銘醸蔵 「奥の松酒造」 (福島県二本松市)  の「はちみつ酒 」(Mead) が静かに売れ続けています

◆ 「奥の松」 は、首都圏でよく知られている銘柄ですね。 

 名杜氏として知られる同社の殿川慶一さんによれば、春に発売を開始した”はちみつのお酒” 「ハニール Hoeur」 が、今静かに売れ続けているとのことです。

蜂蜜と水、そして酵母菌だけを原料とする「はちみつ酒」は、美容と健康に良いお酒 として世界格国で造られているとのことですが、わが国ではまだ珍しいお酒で、製造元もまだ養蜂場や醸造会社など10社程度のようです。

◆ 殿川さんから送って頂いたこの珍しいお酒を味わってみました。 アルコール度数が5%と低いので飲みやすく、また宣伝文句のとおり 「甘い香り」 がして 「味わいもなめらか」 な美味しいお酒です。 また、このお酒は、オレンジカクテルにしたり、温めてシナモンを入れたり、ロックにしたりと、さまざまな飲み方が楽しめるお酒のようです。 

 また、同社のはちみつ酒は、会津の山奥に自生する 「栃の木」 の花のはちみつと安達太良山の伏流水から生まれた「地酒」です。 ( 価格は、500ml ・ 税別3,000円 )
一度お試しください。

 ところで、同社は、東日本大震災に伴う放射能汚染の風評被害に悩まされ続けてきましたが、ようやく立ち直ったようです。 とりわけ同社を勇気づけているのは、内外のコンテストでの授賞が相次いでいることです。 平成26酒造年度全国新酒鑑評会において、 「大吟醸雫酒 十八代伊兵衛」 (価格=720ml ・ 税込5,400円)金賞を受賞 しました。

平成11年から平成19年までの9年間連続して金賞を受賞。平成20年は逃したものの、平成21年から再び金賞を取り続けて、今年で7年連続となりました。

(同社の連絡先は、?.0243−22−2153、 Fax.0243-22-2011)

● 「SRN ・酒蔵経営者塾」 を開催しました

6月19日、日本酒造組合中央会会議室において「第5回 SRN・酒蔵経営者塾」を開催しました。 
この催しは、会員酒蔵の経営者を対象とする勉強会です。

この日のプログラムは、次のような内容でしたが、以下、主として神崎先生のお話をご紹介しましょう。

▼ ? 『 花街文化の再考−大人の酒席のありよう 』 .
( 講師 ) 民俗学者 神崎宣武 氏 

? 『 日本酒輸出協議会の戦略等について』
 ( 講師 ) 日本酒造組合中央会副会長  櫻井武寛 氏
            ( ?一ノ蔵会長、SRN代表幹事 )


 神崎先生は、旅の文化研究所所長。著名な民俗学者であり、また郷里の吉備高原では神主さんも務めておられます。 伝統食文化にも造詣の深いこの方からのお話の一部をご紹介しましょう。

● 急増している外国人観光客、特に西欧系の人々の間で高く評価されている日本人の特性の一つが、「ホスピタリティ」、「おもてなし」だ。

 日本人の深いお辞儀は「卑屈」と誤解されることもあるが、その意味が分かると彼らは「もてなし」と感じる。

 ただ、究極の「おもてなし」とは、「花街」 (かがい) でのもてなしをいう。

 では「花街」とは何か。
  ? 芸妓のいる「置き屋」
  ? 料理茶屋
      *上方: お茶屋
      *江戸: 料亭
  ? 出会い茶屋(待合)

 日本の伝統的なもてなしの場は・・・・
  (大阪) お茶屋
  (東京) 料亭

 ここから神崎先生は、お茶屋のお座敷における礼儀作法「礼講」について詳しく説明をされました。
こうした「礼講」が行われるようになったのは、江戸時代でも庶民の懐が豊かになった元禄時代からだそうです。

▼ また先生は、伊勢、倉敷などにおいて「和塾」を主宰され、「正座〜お酒の飲み方など」の礼講を教えておられとのことです。
近年、こうした礼講が新しい宴会の形として復活しつつあるように思う、と述べておられました。
 

「江戸切子の店 華硝」 がTV番組に2度も登場しました !!

 既報のように華硝 さんは、先週 BS朝日BSジャパンで相次いで 取り上げられましたが、ここでは、同社全体というよりも工房とそのスタッフに焦点を当てたBSジャパンの番組 「夢織人(ゆめしょくにん) の内容をかいつまんでご紹介しましょう。

2008年洞爺湖サミットで国賓へのお土産として贈呈されたのが、華硝 の江戸切子。

これが贈答品のワイングラス。 同社の代表的な紋様「米つなぎ文」でデザインされています。
 

このグラスのメーカー 華硝 は、 洞爺湖サミットでの贈答品採用をきっかけに一躍注目されるようになりましたが、このメーカーはどのような会社なのか、また高価なガラス製品が売れる秘密は何か ・・・・ 一人のカメラマンがこのテーマを持って同社を取材するというストーリーの番組です。 また、取材対象も会社全体というよりは、製造現場の工房とそのスタッフが中心になっています。

同社の前身は、戦後間もなく先代が設立された工房ですが、熊倉隆一会長は、大手硝子メーカーの下請けから脱却して自社製品を直売するべく91年に現在の会社を設立されました。
(社長業は奥様に任せて、ご自身は生命線の工房を取り仕切っておられます。)

こうした1万円を超える価格のグラスが1ヵ月に約500個売れているそうですが、その秘密はどこにあるのでしょうか。

 

 社員は工房を中心に9名という小さな企業です。 

ご子息で後継者の熊倉隆行さん(取締役)も工房のリーダーとしてスタッフと一緒に作業

工房には女性スタッフもいます。

入社1年6ヵ月の若手スタッフ・小坂さんが、「デザインから商品まで一人で作ってみなさい」と課題を与えられました。

 

伝統的な文様は、下のように何種類もあり、それも参考にしながらデザインします。

 

 

小坂さんが花をモチーフにした製品を持って熊倉会長に評価してもらいます。

下のグラスが小坂さんの作品。見掛けは綺麗で商品になりそうですが、ひっくり返してみるとカット部分の左右バランスが取れていなかったりして課題がいくつか指摘され商品にはなりませんでした。 この厳しさがあってこそスタッフが育ち、また華硝・江戸切子の品質の高さが保たれているのでしょう。

 今回の番組では工房を中心に取材が行われましたから話題とはなりませんでしたが、華硝さんの場合、他社のように百貨店などの流通を通しての販売はせず直売なので営業責任者の 熊倉千砂都 さん (取締役。 隆行さんの姉上) は、子育て真っ只中の方、多忙を極めておられます。 

 その千砂都 さんのお話によれば、外国の方から現地に「江戸切子美術館」建設をという提案があったのをきっかけに 同社としては国際市場に打って出るチャンスを狙っているとのことです。 日本酒とのコラボも是非戦略の一つに加えて頂きたいですね。
 

蔵元情報 6月(2015)

■■■イベント■■■

一ノ蔵
「第21回いちのくら微生物林間学校」参加者募集  6月1日更新
いちのくら微生物林間学校今年も本社蔵で小学校5・6年生を対象に、
「いちのくら微生物林間学校」を開校します。
当日は顕微鏡を使って微生物の世界を覗いたり、みんなでパン作りに挑戦したりと、楽しくミクロの世界を学びます。夏休みの自由研究にもぴったりなこの林間学校へ、この機会にご参加下さい。
<開催日時>
平成27年7月29日(水) 午前9時〜午後4時迄
<開催場所>
(株)一ノ蔵本社蔵(宮城県大崎市松山)
<対象>小学校5・6年生
<定員>36名様
※お申込み多数の場合は抽選となります。抽選の結果に関わらずご連絡致します。
<参加費>1,000円※昼食代、保険料を含みます。
<応募方法>
官製ハガキ又は封書に(1)〜(9)番までの必要事項を記入の上、下記住所までお送り下さい。
(1)郵便番号
(2)住所
(3)氏名(ふりがな)
(4)性別
(5)生年月日
(6)電話番号※平日ご連絡可能な番号
(7)学校名
(8)学年
(9)保護者の承諾書※氏名、印
※お客様から頂戴しました上記の情報は、弊社からのイベント等のご案内にのみ利用させて頂きます。
<送り先>
〒987−1393
宮城県大崎市松山千石字大欅14
(株)一ノ蔵内「いちのくら微生物林間学校」参加者募集係まで
<応募締切>
平成27年6月25日(木)当日消印有効
<お問い合わせ先>
(株)一ノ蔵「いちのくら微生物林間学校実行委員会」
TEL:0229-55-3322(代)
E-mail:asano@ichinokura.co.jp

鈴木酒造店
「美酒王国・秋田」清酒マイスター講座開催
スゴイ講座
秋田県酒造組合でスゴイ講座を開催します。
なんと!あの酒豪…もとい、酒の女神・三女史が、「美酒王国・秋田」清酒マイスター講座を開催します。なんとも豪華な顔ぶれでございます。
この三日間は語り草になることでしょう。お楽しみです。
平成27 年度、秋田県酒造協同組合では「美酒王国・秋田」清酒マイスター認定制度を実施します。
第1回講座 6月30 日(火) 14:00〜15:30 【会場】ホテルメトロポリタン秋田
第2回講座7 月23 日(木) 14:00〜15:30 【会場】秋田キャッスルホテル
第3 回講座8 月28 日(金) 14:00〜15:30 【会場】ホテルメトロポリタン秋田
全3回の講習会を受講後、認定試験に合格した方をマイスターとして認定します。
秋田の日本酒人気が高まっている今、その魅力をより確かなものとしてPR するチャンスです。飲食店、宿泊施設などお酒を提供するスタッフの方々をはじめ、皆様の講習会への参加をお待ちしています!.
※ 申し込み受付が6月5日に延長されました。

橘倉酒造
6/27,28 浦和伊勢丹 蔵元と語らう「一献展」 出店いたします!
2015年06月04日 | イベント情報
「浦和伊勢丹」さんにおきまして橘倉のあま酒を特別試飲販売いたします
お酒の有料試飲イベント「蔵元と語らう「一献展」」が開催され、弊社橘倉酒造も出店いたします。
全国より20蔵が集合し、それぞれの自慢のお酒が集合いたします。
橘倉からは純米吟醸無尽蔵夏吟醸、スパークリング純米酒たまゆらなど計6種類をご用意いたします。全国津々浦々の美酒をご堪能いただけますので、ぜひ是非多くの皆様のご来場をお待ち申し上げます。
浦和伊勢丹presents
【蔵元と語らう「一献展」】
場所:浦和伊勢丹 7F 食料品売り場グロッサリーコーナー
日時:2015/6/27、28 10時30分〜19時30分
参加入場料:前売り券2,500円、当日券3,000円 2時間飲み放題、お土産付
ご連絡先:伊勢丹浦和店地下和洋酒  048-834-1111

神戸酒心館
「福寿を楽しむ会 in大沢」田植え&BBQイベント 「福寿を楽しむ会in大沢」を今年も開催いたします。
福寿酒米のふるさと大沢にて山田錦の田植えを体験していただき、その後のお楽しみの懇親会はバーベキュー。JR灘駅北側の「たまいち」さんと中央区区役所北側の「うまい寿司あおやま」さんによるバーベキューは格別です。
神戸の地酒「福寿」になるお米の田植え体験とBBQ&お酒で楽しい一日を過ごしましょう。
毎年この時期だけの恒例イベント、おかげさまでご好評のため、参加をご希望の方は早めにお申し込みください。
日時:平成27年6月27日(土) 
集合時間:9:00 集合場所:神戸酒心館正面玄関前
会費:4,000円 募集人数:20名様
ご予約・お問い合わせは、TEL:078-841-1121
E-mail:info@shushinkan.co.jp まで。

(2015.6.27)第28回 桂南光と河田健のほのぼのジャズ倶楽部(SPECIAL SUMMER JAZZ CONCERT)
今回の<SPECIAL SUMMER CONCERT>関西の若手精鋭ミュージシャンを集めた素晴らしいクインテットでのエキサイティングな演奏と毎回本当に楽しい桂南光のTALKを合わせて楽しいコンサートをお届けします!!!
【日時】2015年6月27日(土)開場14:30 開演15:00
【料金】3,500円(きき酒付・全席自由)
未成年者、車などの運転者にはお酒の提供が出来ません。お酒は二十歳になってから。
【会場】神戸酒心館ホール
【出演】
桂南光(TALK)
河田健(A.SAX)
田中洋一(TP)
加納新吾(PIANO)
宮野友巴(BASS)
佐藤英宜(DRUMS)
【お申し込み方法】?078-841-1121 までご連絡をお願いいたします。
もしくは、お名前・ご住所・お電話番号・イベント名・チケット枚数を明記の上、e-mailにてinfo@shushinkan.co.jp へご連絡ください。

今西清兵衛商店
春鹿 酒蔵まつり2015開催のお知らせ
毎年9月の恒例行事「春鹿 酒蔵まつり」のご案内をさせて頂きます。
今年は春鹿 純米 超辛口 発売30周年ということで、
超辛口にスポットを当てた限定酒も登場予定。
振るって皆様のお越しをお待ちしております(^0^)/
開催日時:2015年9月12日(土)午前10時〜16時  雨天決行
注)暴風警報その他の発令により、やむなく中止することがありますので、ご了承下さい。
〜ご注意〜
今年は、初めての『土曜日開催』です。ご注意下さい。

今西家書院◆Shoin 水無月ライヴ◆  〜ムジークフェストなら2015〜 
6月の奈良を彩る音楽祭 [ムジークフェストなら2015 ]  
6月13日(土)〜28日(日)
世界遺産の社寺をはじめホールから駅前広場まで多彩な音楽が古都に響く16日間です。
今西家書院は『まちなか会場』として、ムジークフェストなら2015に参加します!
◆Shoin 水無月ライヴ◆
6月14日(日)
   〜響 能管と津軽三味線〜 野中久美子(能管)・久保比呂誌(津軽三味線)
6月20日(土)
   〜Jazz! O.S.D トリオ〜 沼澤修一(Org.)・酒井康充(Sax.)・岡本健太郎(Drs.)
両日共通公演時間
?11時〜12時  ?14時半〜15時半 入替2ステージ 各50席
   ¥1,600(見学料・ウエルカムワンドリンク込)当日お支払下さい
★お席確保いたしますので、事前電話予約がおススメです。
また書院西隣にて『アンティーク 奈良町骨董市』を同時開催!
クラフトから骨董まで面白いもの見つけて楽しんで♪ お気軽にお立ち寄りください。(入場無料)
◆アンティーク 奈良町骨董市開催日◆  10:00~16:00(場内禁煙)   
   6月13日(土)・14日(日)・20日(土)・21日(日)
   <お問い合わせ>今西家書院 0742-23-2256 shoin@harushika.com
(月休 10:00~16:00)

梅錦山川
2015.6.10(水)市川猿之助特別舞踏公園関連イベント
愛媛の地酒〜舞に酔、酒に酔う〜
主 催 愛媛県酒造組合
場 所 松山総合コミュニティセンター3F
時 間 18:30〜
会 費  4,500円(弁当付)
定 員  200名

2015.6.20(土)日本酒フェアー2015
主 催  愛媛県酒造組合
場 所  池袋サンシャインシティワールドインポートマート4F 展示Aホール
時 間  10:30〜19:00
参加費 前売 3,500円 当日4,000円

■■■試飲会■■■

一ノ蔵
<宮城県内>
(仙台)  7月16日〜7月20日……第4回全国やきものフェアinみやぎ(夢メッセみやぎ)
<宮城県外>
(名古屋)  6月3日〜6月9日……JR名古屋高島屋 地下2階酒売場
(千葉)   6月9日〜6月15日……そごう千葉店 地下1階酒売場
(新宿)    6月24日〜6月30日…・新宿高島屋 地下1階酒売場
(横浜)    7月8日〜7月14日……横浜高島屋 地下1階酒売場
(池袋)    7月22日〜7月28日…・西武池袋本店 地下1階酒売り場
<海外>
(シンガポール) 6月26日〜6月28日……スコッツ伊勢丹 酒・おつまみフェア
(台湾・台北) 6月27日…………世界貿易センタービル 南港展示ホール FOOD TAIPEI
(イギリス ロンドン)7月10日〜7月12日…THE2 ハイパージャパン2015       未成年者への試飲及び販売、並びにドライバーへのお酒の試飲提供はできません。
試飲会の日程は、都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。

一本義久保本店
6月3日(水)〜6月9日(火) 「大丸札幌店」 地下1階 和洋酒売場
6月17日(水)〜6月23日(火)「阪急百貨店うめだ本店」 地下2階 和洋酒売場
6月18日(木)〜6月21日(日)「東急百貨店 東横店」西館 地下1階和洋酒売場
6月24日(水)〜6月30日(火) 「ジェイアール名古屋タカシマヤ」 地下2階 和洋酒売場上記の日程で「一本義」「伝心」の試飲販売会を開催いたします。
新商品や季節限定の商品などを多数揃え、皆様のご来場をお待ちしております。

橘倉酒造
浦和・伊勢丹B1食料品売り場 あま酒試飲販売のお知らせ
2015年6月17日〜20日まで、浦和・伊勢丹B1食料品グロッサリー売り場におきまして、橘倉のあま酒を特別試飲販売いたします。
橘倉のあま酒は麹と井戸水だけで造った昔ながらのあま酒でございます。
「酒」と表記しますがアルコール0%。
お子様から運転手、ご年配の皆々様にお飲みいただけます。
昨年他界された俳優・高倉健さんも永年ご愛飲いただいたあま酒です。
そして現・サッカー日本代表・長谷部誠キャプテンもご愛飲いただいている橘倉のあま酒。
まずは浦和伊勢丹へ足をお運びいただきましてご試飲下さい。
一味ちがう蔵元が造ったあま酒を是非ご賞味ください。
場所:浦和伊勢丹 地下1F 食料品売り場グロッサリーコーナー
日時:2015/6/17〜20 10時〜19時
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

本田商店
父の日のプレゼントとお中元、お決まりましたか?
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
日本酒売り場で皆様のお越しをお待ちしております。
? 6月3日〜6月8日  伊勢丹浦和店
? 6月17日〜6月23日 新宿高島屋
? 6月24日〜6月30日 大丸神戸店

神戸酒心館
関西・関東で行われる福寿の試飲宣伝販売をお知らせいたします。
どうぞこの機会に、福寿の味わいをお楽しみ下さい。
【関西】
 ・西宮阪急    6月 3日(水)〜 6月 9日(火)
 ・川西阪急    6月 10日(火)〜 6月 15日(月)
 ・神戸そごう   6月 16日(火)〜 6月 22日(月)
 ・西神そごう   6月16日(火)〜 6月 22日(月)
 ・梅田阪急    6月 24日(木)〜 6月 30日(火)
【関東】
 ・日吉東急    6月 18日(木)〜 6月24日(水)
 ・西武所沢店   6月 19日(金)〜 6月 21日(日)
・西武船橋店   6月 20日(土)〜 6月 21日(日)

今西清衛兵商店
春 鹿 の 試 飲 会 情 報 更 新
以下の日程で「百貨店試飲販売会」を行います。
試飲をして、お好みのお酒をお買い求め頂けます。
お近くにお越しの際は、是非、お立ち寄り下さい。
日時/平成27年 6月24日〜 6月30日 伊勢丹 京都店(京都府)
日時/平成27年 7月 2日〜7月 8日 近鉄百貨店 奈良店(奈良県)
日時/平成27年 7月 2日〜7月 8日 東武百貨店 船橋店(千葉県)
日時/平成27年 7月 9日〜7月15日 近鉄百貨店 上本町店(大阪府)

賀茂泉酒造
お近くの方は是非お立ち寄り下さい(^^)/
広島そごう 6/9〜14
阪急うめだ本店 6/10〜16
どちらも弊社社員がお酒のご説明に店頭におりますので、
どうぞよろしくお願いいたします!

梅錦山川
2015.6.10(水)〜16(火)阪神百貨店梅田本店試飲販売。四国4県の物産品販売
2015.6.17(水)〜21(日)梅錦単独試飲販売。丸広百貨店川越店にて

■■■製品情報■■■

桜顔酒造
「さくらがお生貯蔵酒720ml」販売開始致しました 限定出荷1500本季節限定品として「さくらがお生貯蔵酒720ml」の販売を開始しました。
新酒の風味が感じられるスッキリとした飲口の上撰酒です。
弊社ホームページもしくは各店頭にて販売しております。
できたての上撰酒を飲みやすいアルコール分15度にして壜詰した生貯蔵酒です。
スッキリとした飲み口にリーズナブルな価格は晩酌などにおすすめの一品です。
ぜひお買い求めください!!
原料米:加工米
精米歩合:70%
アルコール分:15度
720ml ¥667(税別)

酔仙酒造
「ShuWaWa」販売開始のお知らせ 2015年5月26日更新
本日より、発泡性清酒「ShuWaWa」が販売開始となりました。
微炭酸、低アルコール、飲み切りサイズの日本酒です。爽やかな口当たりをお楽しみ下さい。
オンラインストアでは6月1日の12時からの販売となります。
爽やかな甘味と酸味の発泡性清酒です。
アルコール度数 7度
250ml・594円(税込)
販売期間 通年
【精米歩合】70
【使用米】国産米
【使用酵母】協会9号
【日本酒度】-60
【酸度】3.5
【特徴】淡麗甘口

一ノ蔵
IWC2015スパークリング清酒部門「一ノ蔵すず音wabi」最高賞受賞!
一ノ蔵すず音wabi最高賞受賞! 今年の4月にロンドンで開催された世界最大規模のワイン鑑評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2015」の清酒部門の結果が先般発表され、スパークリング清酒部門にて、「一ノ蔵すず音wabi」が唯一の金メダルに輝き、その部門の最高賞である『トロフィー』を受賞致しました。トロフィー受賞は一ノ蔵では初めての快挙です。
「一ノ蔵すず音wabi」は、「一ノ蔵発泡清酒すず音」を清澄タイプに改良したクリアーなスパークリング清酒です。
軽やかですっきりとしたライトな味わい、マスカットを想わせるフルーティーな香りが特徴です。
この「一ノ蔵すず音wabi」から、日本の醸造醗酵技術の素晴らしさ、米に秘められた力を引き出す無限の可能性を、世界中の皆さんにお伝え出来れば幸いです。
最後になりますが、日頃からご愛飲いただいておりますお客様、「すず音」開発の頃からご支援いただいております、酒販店様・流通関係各位、そして、このジャンルの市場をともに開拓して下さった蔵元の皆様へ、心からの御礼と感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございました。
<一ノ蔵 すず音wabi>
清らかで、澄んだお酒の中に、繊細な泡が立ち上がります。フルーティな香り、すっきりと軽やかな味わいをお楽しみ下さい。
○アルコール分:5%
○精米歩合:65%
○原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)
○相性の良い料理:チーズ、グラタン、焼き鳥、照り焼、カリフォルニアロール、フルーツ、シーザーサラダ
375ミリリットル:1000円+税

鈴木酒造店
ヤッタネ!IWC好成績
IWCの結果発表が出ました。
当蔵では4点エントリーしました結果、4点ともに入賞しました。
今回は惜しくも(金)は逃しましたが、中々の好成績でした。
特に発泡清酒部門では、このタイプの大先輩である「一の蔵」さんの「すず音Wabi」だけが金賞でしたから、銀賞グループの価値も上がろうかと言うものです。
「純米大吟醸」・「龍蟠」・「松右衛門」は、今冬に工夫を凝らして造った逸品揃いだったので、さらにその上を行く金賞群に今回は脱帽です。 Goldに秋田県勢が一蔵もありません。あれあれですね。
鋭意奮闘努力して、来年はもっと上を目指すよう頑張ります。
純米大吟醸 「秀よし」 シルバー(銀)
純米酒原酒 「龍蟠」 シルバー(銀)
発泡清酒 「ラシャンテ」 シルバー(銀)
大吟醸 「松右衛門」 ブロンズ(銅)

三年連続金賞受賞全国新酒観評会で金賞を頂きました。
今年で三年連続になります。
秀よしファンやお得意先から沢山のお祝いのメッセージを頂戴し、本当にありがとうございます。社員一同で喜んでおります。
親戚や友人からもお祝いの電話をもらい嬉しい限りです。
杜氏をはじめ蔵人の頑張りが実って、本当に良かった良かった。
このお酒は「松右衛門」という銘柄で来月販売します。
香り控えめの軽い口当たりで、従来の秀よしの金賞酒とは少々タイプが違うかもしれません。
さあ、時代の変化をお楽しみ下さい。

千代寿虎屋
夏の生酒 豊国純米生原酒千代寿(虎ラベル) 新発売 
千代寿の酒造りの原点に立ち返った地酒!迫力満点の虎ラベルで新発売!
1.8L 2,916円(税込)720ml 1,512円  47CLUB直営店で好評発売中
豊国耕作者の会によって復活した復古米“豊国”を使用。蔵元自ら米作りからの酒造りを体現している地酒の中の地酒。豊国の特性が生きた濃醇な美味さときれのある味わいです。
原料米    豊国
精米歩合   60%
アルコール分 17%
日本酒度   +2
酸度     1.4

奥の松酒造
夏の季節限定品「特別純米氷熟にごり原酒」が6月3日に発売ですにごり原酒でしか味わえない「もろみ」のほんのりとした甘味、ほどよい酸味となめらかな舌ざわり。
加水していない原酒のうまさをご堪能下さい。
720ml  1,134円(税込)
日本酒度/±0
アルコール度/17
酸度/1.5 (予定)
使用酵母/奥の松酵母
精米歩合/60%

一本義久保本店
季節限定「夏のにごり酒」・「にごりのうわずみ」発売  2015/06/04
大人のあまくち酒は、米と米麹だけを使い、伝統の技法で醸した自然の甘み。
その爽やかな甘みと旨みに誘われる夏が来ました。
一本義の季節限定「あまくち冷酒」2品は、爽やかに甘く、涼やかな喉越し。
夏こその味わいをお楽しみ下さいませ。
<夏のにごり酒>〜さらりとした飲み口と豊かな旨味〜
■純米酒(生詰原酒)
■アルコール度数 14〜15%
■原材米:五百万石
■精米歩合:70%
720ml 1,440円(税込)

<にごりのうわずみ>〜上澄み部分を取り出したきれいな甘さ〜
■純米酒(生原酒)
■アルコール度数 14〜15%
■原材米:五百万石
■精米歩合:70%
720ml 1,440円(税込)〜

千曲錦酒造
平成26年酒造度 全国新酒観評会 金賞受賞「大吟醸 吉田屋」
本年度全国新酒鑑評会において、弊社より出品いたしました「大吟醸 吉田屋」が金賞を受賞いたしました。これも支えてくださったお客様があってこそと、蔵人一同心より感謝しております。この感謝の思いを込めて、杜氏の努力の結晶が実った金賞受賞酒を販売いたします。特別な日の特別な酒としてご堪能ください。
720ml  5,143円(税込)

花の舞酒造
父の日メッセージラベル
2種類のお酒と3種類のラベルが選べます。※写真は一例です。
■ラベルデザイン
■【固定メッセージ】
  日頃の感謝を込めて
  ありがとう
■【固定メッセージ】
  お父さんいつもありがとう
■【名入れオリジナル】
  世界にひとつだけの
  オリジナルデザイン
  〇〇 の酒  
■大吟醸 容量720ml
■麁玉の里 純米焼酎(原酒) 容量720ml

丹山酒造
お父さんは世界一[ 720ml ] 期間限定(5月〜6月)
斗瓶取り純米大吟醸です。芳醇な香りの中にもこくのある味わいが特徴です。
芳醇な香りとお米の旨味を充分にお楽しみいただける最高級の純米大吟醸です。父の日ご指定のご希望承ります!
精米歩合40%
日本酒度+4
アルコール17〜18%
酸度1.5
価格 [ 720ml ] 5,000円


渚 大吟醸[ 500ml ]

お待たせしました!6月より渚大吟醸の出荷がはじまりました!杜氏の名前の自信作です!!
しっかりとした味のある大吟醸。食中酒としてもおすすめ
精米歩合40%
日本酒度+4
アルコール15%
酸度1.5
価格 [ 500ml ] 3,000円 販売価格(税込): 3,240 円

本田商店
今年で5年連続の金賞受賞となります!!!!!
全国新酒鑑評会の発表がありおかげさまで、龍力は今年も金賞を受賞することができました ありがとうございます
全国新酒鑑評会とは、大手も地酒蔵も関係なく全国規模で開催される、
日本酒業界最大の日本酒コンテストです
全国から出品されたお酒のうち予審を通過したものが“入賞酒”更に、その入賞酒のうち特に優秀と認められたものが“金賞酒”として表彰されます
その為、毎年連続での金賞は至難の技であり蔵人、社員一同にとってこの金賞は本当に励みになります
【美酒美米】美味しいお酒は美味しいお米から
龍力の基本理念を信じとことんお米にこだわる蔵としてみなさまに笑顔で飲んでいただけるお酒をお届けするため今年も邁進いたします
応援よろしくお願いいたします

神戸酒心館
全国新酒鑑評会にて金賞受賞いたしました
平成26酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞いたしました。
若手社員による酒造りに移行して今回で3度目の受賞(通算13回の受賞)。
蔵人にとっては安堵とともに大きな自信につながる受賞となりました。
鑑評会に出品する大吟醸酒は、先日も新聞で掲載された「たらい麹法」と呼ばれる製法で醸したお酒で、年間でもわずかしか造ることのない貴重なお酒。
このようなお酒を醸すことができるのも「福寿」をご愛飲いただいております皆様のおかげと厚く御礼申しあげます。

今西清兵衛商店
春鹿 純米吟醸 超辛口 生原酒
限定品(6月上旬〜)要冷蔵
お酒の発酵は米麹が作り出したお米の糖分を酵母が食べてアルコールに変えていきます。 糖分をたくさん食べると糖分が減り、甘みが少ない=辛口と表現されます。
これまで辛口にするには発酵力の弱い吟醸用の酵母は向かないと言われていましたが、
今年も超辛口の進化を求め、吟醸酵母で挑戦しました。
上品な吟醸香、柔らかな口当たり、キリッとした後味です。
●アルコール:18.0〜18.9
●原 料 米:五百万石
●精米歩合:60%
●日本酒度:+13(予定)
720ml当店特別価格1,620円(税込)
1800ml当店特別価格3,240円(税込)

賀茂泉酒造
夏は梅酒でさわやかに (2015-06-04)
夏は梅酒でさわやかに!
今年は早くから暑い日が続いています。
暑い夏は賀茂泉の純米梅酒で夏バテ防止しましょう。
梅には疲労回復効果や血液サラサラ効果のあるクエン酸が多く含まれています。また、カルシウムの吸収をアップさせる働きもあります。
賀茂泉の純米梅酒は紀州南高梅を純米原酒で漬け込んでいます。焼酎ベースの梅酒より、氷砂糖の使用料が少なくてすみます。甘ったるくなく、さっぱりとした梅酒に仕上がっています。
オンザロックやソーダ割りで爽やかにお飲みいただくのをお勧めします。
720ml 1,836円(税込)

■■■その他■■■

一ノ蔵
未来へつなぐバトン 醸造発酵で子どもたちを救おうプロジェクト5月26日更新
「一ノ蔵 特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン」弊社売上金寄付のお知らせ
この度、「一ノ蔵 特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン」の弊社売上金687万2,502円を、東日本大震災で被災された子どもたちを支援する基金団体「公益社団法人ハタチ基金」様へ、全額寄付することが出来ましたことをご報告申し上げます。
東日本大震災時に0歳だった赤ちゃんが無事に20歳を迎える日まで弊社はこの活動を行って参ります。


橘倉酒造

橘倉酒造 資料室「不重来館」 オープンいたしました。
橘倉酒造史料室「不重来」館 開所ご挨拶
この度、橘倉酒造に係る史料、保有する遺墨等を展示する資料室「不重来」館を開設致しました。橘倉酒造の酒造業としての記録は、江戸時代元禄9年(1696年)村内に酒屋を営んでいた記述があり、享保5年(1720年)には酒株の受渡しをしたという古文書が残っています。創業年の記録は不明ですが、300年以上の歴史を持つ、日本でも古い酒屋の一つです。橘倉300年の歴史を貫く横糸は「地域」であり、縦糸はそこで育まれた「民権」であります。橘倉の酒蔵の中から整理された書類の中からそれが読み取れますし、明治初年自由民権運動で全国遊説した中江兆民が、橘倉で一夜を過ごした時、「民重きを為す(民為重)」の書を遺していきました。橘倉の歴史の中から、日本の経済社会、文化、政治の一端を発信することが出来ればと考えております。
今後とも橘倉酒造に変わらないご好意とご関心、ご関係を頂ければ幸甚でございます。
「不重来」の語源は中国古代の詩人陶淵明(西暦365年〜427年)の古詩からとったものであり、以下が原典の出所です。 
「盛年不重来  せいねん かさねてきたらず  一日難再晨 いちじつ ふたたび あしたなりがたし」は、現在を精一杯生きることの重要性を述べていますが、また、歴史を振返り、検証するとともに正しく将来を展望することの重要性をも含意しています。 今後とも地域と民権をベースに努力を重ね事業の展開を図って参る所存であります。
資料室「不重来」の文字は井出孫六氏に揮毫を頂きました。
       橘倉酒造?:井出亜夫−不重来館館長
当日は佐久市・柳田市長をはじめ80名を越える多くの関係者の皆様にご来場いただき、「不重来」の文字を揮毫いただいた井出孫六氏の講演など、無事開館セレモニーを終了することが出来ました。ご来場いただきました皆々様、ありがとうございました。
今後は月に1回、一般公開の日を設定いたします。
次回公開日は6月27日(土)午後1時30分を予定してございます。
もし観覧をご希望のお客様がいらっしゃれば弊社までご連絡下さいます様お願い申し上げます。
次回一般公開予定日:2015年6月27日(土)午後1時30分
橘倉酒造? 資料室「不重来」 月1回/館長・社長がご説明いたします。
 電話 0267-82-2006 FAX 0267-82-2413
 メール info@kitsukura.co.jp

「江戸切子の店 華硝」 に立ち寄ってきました

 イベントなどでご協力を頂いている伝統工芸の有名ブランド「華硝」(江東区亀戸)の若き女性経営者(取締役)・熊倉千砂都さんを訪ね近況を伺って来ました。

 千砂都さん(=写真)のお話では、最近テレビなどの取材が増えてきて対応に時間を取られ仕事に差し支えるとのことでした。でも視聴者の反応が早いのも特徴で、切子の需要が急増していますと、嬉しい悲鳴を上げておられました。
 そういえば、いぜんお邪魔した折、ショールームに大量に並んでいたぐい飲みタイプンの切子が僅かしかありませんでした。

 でもショールーには、あの2008年洞爺湖サミットで国賓へのお土産として採用されたワイングラス(1脚・8万1.000円 =写真下)の姿を見付けてほっとした次第です。

そのほか下の紋様のグラスも健在でした。

 ところで、有田焼とのコラボで開発されたランプのコーナーを見ていると 「テレビ放映のお知らせ」の張り紙がしてあり、なんと明日4日(木)23時から30分間BSジャパン「夢織人」華硝 さんの工房・店舗・スクールそしてスタッフも紹介されとのことです。是非ご覧ください。 なお、昨日は、BS朝日の番組「大人の社会科見学」でも30分間にわたって取り上げられたそうです。

★ この 華硝 さんが、今月からわがSRN会員の日本酒と江戸切子のコラボ状況を動画でHPに連載して下さるとのことなので期待しております。