一ノ蔵が、丸ビルで試飲・即売会 「Ichinokura Sake Bar」 をオープンしています。

一ノ蔵 (宮城県大崎市) は、毎年、丸ビルで試飲・即売会「Sake Bar」をオープンしていますが、今回は、10月29日から11月2日(日)までの5日間。 場所は、1階ホールのカフェイーズ。 11時〜21時、ラストオーダー20時30分、最終日11時〜20時、ラストオーダー19時30分)

 
 
初日の夕刻、状況視察に行ってきました。 一ノ蔵のスタッフは、マーケティング室の若い永井靖二さんと 中村恵莉奈(えりな) さん。 お二人がアルバイトを指揮しながら頑張っておられますから話かけてあげてください。


お酒は、「特別純米酒 大和伝」、「大吟醸 玄昌」、「ひめぜん」、「すず音」など7種類。 3種類のグラスセット・・・ワンコイン(500円) そして、<つまみ>(2種類) 一品500円です。

今回目についたのは、オリジナルラベルの 「特別純米酒 辛口」 です。 なんでも東京・恵比寿の会社による東北大震災復興支援チャリティとして27人のイラストレーターが作成したとのことです。
 

6時過ぎるとスタンディングバーに試飲の客さんが集まり始め、7時過ぎには満席となりました。 1人でじっくり銘酒を味わっておられる女性の姿もちらほら。

同じフロアーでは、ミニ英国展が行われており、ファッションをテーマとするトークショーに多くの女性を集めていました。

武重本家酒造 ? (長野県 佐久市)の 武重有正 社長が、「FMサルース」 にゲスト出演されました。

10月20日(月)の午後、武重有正 社長 (55歳) が、8月の ?六歌仙・松岡社長に次いでSRN会員4人目のゲストとして、
FNサルースのライブ放送番組 Afternoon SALUS に出演されました

● 武重本家酒造の所在地は、長野県佐久市茂田井。 ここは、旧中仙道の街道沿いにあって旧宿場町の雰囲気を残した静かな里。蔵周辺の風景は風情があり、写生に訪れる人が絶えません。


蔵の建物全体が 国の登録有形文化財


創業の頃の蔵の絵図

◆ まずはたまプラーザ駅構内のサテライト・スタジオ前で記念撮影。
出陣前の侍大将みたいですね。

◆ 放送直前、番組パーソナリティー・藤田みさ さんと会話を交わしながら緊張をほぐす武重さん。

◆ いよいよ放送開始 ………

藤田さん: 蔵のある地域はどのようなところですか。
武重さん: おおまかに言って軽井沢の向こうにありまして標高約700メートル、水がキレイで良いお米が採れる所です。
藤田さん: 蔵の歴史としては何年ぐらいですか。
武重さん: 酒造りを始めたのは江戸の終わりから明治の初め頃ですから、約150年になります。 私は酒造りを始めてから5代目、その前からですと16代目になりますね。

◆ 武重本家酒造という酒蔵を良く理解するための質問が続きます。

藤田さん: 酒蔵としてはどのような特徴があるのでしょうか。
武重さん: 地元の人たちに喜んで飲んでもらえるように昔ながらの製法で丁寧にお酒を造っております。 加えて近年においてはこれからご紹介するような新しいお酒にも挑戦しております。
造りの特徴は、きもと造り にあります。 コストのかかる製法ですが、お酒の6割以上がこのきもと系です。

藤田さん: 今日は色々なお酒をお持ち頂いたようですが、最初はどのお酒から・・・・。

 
 本日のお酒

武重さん: 先ずアルコール度数4%の発泡酒 「泡泉花」を味わって頂きましょう。


 泡泉花

藤田さん: 美味しい!! 軽くてほどよく甘いお酒ですねえ。 お米の甘さが際立ちます。優しく口の中ではじける・・・・柔らかく甘めのスパークリング酒・・・・ホームパーティーでの乾杯酒向きですね。

武重さん: 続いてもう一つのタイプの低アルコール酒をご紹介しましょう。 「十二六」・・・どぶろくです。 そこで10月26日を「十二六の日」(記念日登録済み)としています。

藤田さん: まあ濃厚なお酒! 酵母が生きている状態ですね。
武重さん: ええ。そのためにキャップに穴をあけてガスを逃がすように工夫しています。10月〜3月までの期間限定で、予約販売となっています。

藤田さん: 初めてのどぶろく・・・・美味しい!! 軽いですね! これまでどぶろくについては、アルコール度数が高く酔っ払うというイメージを持っておりました。 これは軽くて体に良さそう。 何度ですか。
武重さん: 5度です。

藤田さん: このとろみが良い。気泡が溢れてきました・・・・・生きたままのお酒ですよー

                       (ここで休憩)

藤田さん: 引き続きよろしくお願いします。 3番目のお酒は? 19度?・・・・ なんと4度から19度まで振り切りましたね。

武重さん: 「蔵内熟成の生酒」、加熱処理をしない生酒を半年間蔵の中で熟成させたお酒です。

藤田さん: うわー !!  最初口当たりがまろやかで甘いけれどまた戻ってきますね.。 すでにほろ酔いきぶんですよー、なんだか楽しくなる !! 「もう一度会いたいあの人に」 というお酒です。 
ベーシックな土台があってこその遊び心、武重社長さんの懐の深さ を感じます。
本日は、有難うございました。

● これにて出演は無事終了。 ほっとした面持ちの武重さん。


 

● 出演を振り返って、武重さんは、「藤田さんは利き酒師だけあって表現力が豊かですねえ」 と感嘆しておられました。

● 以上のお酒にご関心のある方は、下記にご連絡ください。サイトでもご案内しています。
         ?  0267−53−3025
         Fax 0267−53−5253

.

武重本家酒造 ? (長野県 佐久市)の 武重有正 社長が、「 FMサルース」 にゲスト出演されます

8月の?六歌仙・松岡社長に続いて、武重本家酒造・武重社長 が、来週20日(月)午後、FMサル―スの番組「Salus Cafe」に出演されます。

この酒蔵の特徴は、
まず、場所は長野県の東部、旧中山道の街道沿いに位置しています。

創業は、江戸末期から明治の初めころ。

 「武重社長宅と武重本家酒造」の30棟が、国の登録有形文化財 となっています。
文化財の中でお酒が造られているのです。

 正面に酒仙の歌人としてその名も高い若山牧水がこの地で「御園竹」を詠み込んだ有名な和歌の石碑があります。
        よき酒とひとのいふなる御園竹
          われもけふ飲みつよしと思へり

 他の酒蔵があまり手掛けていない低アルコールどぶろくの開発に力を入れていることです。
商品名は、「十二六」

◎ 社長・武重有正さんのトレードマークは、髭。一見強面のように見えるかもしれませんが、どうしてどうしてソフトで優しいジェントルマンです。

◎ 出演日は、10月20日(月)
インタビューの時間帯は、15時15分〜15時35分頃

◎ 当日放送で紹介されるお酒は、次の3銘柄です

番組パーソナリティー・藤田みささんが、これらのお酒を味わって
 どのようなコメントをされるでしょうか。 楽しみです。

  ? 十二六甘酸泡楽 (どぶろくかんさんほうらく: 略して「どぶろく」)
      *アルコール5%の活性どぶろくです。
      *甘くて酸っぱくて泡がプチプチ

  ? 泡泉花(ほうせんか) アルコール4%の瓶内二次発酵・発泡酒
      *やわらか甘めのスパークリング

  ? 御園竹蔵内生熟成
      *アルコール19%の原酒。
      *生酒を半年間常温で熟成させたお酒
      *さらに熟成させると美味しくなるかも。凍らせるのも楽しい。

蔵元情報 10月(2014)

■■■イベント■■■
◇一ノ蔵
松山酒ミュージアム企画展のお知らせ 10月3日更新
この度、松山酒ミュージアム1階・2階企画室において、型にはまらない型絵染め師「熊谷友美恵」型絵染め展を開催する運びとなりました。
大崎市古川在住の熊谷先生は、宮城県内外で個展を始め、数々の絵画展へも精力的に出展され、栃木芸術祭文部科学大臣賞を受賞される等、その作風から型にはまらない「型絵染め師」として精力的にご活躍されております。
今回は大作を始めとして約30点を展示しています。
本社蔵の蔵見学と併せて、是非、松山酒ミュージアムへ足をお運びください。
松山酒ミュージアム企画展
〇企画名   熊谷友美恵 型絵染め展
〇開催期間 10月4日(土)〜10月28日(火)
〇開館時間 午前9時30分〜午後5時(最終入館は午後4時30分)
尚、最終日はお昼12時までの展示とさせていただきます。
〇休館日   毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌日がお休みとなります)
〇入館料   大人300円 高校生以下小学生まで150円
〇お問合わせ 松山酒ミュージアム 
電話0229-55-2700(連絡時間は午前9時〜午後5時まで)

日本酒天国2014東京大試飲会開催のお知らせ 10月4日更新
来る10月17日、新宿・京王プラザホテルにて、弊社が加盟している日本名門酒会主催のイベント「日本酒天国2014東京大試飲会」が開催されます。
当日は、弊社を始め日本名門酒会に加盟する54社の清酒、地ビール、ワインおよそ300種類をお楽しみいただけます。
蔵元との会話を楽しみながら、日本各地の個性豊かなお酒をどうぞご堪能ください。
只今、チケット申し込み中です。お申し込みは「e+(イープラス)」にてお願い致します。尚、弊社にてお申込み及びお問合わせは出来かねます。恐れ入りますが、日本名門酒会(電話03-3663-0330)にまでご連絡ください。
<催事名>
日本酒天国2014東京大試飲会
<日 時>
平成26年10月17日(金)
第1部 15:00開始 開宴時間 15:00〜17:00
第2部 18:30開始  開宴時間 18:30〜20:30
<会 場>
京王プラザホテル5F コンコードボールルーム
東京都新宿区西新宿2-2-1
<定 員>
各回とも1000名様
※完全予約制となります。当日の受付は行っておりません。
<会 費>
お一人様5,000円(消費税込、特製折詰め付) 
<チケットご購入方法について>
チケット販売サイト「e+(イープラス)」にて事前にご購入ください。
お申込み期日は10月13日(月)までです。
http://www.ichinokura.co.jp/_userdata/file/daishiinkai.pdf

◇花の舞酒造
酒蔵開放 新酒味見会
・開催時期 開催日:2014年10月26日(日) 時間:10:00〜15:00
・純米しぼりたて生原酒アルコール度数18.5%
・新酒味見会では、お酒の仕込みにつかう仕込み水の他に、新酒を絞ったときにでる酒粕を利用して作った甘酒もふるまいます。
こちらの甘酒は甘さ控えめで新酒の香りが楽しめます。
・蔵開放で飲んで頂いたお酒は、売店でお土産用として販売もしていますので、
是非ご利用下さい。
・昨年も約8000人の来場者があり、振る舞ったお酒は約
1800リットル(一升瓶1000本分!!)。
毎年、新酒の出来栄えは違います。今年の花の舞酒造の出来栄えはどうでしょうか。
是非 当日新酒味見会に来て頂き、お試しください。皆様の来場をお待ちしております。
蔵開きに関しての注意点(By 花の舞酒造 土田一仁)
昨年は約8000人もの方々に来て頂き、感謝の一言につきます。毎年恒例の新酒味見会が地域の町おこしのイベントになってくれていればと思います。
*純米しぼりたて生原酒はアルコール度数18.5%と高いです。飲みすぎに注意。当日は仕込み水も配っていますので、お水もしっかりと飲んで下さい。
*当日会場は大変込み合いますので、公共機関をご利用の上おこしください。
*会場内では禁煙となります。
・浜北駅から本社までのバス(花の舞手配)送迎に関しまして
*遠州鉄道浜北駅「なゆた浜北」と開催会場近くの「JAとぴあ麁玉店」の臨時駐車場に無料のシャトルバスを運行させますので、ご利用ください。(運行時間は、始発9:00「なゆた浜北駅」発 最終16:00「JAとぴあ麁玉店」発の時間帯を行き来します)。

毎年人気の新酒味見会 IN 沼津の開催が決定致しました。
第4回「花の舞新酒味見会」 平成26年11月13日(木) ホテル沼津キャッスル
http://www.hananomai.co.jp/information/548.html
お申し込みは、イープラスまたは本申込書に記入のうえ、FAXにて受付させて頂きます。
しぼりたての新酒の味わいを是非お楽しみ下さい。
ご参加お待ち申し上げております。

毎年人気の新酒味見会 IN 静岡の開催が決定致しました。
第5回「花の舞新酒味見会」 平成26年11月21日(金)浮月楼
http://www.hananomai.co.jp/information/549.html
お申し込みは、イープラスまたは本申込書に記入のうえ、FAXにて受付させて頂きます。
しぼりたての新酒の味わいを是非お楽しみ下さい。
ご参加お待ち申し上げております。

◇富久錦
「播州酒食文化懇話会」 秋のイベント
平成26年秋熟成 播州の酒 それは米、水、蔵、技、郷、人の綾
富久錦では、約8年ぶりに参加いたします。
播州の酒蔵が醸した秋あがりの熟成酒と播州ならではの食を楽しめる
今年で30年目を迎えた歴史あるイベントです。
平成26年10月29日(水)に、姫路のホテル日航で開催されます。
当蔵からは、社長の稲岡と杜氏の村崎が参加予定しております。
参加ご希望の方は、エントリーを受付中です。ぜひご来場ください。
人気のイベントのため売り切れが予想されます。お早めにお申込みくださいませ。
下記までご連絡をお願いします。
■ご予約・お問い合わせは、ふく蔵まで。 0790-48-2005

◇神戸酒心館
(2014.10.26)稲刈り体験&BBQイベントのお知らせ
2014年10月26日(日)に福寿米のふるさと大沢にて稲刈り体験&BBQイベントを開催します!
出張「福寿を楽しむ会」を福寿酒米のふるさと大沢で開催します。
山田錦の稲刈り体験してもらった後の懇親会は
JR灘駅北側の「たまいち」さんと中央区役所北側の
「うまい寿司あおやま」さんのバーベキュー!
神戸の地酒「福寿」になるお米とお酒で楽しい一日を過ごしましょう。
誠に勝手ながら、20才以上の学生様限定とさせていただいております。
http://blog.shushinkan.co.jp/2014/10/20141026bbq.html

蔵開き情報:新酒を楽しんでください!
蔵開きではしぼりたての新酒を味わっていただきます。
できたばかりの味わいは、心躍らせる躍動感があります。
熟成酒とは異なる魅力ですね。
まつり気分を盛り上げてくれることでしょう。
いよいよあとひと月。
福寿「蔵開き」の催しは11月1日(土)と2日(日)に迫りました!今年の新酒まつりも楽しさ・美味しさいっぱいにして皆様のお越しをお待ちいたします。
ぜひお出かけください!

第15回 福寿を楽しむ会(東京)を開催いたします
この度、東京におきまして「第15回 東京福寿を楽しむ会」を開催する運びとなりました。
15回目を迎える今回は、ひと夏を涼しい蔵で過ごし、じっくりと熟成させた「ひやおろし 純米」や「秋晴れ 生もと純米」を中心に秋ならではの旬菜料理とともにお楽しみいただきます。
定番となりました純米吟醸をはじめ、個性あふれるラインナップで皆様のご参加を
心よりお待ちしております。
【第15回 東京福寿を楽しむ会】 ★2日間の開催を予定しております
日 時:平成26年11月5日(水)・11月6日(木)各日とも19時〜
会 場:韻松亭(いんしょうてい・上野公園内)<東京都台東区上野公園4-59> 
料 金:7,000円(料理・酒含む)
●お問い合わせ
神戸酒心館 事業部 (078-841-1121)
    または、メール info@shushinkan.co.jpにてどうぞ。

◇賀茂泉酒造
酒まつり蔵内コンサート (2014-10-01)
今年も賀茂泉の蔵内で酒まつりの両日、コンサートを行います。
今年のコンサートは高橋陽子さんの沖縄・アイルランド民謡コンサートです。
酒まつり開催11・12日の両日13時より2回の公演です。
うた、ライアー、三線で紡ぐ癒しの音をお楽しみください。
入場料:1500円(当日会場で販売)
開場:12:30 公演:13:00

■■■試飲会■■■
◇一ノ蔵
■宮城県内■
(仙台市) 10月11日〜10月12日…ホテル佐勘売店前 仙台秋保温泉
(南三陸町)10月26日……………南三陸福興市 
■宮城県外■
(東京)  10月16日〜10月22日…東急百貨店東横店 地下1階酒売場
(神奈川) 10月23日〜10月29日…京急百貨店上大岡店 地下1階酒売場
■海外■
(マレーシア クアラルンプール) 10月24日〜10月26日…KLCC伊勢丹
ひやおろしフェア
未成年者への試飲及び販売、並びにドライバーへのお酒の試飲提供はできません。
予めご了承ください。

◇一本義久保本店
10月10日(金)〜10月12日(日)「東急百貨店 吉祥寺店」 地下1階 和洋酒売場
10月22日(水)〜10月28日(火) 「大丸東京店」 地下1階 和洋酒売場
10月30日(木)〜11月5日(水) 「東急百貨店 東横店」 地下1階 和洋酒売場
上記の日程で「一本義」「伝心」の試飲販売会を開催いたします。
新商品や季節限定の商品などを多数揃え、皆様のご来場をお待ちしております。

◇神戸酒心館
関西・関東で行われる福寿の試飲宣伝販売をお知らせいたします。
どうぞこの機会に、福寿の味わいをお楽しみ下さい。
【関西】
・千里阪急 10月 1日(水)〜 10月 7日(火)
・心斎橋大丸 10月 8日(水)〜 10月 14日(火)
・関西空港 10月 10日(金)〜 10月 13日(月)
 ・西宮阪急 10月 22日(水)〜 10月 28日(火)
【関東】
・横浜そごう 9月 30日(火)〜 10月 6日(月)
・マルイ志木 10月 24日(金)〜 10月 26日(日)

◇今西清兵衛商店
以下の日程で「試飲販売会」を行います。試飲をして、お好みのお酒を
お買い求め頂けます。お近くにお越しの際は、是非、お立ち寄り下さい。
日時/平成26年10月8日  〜 10月14日  高島屋 京都店(京都府)
日時/平成26年10月8日  〜 10月14日  大丸 東京店(東京都)

■■■製品情報■■■
◇酔仙酒造
「雪っこ」180ml缶 オンラインストアで販売開始のお知らせ (10/1更新)
弊社オンラインストアにて「雪っこ」180ml缶の販売を開始しました。
■追加ラインナップ
– 活性原酒「雪っこ」180ml 10本セット:¥2,660(税別)
– 活性原酒「雪っこ」180ml 15本セット:¥3,990(税別)
– 活性原酒「雪っこ」180ml 30本セット:¥7,980(税別)
10月10日頃よりその他の容量の商品につきましても順次発売を予定しております。
「活性原酒・雪っこ」 冬期限定の白いお酒。とろりとした口当たりの白い活性原酒です
(活性原酒とは酵母や酵素が生きたままの原酒です)。
冬期限定酒で毎年10月から4月までの発売になります。
アルコール度数20度以上21度未満
容量/希望小売価格 180ml・287円(税込) 300ml・473円(税込) 720ml・1,157円(税込) 900ml・1,210円(税込) 1800ml・2,311円(税込)
【精米歩合】70%
【使用米】岩手県産米
【使用酵母】協会9号
【日本酒度】-13.0
【酸度】1.3
【特徴】甘口

◇一ノ蔵
ふゆみずたんぼ 冬期湛水米仕込『一ノ蔵 特別純米原酒 ふゆみずたんぼ』
あちらこちらで秋桜が咲き乱れ、新米の収穫も始まる秋に、お楽しみ頂きたいオススメのお酒、『一ノ蔵 特別純米原酒 ふゆみずたんぼ』が発売を迎えました。
ふゆみずたんぼとは、収穫後、次の田植え前まで水を張る水田のことを指します。冬に水を張ると、土壌温度は、水を張らない時と比べて、2〜3℃程度高くなります。すると、土壌中の菌類やイトミミズなどの様々な生物が活発に活動するようになります。これにより、土は微粒子となり、トロトロした土の層(トロトロ層)が20cm程度形成されます。
このトロトロ層は、雑草の種を光の届かないところにまで沈ませ、田植えの時期には、発芽しにくくする効果があります。また冬に水を張ると、渡り鳥がねぐらとして羽根を休めたり、日中はえさを取りに訪れるようになります。その時、渡り鳥が天然の肥料(鳥のフン)をもたらせ豊かな水田が形成されます。渡り鳥だけでなく土中の生物達も多く生息し、そこに生物のオアシスが誕生します。
本品の原料米には、ラムサール条約(湿原の保存に関する国際条約)登録湿地に水田として世界で初めて登録された蕪栗沼(かぶくりぬま)・周辺水田に位置する宮城県大崎市田尻・伸萠(しんぽう)地区で収穫された有機米ササニシキを100%使用し、お米の良さを知っていただきたく、原酒で瓶詰めしています。
原酒でありながらもアルコールの強さを感じさせない優しい口当たりと、春先に搾ったお酒を冷涼なところで、ひと夏越させたことによる適度な熟成感を併せ持った香味は、料理の味わいを損ねることのない、秋を楽しむのにふさわしい酒質に仕上がっています。
秋が深まるこの季節、きのこ鍋などを酒の肴に、常温やぬるめのお燗で、どうぞお楽しみください。
◆精米歩合:55%
◆アルコール分:17度
◆日本酒度:±0〜+2
◆1.8リットル:3,143円+税 
◆720ミリリットル:1,524円+税
※ 有機米「ササニシキ」100%使用

◇奥の松酒造
限定商品のご案内[奥の松 甘口純米 720ml]
この度限定品として『甘口純米』を10月20日に発売させていただくことになりました。
甘口純米はリンゴや洋ナシのようなフルーティな香りと深みのある味わいが特徴。
撫子の花から分離された天然の花酵母で仕込んだお酒。
ラベルもかわいいピンク色で、女性の方に特におすすめ(*’ω’*)♬
720ml 1,260円

なつはぜふるーてぃ
奥の松 リキュール/なつはぜふるーてぃ
“なつはぜ”とは別名「和製ブルーベリー」とも呼ばれ、日本全国の山地・丘陵地に自生しており色は黒褐色で栄養価が高く、ブルーベリーに似た果実です。
ポリフェノールがブルーベリーの約4倍も多く含まれ、アントシアニンやクロロゲン酸、クエン酸やキナ酸などの有機酸も多く含まれています。
この高栄養の“なつはぜ”の果汁に奥の松「特別純米酒」を絶妙にブレンドし、さっぱりとしたなつはぜ本来の甘酸っぱさと程よい甘さでなめらかで深い味わいを醸します。
アルコール分/6%
原材料/なつはぜ果汁(国産)、原料用アルコール、清酒(特別純米)、果糖、
酸化防止剤(ビタミンC)、クエン酸
甘酸っぱい酸味が特徴
なつはぜ果汁と奥の松特別純米をほどよくブレンドした甘酸っぱさが絶妙なリキュール。 容量/500ml 1,296円(税込)

◇一本義久保本店
一本義 純米酒 ひやおろし
秋から冬の間に搾られた新酒は、芽吹きの春、酷暑の夏を貯蔵タンクの中で眠るように過ごします。
そして、まろやかさと旨みを増した次の秋に至り、酒は飲み頃を迎えます。
この時、古来より酒通たちが待ち焦がれた秋の風物酒「ひやおろし」が出荷を迎えます。
通常ならば施す瓶詰め前の熱処理をしないで(冷やで)出荷する(卸す)から「ひやおろし」と呼ばれ、蔵の貯蔵状態そのままの味わいをお楽しみいただくお酒です。
秋の夜長に旬の酒、おいしい季節の到来です。
■純米酒(生詰酒)
■アルコール度数 17〜18%
■原料米 五百万石・越の雫・福井県産米
■精米歩合 70%
720ml 1,440円価格は希望小売価格(税込)

インターナショナル・サケ・チャレンジ2014 
トロフィー・金賞受賞のお知らせ 2014/09/17
国際市場における日本酒に対する理解および認識を向上させ、流通と販売を促進することを目的とした本格的な国際的日本酒コンテスト、
第8回インターナショナル・サケ・チャレンジにおいて、
「伝心 First Class 純米大吟醸」がトロフィー(金賞受賞中の第1位)、
「大吟醸熟成酒 一朋」が金賞を受賞いたしました。

◇橘倉酒造
菊秀 純米吟醸 無尽蔵 ひやおろし 720ml
厳冬に仕込まれ、春先に搾られた新酒は、火入れ(加熱処理)の後、夏の間は酒蔵の中でひっそりと熟成の時を過ごしていました。秋の訪れとともに程よく熟成した純米吟醸を生詰した橘倉の『無尽蔵ひやおろし』はふくよかさと上品さが際立つ逸品です。
◎冷やしてお召し上がり下さい
菊秀 純米吟醸 無尽蔵 ひやおろし 720ml .販売価格: 1,620円(税込)

きつくらスイーツ 『日本酒の生チョコ』
地元の人気洋菓子専門店「ピータース」ときつくらが共同開発したスイーツ。
日本酒の生チョコ。きつくらのしぼりたて生酒「華酒」を たっぷり練りこんで仕上げた本格派の 生チョコレート。お口の中でとろけます。
販売価格: 1,200円(税込)

◇武重本家酒造
どぶろく「十二六 甘酸泡楽(じゅうにろく かんさんほうらく)」
毎年冬の期間に数量限定で予約醸造・発売しているどぶろく「十二六」を今年も10月から第11シーズン(2014年秋〜2015年春)発売開始いたします。
米の甘みが十分に残り、きりりとした酸味、舌の上で弾ける炭酸ガスの泡も加わって、
口の中いっぱいに楽しさがひろがるお酒です。
10月26日は「どぶろくの日」
9月の中旬から新米の刈り取りが始まり、乾燥、脱穀、精米を順々に行って、どぶろくを仕込むと、10月下旬にどぶろくが出来上がります。商品名「十二六」にちなみ、10月26日を「どぶろくの日」として、その前後の金曜日を十二六の最初の発売日としています。
原材料名 米・米こうじ 精米歩合70%
出荷時成分 アルコール分6%、日本酒度-100前後、酸度3〜5
賞味期限 製造日より20日
保管上の注意 要冷蔵(5℃以下)

◇丹山酒造
冷やおろし[ 720ml ]
ひやおろしとは、寒仕込みの新酒を一度火入れした後酒蔵でひと夏寝かします。熟成することによって深みのある味わいをお楽しみいただけます。
種別 純米吟醸
原料米 山田錦
精米歩合60%
日本酒度 +4
アルコール 15%
酸度 1.5
価格[ 720ml ]2,625円

◇富久錦
純米 芳醇
2年間熟成させた、まろやかなコクと旨み
燗酒に最適な「純米 芳醇」が好評発売中です。ぬる燗でどうぞ。
酒蔵の中で2年間熟成させた純米酒です。
炭素濾過をせず、原酒の旨みをそのまま瓶詰めしました。
ぬるめの燗でさらにまろやかに。
原料米 : 加西市産キヌヒカリ
精米歩合 : 70% 
アルコール分 : 15度以上16度未満
1800ml 2,286円(税別) / 720ml 1,143円(税別)

◇神戸酒心館
「秋晴れ」発売中です!
夏を越して秋を迎えると、新種の味わいがまろやかにすっきりとした味わいになります。
蔵の中ではこのような熟成をしたお酒を「秋晴れする酒」、「秋上がりの酒」と表現します。
福寿蔵で熟成した純米酒が、秋晴れした辛口の味わいに整いました。
冷酒でもぬる燗でもおいしく楽しめる辛口の味わい。ぜひ料理に合わせてお楽しみください。
秋晴れは神戸酒心館東明蔵(販売店舗)およびeShop酒心館にて、500本限定の暦酒でございます。
純米 秋晴れ  720ml・・・1,728円(税込)

◇酒井酒造
にごり酒 原酒
冬の風物詩にごり酒は、その甘さと白濁色の中に郷愁を感じさせる。
【販売期間】10月1日〜3月31日
毎酒造年度の仕込み順号1番は「五橋 にごり酒」。
秋の訪れとともになぜか恋しくなるのが「にごり酒」なのです。
10月1日の日本酒の日に合わせて発売を開始いたします。
日本酒のルーツ「どぶろく」を連想させる白濁色に、杯が止まりません。
・アルコール度数 18%〜19%
・精米歩合70%
容量・価格 720ml : 1,050円+税

トラタンひやおろし
上品で控えめな香りの中の柔らかで軽快な口当たりをやや高めの酸味が引き締める。
夏を越し、調熟した旨みをひやおろしでお届けします。
【販売期間】9月9日〜11月30日
トラタン村での契約栽培の山田錦の中で等級がつかなかった、いわゆる規格外米のみで醸す純米造りの清酒(酒税法上では普通酒に該当)。取らぬ狸の皮算用を旗印に活動するトラタン村民がまさに皮算用しながら作った山田錦(規格外米)が原料米ですから、これこそトラタン村の真骨頂なのであります。必飲の価値のある清酒でございます。
・アルコール度数 15%〜16%
・精米歩合70%
容量・価格  1.8L :2,100円+税 720ml : 1,050円+税

■■■その他■■■
◇神戸酒心館
おとな旅・神戸のご案内
キャッチフレーズは『お約束は、ワンランク上の”まち感覚”です。』
神戸には、六甲山や瀬戸内海の豊かな自然、美しい景観を有する港、異国情緒あふれる街並、日本最古の温泉である有馬温泉、灘の酒蔵など、魅力的な観光資源が豊富にあります。 また、「みなとまち」としての歴史や恵まれた地形風土を背景に、「スイーツやパンなどの食文化」、「おしゃれなファッション」など、神戸ならではのライフスタイルが育まれています。
 2013年度秋冬、2014年度春夏と2度開催し、大好評の「おとな旅・神戸」の2014年度秋冬プログラムを2014年11月〜2015年3月が開催されます。なお、今回は、開催期間を前期(2014年11月〜2015年1月)と後期(2015年2〜3月)の2タームに分け、ターム別に申込受付を実施します。「おとな旅・神戸」では「神戸らしさ」を存分に堪能できる「特別感」のある街歩きや体験といったプログラムを用意し、参加者の皆様に、「神戸ならではの ?特別な時間?」をお楽しみ頂きます。
神戸市内全域で88ものプログラムが用意されており、神戸酒心館も下記のプログラムで参加させていただきます。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。
 『淡路三年ふぐと灘酒を楽しむ、極上グルメ』
 ・開催日 12月11日(木) 2月6日(金)
 ・開催時間 18:30〜21:00
▼お申込み・詳細はこちらへ▼
http://kobe-otona.jp/detail/2014aw/40.html