様なニュースが寄せられましたが、中でも橘倉酒造 (長野県)  からの 「新人紹介」 が注目されました。

*製造部 田中洸気 (たなかこうき) さん (20歳)
*東京農大短期大学部醸造学科卒
*趣味: 植物の栽培

<会報の詳細につきましては、ホームページからご覧ください。

「一ノ蔵を楽しむ会」 (略称 「一楽会」 ) に行ってきました!

11月18日(水)、19日(木)の両日、「椿山荘」(東京・文京区) において
第37回  東京一ノ蔵を楽しむ会 」 が開催されました。
参加者数は、2日間で約1600名とのことです。

1年ぶりにまた「椿山荘」へやって来ました。

会場の大ホール入り口には、早くも1時間前から行列する人々・・・・お気に入りの場所にグループでテーブルを確保するのでしょう。

受付では、司令塔役のマネージャー・笠原修さんが、にこやかに迎えて下さいました。 毎年のことですが、この方のやさしい笑顔に接するとホッとします。

会場内では、おおむね準備が整ってきています。

見渡すと男性社員の皆さんの多くは、顔なじみの方々ですが、女性につきましては例年とはがらりと異なり面識のない方が殆どでした。 
 
(左から)営業三部・志村直人さん、 (左から)杜氏・門脇豊彦さん
     顧問・熊谷伸二さん         東京営業所長・木村健治さん

 
商品開発室の霜鳥朝子さん      いつもお元気な営業三部榎本一仁さん
室長・坪田康信さん

  
初めてご挨拶した方、一ノ蔵酒販・  かわいらしいこの女性、江口紗季さん
執行役員の玉木一成さん       来春入社内定の方(まだ大学院生です)                
                  なんでも製造部で初めての女性部員となる方
                  だとか。

定刻19時、司会の渡辺正義 さん(一ノ蔵酒販・マネージャー)の開会宣言でいよいよスタートとなりました。 

壇上に役員の方々が勢ぞろい。鈴木整社長から「今年のお楽しみ頂くお酒は、約20種類。その中には大きな賞を頂いたお酒、テスト中のお酒、あるいは新米新酒など色々ありますのでどうか十分にお楽しみ下さい」という趣旨のご挨拶。

そして乾杯!

お酒は、今年も19種類が勢ぞろい。お酒の中には、非売品や限定品、参考出品のタイプもかなりありました。
たとえば、非売品のお酒として、「本醸造しぼりたて生原酒薄にごり

* 限定品の中で注目されたのは、ワインを意識した「Madena」(までな
世界的に知られる「マディラワイン」の特徴である酒精強化と高温熟成を日本酒に応用したものです。 アルコール度数は、18度。淡い甘口のお酒。今は仙台でしか売っていないそうです。

* チケットがないと飲めないお酒は、「すず音」の輸出向けバージョン、
発泡清酒 すず音Wabi 」と「純米大吟醸 松山天」 

この Wabi (わび) は、ロンドンで行われた「IWC 2015」 のスパークリング清酒部門で最高賞を受賞したとのこと。

* 昨年までチケットがないと飲めなかった「すず音」が今年は飲み放題・・・参加者の満足度が一段とアップ。

料理のメニューは、昨年と同じでした(もちろんの中身はちがいますが)。
* 「発酵を味わう一皿
* 「宮城の皿
* 「粕汁
* 「酒饅頭

美味しいお酒と料理を味わいながら知人との交流を楽しんでいるうちにこのイベントも終盤に入り、いよいよ皆さんお待ち兼ねの 「抽選会」 の時間となりました。
特賞:1名・・・最高級大吟醸 『笙鼓』 と 宮城県産米 『ひとめぼれ』 10 kg
など合計26名に賞品が当たります。

一ノ蔵酒販・浅見周平社長の軽妙な司会で抽選会が始まりました。 くじを引くのは、会場から選ばれた女性お二人。

 当選者の名前が呼ばれる度に歓声が上がります。
幸運な方々

 会場内を回りながら感じたことは、まだまだ男性が多いこと、そして若い女性が少ないことでした。

写真のお二人は、常連さんかと思いましたらまだ2回目だそうで、あちこちの試飲会に参加しておられるとことでした。こうした女性の日本酒ファンがもっともっと増えるとよいですね。

 あっという間に2時間が経過、お開きとなりました。 役員総出でお見送りです。

 イベントの終了後、目立ったのは、壇上の酒樽をバックに記念写真を撮影する方々が多数おられたことです。 それにしても一ノ蔵さんは多数の良きファンを持っておられますね!
 

千代田区一番町「サロン・ラ・ムー」 で美しくも神秘的なオーロラの映像をたっぷりと楽しむことができました !!

★ すでに本欄でお馴染みの佐藤芳子さん(=写真下)が主宰しておられる会員制クラブ 「サロン・ラ・ムー」で、オーロラ写真家・中垣哲也さんによるオーロラ映像のプレゼンテーションが行われました。

 

中垣さん(=写真下)は、1961年生まれ。札幌在住。 元々は診療放射線技師をしておられたとのこと(23年間)。 現在は1年の3分の1を 極北での取材活動に力を入れ、国内では全国を回って学校・病院の訪問、プラネタリウム上映、講演会、写真展などを開催しておられます。

 

この夜のパーティーには、SRNから次の美酒とスイーツを協賛しました。
◆ 純米吟醸酒  「松声」     鈴木酒造店 (秋田県) 
◆ 純米吟醸酒  「福寿」     神戸酒心館 (兵庫県)
◆ 発泡性純米酒  「たまゆら」   橘倉酒造  (長野県)  
◆ 低アル酒:  「SAKE Dolce」 花の舞酒造 (静岡県)
◆ スイーツ:  「日本酒マカロン」 橘倉酒造  (長野県)

中垣さんが撮影された幻想的な美しいオーロラの映像に加えてSRN会員の銘酒の快い酔いに参加の皆さんは陶然とした面持ちです。 何はともあれ、オーロラをご覧あれ!


オーロラ観測場所:極北(カナダ)の秋の風景


オーロラの出現は、太陽の黒点の数によって変化します。

なお、中垣さんは、カナダへ向けて 『 極北ユーコンクルアニ国立公園オーロラの旅8日間 』 のツアー(1月7日―14日: 448,000円)を企画しておられます。
中垣さんがオーロラに魅せられたのは、この国立公園で「オーロラ爆発」に遭遇し、一瞬で全天にオーロラが広がっていくダイナミックな現象を見たのがきっかけだそうです。

蔵元情報 11月(2015)

 ■■■イベント■■■ 

酔仙酒造
【東京.有楽町でのイベント情報】いわて・三陸けせん 希望ストリート
いわて・三陸けせん 希望ストリート2015が11月9日(月)・10日(火)・11日(水)の3日間、有楽町駅前広場にて、開催されます。
岩手県大船渡市・陸前高田市・住田町の特産品をご紹介、販売されます。
酔仙も季節到来の「活性原酒 雪っこ」をメインに、地酒の数々を取り揃えて、みなさまのお越しをお待ちしております❗️
美味しい〜旬の三陸をこの機会にぜひ、満喫してくださいませ〜
開催時間は
9日(月) 14時〜19時
10日(火) 10時〜19時
11日(水) 10時〜17時
詳しいお問い合わせは、
三陸けせん希望ストリート連絡協議会 ☎0192-26-2141 までお願いします。

神戸酒心館
灘五郷SAKEプラザ
11月9日(月)から11日(水)まで、恒例の「灘五郷SAKEプラザ」が神戸朝日ビルディングにて開催されます。もちろんチャリティー試飲会に神戸酒心館 福寿も参加いたします! 皆様ぜひご来場ください!
http://www.nadagogo.ne.jp/


(2015.12.12)桂南光と河田健のほのぼのジャズ倶楽部
前回大好評いただいたJAZZ GUITARの名手・竹田一彦氏をもう一度お迎えして素晴らしいリズムセクションとの熱く楽しい演奏を、桂南光の軽妙なTALKと共にお楽しみください!!!
【日時】2015年12月12日(土) 開演 15:00(開 場14:30)
【会場】神戸酒心館ホール
 〒658‐0044 神戸市東灘区御影塚町 1‐8‐17
・阪神石屋川駅下車南へ徒歩8分
・阪神御影駅下車タクシーで5分
・JR「六甲道駅」下車タクシーで8分
【料金】3,500円 ※きき酒付・全席自由
【出演】
桂南光(TALK)
河田健(A.SAX)
安治嶺悟(PIANO)
神田芳郎(BASS)
上場正俊(DRUMS)
スペシャルゲスト/竹田一彦(GUITAR)
【演奏予定曲】
MY BLUE HEAVEN(私の青空)
TRISTE
ALMOST LIKE BEING IN LOVE
EMILY
クリスマスソング 他
【主催】 神戸酒心館
【お申し込み方法】?078-841-1121 までご連絡をお願いいたします。
もしくは、お名前・ご住所・お電話番号・イベント名・チケット枚数を明記の上、e-mailにてinfo@shushinkan.co.jp へご連絡ください。


梅錦酒造

「第4回 梅錦まつり」のお知らせ
2015年12月10日(木)
東京第一ホテル松山 コスモホール にて開催

■■■試飲会■■■

一ノ蔵
<宮城県内>
(鹿島台)11月10日〜11月12日…鹿島台互市(9:00〜17:00)
<宮城県外>
(東京) 11月4日〜11月10日…日本橋タカシマヤ 地下1階酒売場
(東京)  11月18日〜11月24日・西武池袋本店 地下1階酒売場
未成年者への試飲及び販売、並びにドライバーへのお酒の試飲提供はできません。
試飲会の日程は、都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。

一本義久保本店
11月11日(水)〜11月17日(火) 「伊勢丹 立川店」 地下1階 和洋酒売場
11月11日(水)〜11月17日(火) 「阪急百貨店うめだ本店」地下2階和洋酒売場
11月12日(木)〜11月18日(水) 「京急百貨店」 地下1階 和洋酒売場
11月13日(金)〜11月15日(日) 「阪急百貨店 大井町店」
上記の日程で「一本義」「伝心」の試飲販売会を開催いたします。
新商品や季節限定の商品などを多数揃え、皆様のご来場をお待ちしております。

今西清衛兵商店
春 鹿 の 試 飲 会 情 報 更 新
以下の日程で「百貨店試飲販売会」を行います。
試飲をして、お好みのお酒をお買い求め頂けます。
お近くにお越しの際は、是非、お立ち寄り下さい。
日時/平成27年12月2日〜 12月8日  近鉄百貨店 上本町店(大阪府)
日時/平成27年12月9日〜 12月15日  近鉄百貨店 奈良店(奈良県)
日時/平成27年12月11日〜12月13日  マルイ 志木店(埼玉県)
日時/平成27年12月15日〜12月21日  西武百貨店 船橋店(千葉県)
日時/平成27年12月16日〜12月22日  近鉄百貨店 橿原店(奈良県)

■■■製品情報■■■

一ノ蔵

一ノ蔵本醸造しぼりたて生原酒 11月6日発売の冬季限定品
今年の新米を使って出来た、一番最初のお酒。
それが、毎年恒例のしぼりたて!このお酒は「冬季限定の本醸造タイプのしぼりたて」です。
原料米は、一ノ蔵が社内に立ち上げた農業法人部門「一ノ蔵 農社」が作った
環境保全米「やまのしずく」を使用。
お米から、酒造りまで、オール一ノ蔵で仕上げた、特別な「しぼりたて」です。
すっきりした喉越しと、溢れる生の香りが特徴的で飲み応え充分の味わい。
アルコール度数19%の辛口タイプのしぼりたて生原酒ですので、キッチリ冷やすか、氷を浮かべてお楽しみください。
生まれたての酒を熱処理せずに無殺菌で瓶詰めしました。生の香り、しぼりたての旨味が存分に楽しめる、フレッシュでフルーティーな味わい。
日本酒ご愛好の方々にとって“垂涎のまと”となった生原酒の傑作です。
◆精米歩合:65%
◆アルコール分:19 度 
◆日本酒度:+4 〜+6
◆1.8 リットル:2,410円+税 
◆720 ミリリットル:1,077円+税

千代寿虎屋
特別純米生原酒しぼりたて新酒
今期の酒造りは11月1日から始まります。
特別純米生原酒しぼりたて新酒は12月15日前後に発売の予定です。
しばらくお待ちくださいませ。

一本義久保本店
「シボリタテ(搾りたて新米新酒)」 発売のご案内2015/11/05
お待たせしました。一本義初仕込のお酒 「シボリタテ(搾りたて新米新酒)」が発売を迎えました。全国有数の酒米産地・奥越前で、収穫されたばかりの新米・五百万石だけを使って醸した、その爽やかでみずみずしい香り、麴から生まれる自然の甘みと旨味。
愛飲家の方が待ちに待った本年最初の一本義新酒「シボリタテ」。
秋“最旬”のお酒をぜひお楽しみ下さいませ。
日本酒を知らなかった人が日本酒好きになる、この酒にはそんな魅力があるようです。
■本醸造酒(生酒)
■アルコール度数 16〜17%
■原料米 五百万石
■精米歩合 68%
1800ml 2,160円
720ml 1,080円  〜価格は希望小売価格(税込)〜

武重本家酒造
2016年 御園竹年越しカメ酒 予約受付中
11月27日(木) 予約締切日
しぼりたての新酒をそのままカメに詰め、年内にお届けいたします。甘口の純米酒を広口カメから竹杓で酌んでお召し上がりください。二人でじっくり飲むも良し、大勢でわいわい飲むも良し。新年を楽しく祝いましょう。
しぼりたて生純米酒 1.8L詰 杯2個、柄杓1本付き6,480円(送料・税込)
過去16年間、新酒をカメに詰めて元旦にお届けしてきましたが、
その間に「元旦」に対する考え方が徐々に変化してたようです。
また、「おせち料理」の年末配達を利用する方々も多くなってきていることも考え、
昨年から年末にお届けする商品としてリニューアルしました。
御用納めが過ぎ若干荷物が減るであろう12月28日に発送し、年内にお届けいたします。お届けする地域によって、また運送状況によってお届けまでに数日の猶予をいただくことになります(30日に必ずお届けする等のお約束はできません。ご了承下さい)

千曲錦
活性純米生原酒「搾ったまんま」
年に一度、期間限定で注文を受けその本数のみを瓶詰するまさしく、生きた酒だ。
無濾過、無加水、無殺菌は、封を開ければ、フレッシュな香りとはじけるような旨さが堪能できる。さらに冷暗所で寝かせれば熟成された深みのある味わいへと刻々と変化する経過をも楽しむ事ができる。
720ml 1,404円(本体価格1,300円+消費税104円)
■申込締切日
平成27年11月30日(月)
■蔵元発送日(予定)
平成27年12月11日(金)
ご注文はお電話(TEL.0267-67-3731)、お問い合わせ(eメール)にて承ります。
※送り先1ヶ所につき、1ケース(6本)単位にてお願い致します。

花の舞酒造
純米しぼりたて
今秋に収穫された新米で仕込みあげた新酒しぼりたての新鮮な味と香りが楽しめる、
冬限定の本物志向の純米原酒です。純米酒ならではの、お米のコク・旨味と原酒のどっしりとした辛味とのバランスのとれた喉ごしの良いお酒です。
価格
300ml/463円 720ml/1,100円 1800ml/2,200円  全て本体価格
原料米 静岡県産米
精米歩合 60%
アルコール度 18.5%

本醸造 初しぼり
今秋に収穫された新米で仕込みあげた新酒しぼりたての新鮮な味と香りが楽しめる、
冬限定の本物志向の本醸造原酒です。 お米の旨味と原酒のどっしりとした辛味のバランスのとれた飽きのこないスッキリとしたさわやかな飲み口です。
価格 720ml/  1,000円  1800ml/ 2,000円  全て本体価格 
原料米 静岡県産米
精米歩合 60%
アルコール度 18.5%

今年の新酒の出来栄えは?◎青木副杜氏に伺いました。
純米しぼりたて
ここちよい吟醸香(果実香)があり、麹から醸し出される深みのあるうまさが 口のなかへ広がります。喉越しもやわらかく穏やかな余韻を残していきます。
初しぼり
穏やかな吟醸香(果実香)があり、すっきりとした喉越しがあります。 料理との相性がよく、より一層味を引き立ててくれると思います。 これからの季節暖かい料理と一緒に味わってください。
新酒に合う料理は?
鍋物がお勧めです。水炊きや少し肉や魚を入れた湯豆腐など、さっぱりとした料理と合わせてみて下さい。新酒をキリっと冷やして鍋物を味わう、寒い季節の楽しみをご堪能ください。



増田徳兵衛商店
本醸造大極上中汲にごり酒
元祖にごり酒の代表。酒の博士「坂口謹一郎」先生の薦めで、一九六四年に日本酒で初めて登場。以来、東京と京都でにごり酒の会(月の桂会)を開催。元祖「米のシャンパン」である。フルーティーな香り、爽やかな酸味、心地よい喉ごし。
12月3日より新酒にて発送致します。
度数17.2 度
1800 ml単価 2,700円
720 ml単価 1,350円

丹山酒造
新酒、搾りました!!   2015/10/21
今年、初めの新酒ができました!!
ホームページでは25日頃から販売をはじめます!!

二条城「琳派400年記念祭」に出店しております。2015/10/21
二条城まつり「京の老舗名産展」に出店しております。
10/21、22日 9時から17時まで
10/23から11/23 9時から21時45分まで営業しております。


富久錦

しぼりたて新酒セットA 【11月25日出荷開始】
【新酒が楽しめるこの時期だけのセット】
セット内容:
純米しぼりたて 720ml×1
純米にごり酒  720ml×1 
お待たせしました!ついに今シーズン初めての新酒が登場!
たわわに実ったキヌヒカリが丁寧に磨かれ、丹精込めて醸し出された「純米しぼりたて」は、いちばん最初に蔵出しされる記念すべき新酒です。
封を切った瞬間にほとばしる瑞々しいその香りと勢いのある旨みは、
できたての新酒ならではの醍醐味といえるでしょう。
割り水も火入れ(加熱処理)も一切行っていない生原酒の為アルコール度数も少し高めの17度で飲み応え十分。
また「純米にごり酒」は、できたての新酒を粗く搾っただけのそのままの姿で瓶詰めした刺激的なお酒です。にごっているだけという月並みなにごり酒にはない、
きめ細やかな気泡が舌の上ではじけるフレッシュさを是非一度お楽しみください。
蔵人たちの熱き想いが込められ、今年一番のしぼりたてとにごり酒は、皆様にいちはやくお飲みいただきたいおすすめの新酒です。
富久錦渾身の新酒をどちらも楽しめるこのセット、
是非この機会にご予約くださいませ。
■原材料:米・米麹
■原料米:加西産キヌヒカリ100%使用
■精米歩合:70%
■アルコール度数:17度以上18度未満
※11月25日より出荷いたします。
 配達希望日は11月26日以降をご指定下さい。

【12月1日蔵出し】 Bucu Rose(ロゼ) 250ml 【要冷蔵】
2015年のクリスマス限定Bucuは、加西市産の紫黒米を仕込みの一部に使用し、
あざやかなロゼ色のスパークリングをミニボトルに瓶詰めしました。
瓶内二次発酵の軽快な泡立ち、ほんのり甘い口当たりかすかに感じるラズベリーのような
爽やかな香りが特長のスパークリング純米酒です。
クリスマスや年末年始にどうぞ。
通常のBucuとあわせて紅白でおめでたくお楽しみください。
■原材料:米・米麹
■原料米:加西産キヌヒカリ100%使用
■精米歩合:70%
■アルコール度数:6.5度以上7.5度未満
数に限りのある限定商品ですので、現在、試験的に販売しております。
250ml 価格 : 800円(税込864円)【要冷蔵】 ※チルド便をお選び下さい。

神戸酒心館
山田錦生酒 80 にごり酒 (要冷蔵)
名水百選「宮水」と兵庫県産の山田錦を贅沢に使った辛口のにごり酒。
幅広く合わせやすい酒質です。
にごり酒ならではのうまみと、爽快なのど越しをお楽しみいただけます。
お召し上がり方:冷酒(5-10℃)
▼原材料    米(兵庫県産「山田錦」)・米麹(兵庫県産「山田錦」)・醸造アルコール
▼精米歩合   80%
▼アルコール度 15度
▼使用米    (兵庫県産)山田錦100%
720ml 1,404円(税込)



「しぼりたて山田錦80生酒」 720ml

しぼりたての新酒があがってきました。
真桑瓜のニュアンスとキレ味スッキリの味わいは、生酒ながら繊細なお料理とも楽しめるように仕込んだ味わい。フレッシュで軽快な個性を存分にお楽しみください。
お召し上がり方:冷酒(5-10℃)
▼原材料    米(兵庫県産「山田錦」)・米麹(兵庫県産「山田錦」)・醸造アルコール
▼精米歩合   80%
▼アルコール度 15度
▼使用米    (兵庫県産)山田錦100%
720ml 1,296円(税込) 要冷蔵

寒造り 原酒 【季節限定販売】11月〜3月の販売となります
灘の酒蔵は、冬になると六甲山から吹く北風「六甲おろし」を受け、
酒造りに最も適した厳寒の季節を迎え、この時期に酒造りをすることを「寒造り」といいます。灘の伝統製法を守り、低温発酵させた辛口酒。
さわやかでキレ良く、飲み飽きしないやさしい旨味を持っています。
▼原材料    米(兵庫県産)・米麹(兵庫県産米)・醸造アルコール
▼精米歩合   70%
▼アルコール度 18度
1800ml 2,376円(税込)
720ml 1,188円(税込)

嘉美心酒造
嘉美心 しぼりたて 900ml【11月〜】冬季本数限定作品
搾ったそのままをボトリングしています。
濃密なそれでいてスッキリとした甘味とフレッシュな酸味が印象的な「しぼりたて」を楽しむことが出来ます。
岡山県産、清水白桃から分離に成功した、香りの高い「白桃酵母」を使って仕込んでいます。その年の酒の出来を占う意味で、非常に大事なお酒です。
嘉美心 しぼりたて
アルコール分/ 18%台
日本酒度/-6
酸度/ 1.5
使用米/ 岡山県産米 100%使用
精米歩合/ 70%
価格1,296円(税込)

賀茂泉酒造
純米酒 一 (はじめ)720ml
2015年スローフードジャパン燗酒コントスト金賞受賞酒
この酒は、賀茂泉・純米醸造酒の入門酒として、「はじめの一本」との思いで名付けました。
ふくらみのある柔らかな米の旨みを感じ、キレのよい酸がすっきりとした辛口タイプの軽快な印象を与えてくれます。
はじめて口にする入門酒として、また今注目の「ウチ飲み酒」の定番酒としても最適な一本です。
使用米:酒造用米(国産米100%)
精米歩合:75%
甘辛度:やや辛口
アルコール度数:15度
1800ml 2,052円(税込)
720ml 1,080円(税込)
300ml 454円(税込)

酒井酒造
初しぼり、ご予約受付いたしました 2015年10月19日(月)
日本酒の味が画一化してきたと言われるのは、流行っている特定の酒質に向けた酒造りが主流になっているからなのではないかと思うのです。
いろいろな種類があるからこそ、日本酒の楽しみ方があるのではないでしょうか。
そしていろいろな嗜好の方にお楽しみいただけるのではないでしょうか。
五橋では、普通酒の搾りたて「初しぼり」を皮切りに、純米の搾りたて「純米あらばしり」、純米吟醸の搾りたて「純米吟醸しぼりたて生原酒 西都の雫」と3種類の搾りたてをご用意いたします。
純米吟醸には純米吟醸の良さがあり、普通酒には普通酒の良さがあるはずです。
大吟醸から普通酒までの全カテゴリーを醸す五橋だからこそ、それぞれの良さをお伝えできるのだと自負しております。純米志向が強い昨今ではありますが、先入観を取っ払って、どうぞ普通酒もお試しくださいませ。きっと違う世界が見えてくると思います。
五橋 初しぼりはご予約いただいた本数だけ瓶詰めする完全予約商品です。
ご予約締切日は11月13日。
ご予約はお早めに。発売開始は11月17日です。

ねねゴールド、ご予約受付開始しました2015年10月10日(土)
ねねゴールドのご案内です。
発泡純米酒 ねねゴールドの発売日が決まりました。
2015/12/11でございます。
10,000本の限定でございます。
ご予約の締切日は2015/11/20でございます。
ご予約いただいた分だけご用意させていただくのでございます。
ご予約受付期間中に予定数量に達した時には、その時点で締め切らせていただくのでございます。
昨年は5,500本の予定が数日で予定数量に達してしまったため、急遽8,000本に変更しましたが、今年は心を鬼にして、10,000本で締め切るのでございます。
発泡純米酒ねねに金箔を入れ、その金箔を雪に見立てた「ねね」のクリスマスバージョン。日本のクリスマスは日本のお酒で楽しみましょうよ(´ー`)ノ
https://shop.gokyo-sake.co.jp/junmai/neneg.html

梅錦山川
初搾り 純米生原酒
梅錦の「初搾り」です。やさしい旨みのある搾りたて新酒を抜群の鮮度でお届けします。
11月28日出荷となっております。
種別:純米生原酒
度数: 18度(目標値)
精米歩合:(麹米)玉栄65%、(掛米)八反錦65%
日本酒度:+4.0〜5.0
酸度: 未定
720ml 1,378円(税込1,488円)
1800ml 2,571円(税込2,776円)

■■■その他■■■

酔仙酒造
あの懐かしの『酔仙 雪っこCM』が帰ってくる! 2015年10月31日更新
皆様、たいへんお待たせいたしました!!!
☆mitめんこいテレビ限定!【11/20(金)〜12/5(土)毎日夕方以降放送】
あの、昔懐かしい『酔仙 雪っこCM』が帰ってくる!
期間限定の放送再開スペシャルキャンペーンです!
是非、この期間をお見逃しなく
☆IBCテレビ『じゃじゃじゃTV』(生放送)【11/14(土)9時25分〜放送】
酔仙コレクションKurabito No.1 金野泰明が季節のオススメ商品をご紹介
☆テレビ岩手『5きげんテレビ』【11/19(木)16時25分〜放送】
大船渡蔵に新設された工場見学通路のご案内から、雪っこの美味しい飲み方まで、
色々とご案内いたします!!
☆岩手朝日テレビ『いいトコ!』【11/28(土)9時30分〜放送】
夜明け前の蔵人に密着!酒蔵の1日とオススメ商品を一挙をご紹介
☆めんこいテレビ『8キュン』【11/28(土)9時55分〜放送】
最後は、全員で皆様のお越しをお待ちしております〜!!と笑顔でご挨拶

一ノ蔵が、丸ビルで試飲・即売会 「Ichinokura Sake Bar」 をオープンしました!

本日、一ノ蔵 (宮城県大崎市) が、丸ビルにおいて 恒例の試飲・即売会「Sake Bar」をオープン・・しましたので、昼休み、状況視察に行ってきました。

期間は、11月6日(金) までの5日間。 場所は、1階ホールの 「カフェイーズ」
開催時間は、
店外のオープンテラス≫  11時〜21時、ラストオーダー20時30分、
           最終日11時〜20時、ラストオーダー19時30分
  ≪店内≫  月〜木 ・・・・  〜23時
           金  ・・・・・ 〜24時


入り口から左手がお酒の販売コーナー、右手奥に立ち飲み用のテーブルがあります。

一ノ蔵のスタッフは、一ノ蔵酒販のマネージャー・渡辺正義さんをリーダーに、営業三部の志村直人さんとマーケティング室の中村恵莉奈(えりな) さん。 オフィスビルで平日の昼間ですからさすがにお客さんは一組だけでしたが、立ち止まってパネルを見ている人はかなりおりましたから夜が楽しみです。

 
 (左から)中村さん、渡辺さん         志村さん

試飲会の仕組みは例年と同じですが、お酒とつまみに変化がみられます。
お酒は、「特別純米酒 大和伝」、「大吟醸 玄昌」、「ひめぜん」、「すず音」など7種類。 3種類のグラスセット が ワンコイン(500円) そして、<つまみ>( 2種類) 一品500円です。

今年は、特に <つまみ>に力を入れておりまして、お酒と絶妙に合う2種類を提供。
★ わさびビーンズ、カシューナッツ、メープルバターくるみの3種盛り と
★ 自社製酒粕に漬けた大根の「からし漬」と地元の名産 「しそ巻き」(甘味噌の紫蘇巻き)

帰り際に展示パネルを見ておりましたら、蔵人の皆さんの集合写真が
ありました。 酒蔵の機械化が相当進行している中にあって、大手とはいえない
一ノ蔵で、こんなにも大勢(44名)の皆さんが酒造りにかかわっておられるとは
知りませんでした。中には女性の姿も見えます。
お酒の生産規模が拡大しながら依然として「手造り」を維持しているこの酒蔵の真摯な姿を改めて認識しました。