「第35回東京一ノ蔵を楽しむ会」が開催されます

11月13日、14日に「第35回東京一ノ蔵を楽しむ会」が開催されます。
一ノ蔵の酒を囲み、蔵元と消費者の方の懇親を深める立食パーティーです。

会場:ホテル椿山荘東京 プラザ5F オリオン
時間: ?11月13日 19:00〜21:00
    ?11月14日 14:00〜16:00
    ?11月14日 19:00〜21:00
 ※今年は2日間、3回の開催となります
定員:各回とも先着900名 ※完全予約制 当日の受付は行っておりません
会費:お一人様5000円
申し込み方法:以下のサイトより事前にチケットをご購入ください
e+(イープラス)ホームページ http://eplus.jp/
※チケット販売期間 10/1(火)11:00〜11/6(水)18:00


水と緑に恵まれた一ノ蔵の本社(宮城県大崎市)


昨年も椿山荘大ホールは大勢の参加者で賑わいました

一ノ蔵ホームページ「第35回東京一ノ蔵を楽しむ会」
http://www.ichinokura.co.jp/ichirakukaitokyo.html

蔵元情報9月(2013)

■■■イベント■■■
◇桜顔酒造
第13回『世界南部杜氏サミット』
毎年恒例となっております岩手県酒造組合主催の大イベント
「世界南部杜氏サミット」が、9/21(土)・9/28(土)の2日間開催されます。
「岩手の清酒を存分に楽しんでいただこう」をモットーとし始まったこの会ですが
今年で早くも13回目を迎えました。
9/21(土)は、<唎酒道岩手県大会>、
9/28(土)は、各蔵元の自慢のお酒が堪能できる<日本酒夜学>が執り行われます。
もちろん、桜顔酒造も秘蔵のお酒と季節の料理をご用意して皆様のお越しをお待ちしております。
ぜひ、南部杜氏を囲んで日本酒の魅力について語り合いましょう!
詳しくは、下記サイトより
http://www.ginga.or.jp/~syuzou/news/index5.html

◇一ノ蔵
第35回東京一ノ蔵を楽しむ会 開催のお知らせ
年に1度、宮城の地の酒「一ノ蔵」を飲みながら語り合うこの会を、
今年は下記の日程で開催いたします。
当日は、蔵元から持ち込みました多様な味わいの一ノ蔵商品の数々を、
酒の肴と共にお楽しみいただきます。
また、役員や杜氏、蔵人が会場にお邪魔し、蔵元の近況や仕込みの模様、
お酒についてもお話いたします。
会の途中にはお楽しみ抽選会もございます。
どうぞお酒のお好きな方々とお誘いあわせてお越しいただきますよう
ご案内申し上げます。
・催事名/第35回 東京一ノ蔵を楽しむ会
・日 時/今年は2日間で3回の開催となります。
      【1】平成25年11月13日(水)19:00〜21:00
      【2】平成25年11月14日(木)14:00〜16:00
      【3】平成25年11月14日(木)19:00〜21:00
・会 場/ホテル椿山荘東京(プラザ5F オリオン)
・定 員/各回とも900名様
・会 費/お一人様5,000円(立食式)
・お申し込み方法/チケット販売サイト「eチケット」にて事前にチケットを
ご購入下さい。
・お問合せ/株式会社 一ノ蔵 管理課まで 電話 0229-55-3322

第33回名古屋一ノ蔵を楽しむ会 開催のお知らせ
年に1度、宮城の地の酒「一ノ蔵」を飲みながら語り合うこの会を、
今年は下記の日程で開催いたします。
当日は、蔵元から持ち込みました多様な味わいの
一ノ蔵商品の数々を、酒の肴と共にお楽しみいただきます。
また、役員や杜氏、蔵人が会場にお邪魔し、蔵元の近況や仕込みの模様、
お酒についてもお話いたします。
会の途中にはお楽しみ抽選会もございます。
どうぞお酒のお好きな方々とお誘いあわせてお越しいただきますよう
ご案内申し上げます。
・催事名/第33回 名古屋一ノ蔵を楽しむ会
・日 時/平成25年10月17日(木)18:30〜20:30
・会 場/名古屋観光ホテル(3F 那古の間)
・定 員/700名様
・会 費/お一人様5,000円(立食式)
・お申し込み方法/チケット販売サイト「eチケット」にて事前にチケットをご購入下さい。
お問合せ/株式会社 一ノ蔵 管理課まで 電話 0229-55-3322

宮城の酒コン開催のお知らせ
宮城の純米酒で宮城県酒造組合よりお知らせです。
来る9月26日東京白金台にある八芳園さんにおいて、
「宮城の酒コン」を開催いたします。
宮城の純米酒をご堪能いただきながら
宮城の二十五蔵が総力を結集してみなさまの「出会い」を応援します。
日本酒の新しい楽しみ方を知りながら、
美味しい物を味わいながら素晴らしい「出会い」にお出かけ下さい。
●催事名 宮城の酒コン
●開催日時 平成25年9月26日(木)午後7時〜9時
●開催場所 八芳園 (東京都港区白金台1-1-1)
●参加費  5,000円
●申し込みに関する情報 宮城県酒造組合HPをご覧ください。

◇六歌仙
花の宴 in 東京
花酵母で酒を醸す蔵元が終結。
店頭では売っていない、貴重なお酒を出品します。
奥の松の杜氏、殿川慶一が参加します。
◇日程
期日:9月13日(金)
時間:19:00〜21:00 (受付開始18:30)
会場:京王プラザホテル
チケット:前売り券 5,000円
出品リスト
・なでしこ酵母から生まれたお酒
・旨辛原酒
・純米大吟醸

◇本田商店
日本酒とグルメの祭典「山田錦乾杯まつり」
酒米の王様『山田錦』が生まれた地、
兵庫県加東市にて日本酒とグルメの祭典♪
山田錦の中でも最上級の品質を誇るのが
兵庫県加東市をはじめとする『特A地区産 山田錦』です。
龍力が使用する多くの山田錦も加東市特A地区のものです。
日本酒乾杯条例を制定した山田錦の里、加東市にて
『山田錦乾杯まつり』
ご当地グルメも出店されますので、ご家族そろって楽しめそうですね!
◎日時:9月15日(日)
    10:00-16:00
◎場所:滝野にぎわいプラザ
    兵庫県加東市河高4028
◎主催:加東市名月名曲名酒の会実行委員会
◎お問い合わせ:0795-47-1304
http://www.city.kato.lg.jp/free/yamadanishiki_kanpai2013.html

◇神戸酒心館
「福寿 蔵開き」開催のお知らせ
お待たせいたしました!
2013年蔵開きの開催日程が決定いたしましたのでお知らせいたします。
今年も恒例の鏡開きや振る舞い酒(各日共先着100名様)をはじめ
新酒がぐっと引き立つ屋台料理に楽しいパフォーマンスなど内容はもりだくさん!
しぼりたての新酒を祝う、年に一度のお祭りに皆様ふるってご参加ください。
■福寿 蔵開き
日時:2013年11月23日(土・祝)〜24日(日) 10時〜16時
会場:神戸酒心館 長屋門広場 ※入場無料

第3回 煌めきのデュオコンサート
「第3回〜煌めきのデュオコンサート〜」
〜心ふるわす珠玉のメロディーに酔いしれて〜
【日時】2013年9月29日(日)開演 15:00 開場 14:30
【料金】前売り 3000円 (全席自由・利き酒付き)当日  3300円
【出演】ソプラノ  長谷川眞弓  (Soprano  Mayumi Hasegawa)
ギター   杉浦知美   (Guiter   Tomomi Sugiura)
【会場】神戸酒心館ホール
【主催】神戸酒心館
【お申し込み方法】
Tel  078-841-1121 までお電話下さい。
もしくは、お名前・ご住所・お電話番号・イベント名・チケット枚数を明記の上、
e-mailにてinfo@shushinkan.co.jp へご連絡下さい。

◇今西清兵衛商店
春鹿 酒蔵まつり2013 準備は順調に進行中!!
日時:平成24年9月15日(日)
10:00 OPEN / 16:00 CLOSE
場所:清酒「春鹿」醸造元  株式会社 今西清兵衛商店
   奈良市福智院町24−1  電話 0742 (23) 2255
※近鉄奈良駅より徒歩約15分。駐車場スペースはございません。
車でのご来場はご遠慮願います。
入場料  : 無 料
≪内容(予定)≫
      ・酒蔵まつり2013 限定酒 発売!
      ※毎年好評!酒蔵まつり限定酒。今年の酒質は・・・。まだ秘密。
      限定酒の無料試飲!酒蔵まつり2013限定酒は、当日、
      蔵元内でしかお買い求め頂けません。
      ・酒蔵工場見学会
      ※酒造り中ではありませんが「酒造りの現場」を見て頂けます。
      ・キッズスペース
      ※お子様連れでも楽しめる!お酒の飲めないお子様でも楽しめる!
      ・チャリティースペース(募金活動)
      ※当日、日本ユニセフ協会奈良県支部の方々も出店。
       酒蔵まつりでの収益の一部は、日本ユニセフ協会様へ寄付致します。
      ・飲食スペース(有料)
      ※地元の飲食店さんが出店・お手伝いに来てくれます。
      ・その他、イベント盛りだくさん!!
        是 非 ! お 越 し 下 さ い ! !

◇嘉美心酒造
「酒まつり」開催
10月12日、13日広島県JR西条駅周辺で開催されるのご案内です
毎年出品している酒まつりへ今年も嘉美心は出品致します
前売りチケットは8月19日より発売中です。(前売り1,500円/当日2,000円)
今年もイベントが盛り沢山のようですので、出かけてみてはいかがでしょうか

◇賀茂泉
2013年酒まつりのご案内 (2013-09-04)
今年も10月12(土)・13日(日)に西条酒まつりが
JR西条駅周辺(酒蔵通り)にて開催されます。
賀茂泉ではこの日だけの限定酒やお酒のスゥィーツ・蔵元グッズの販売、
西条名物美酒鍋、高橋名人の絶品蕎麦打ち、
大人気の竹酒、酒蔵コンサートなどたくさんのイベントをご用意して、
みなさまのお越しをお待ちしております。
※駐車場のご用意はございません。公共交通機関をご利用の上、お越しください。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。未成年者と思われる方にはお酒の提供はいたしません。(身分証明書等のご呈示をお願いする事があります。)
※飲酒運転は絶対にしないでください。
酒まつり公式サイト http://sakematsuri.com/

■■■試飲会■■■
◇一ノ蔵
■県外■
9月10日〜9月16日…横浜そごう店 地下1階和洋酒売り場
■県内■
仙台市内
9月7日〜9月8日……定禅寺ストリートジャズフェスティバル
仙台市勾当台公園市民広場 (開催時間11:00〜20:00)予定
未成年者への試飲及び販売、並びにドライバーへのお酒の試飲提供はできません。
予めご了承ください。

◇一本義久保本店
「東急百貨店 吉祥寺店」 地下1階 和洋酒売場
9月26日(木)〜9月29日(日)、
10月4日(金)〜10月6日(日)
上記の日程で「一本義」「伝心」の試飲販売会を開催いたします。
新商品や季節限定の商品などを多数揃え、皆様のご来場をお待ちしております。

◇神戸酒心館
関東・関西で行われる福寿の試飲宣伝販売をお知らせいたします。
どうぞこの機会に、福寿の味わいをお楽しみ下さい。
【関東】
・所沢  西武  9月13日(金)〜9月16日(月)
・都筑  阪急  9月14日(土)〜9月16日(月)
【関西】
・神戸  そごう 9月10日(火)〜9月16日(月)
・守口  京阪  9月26日(木)〜10月3日(木)

◇今西清兵衛商店
以下の日程で「試飲販売会」を行います。試飲をして、お好みのお酒を
お買い求め頂けます。お近くにお越しの際は、是非、お立ち寄り下さい。
日時/平成25年 8月28日 〜  9月 3日  そごう 神戸店(兵庫県)
日時/平成25年 9月18日 〜  9月24日  高島屋 大阪店店(大阪府)
日時/平成25年10月 9日 〜 10月15日  高島屋 京都店店(京都府)
日時/平成25年10月 9日 〜 10月15日  大井町阪急(東京都)

■■■製品情報■■■
◇桜顔酒造
8/24(土)より「特別本醸造 ひやおろし」の店頭販売が始まります。
こちらは、例年ご好評いただいております人気商品です。
今季は、2300本の限定販売となっておりますので
ぜひ、お早めにお買い求め下さいませ!!
720mlのみ販売 1.000円(税込)
250ml ¥525(税込)

◇酔仙酒造
25酒造年度「雪っこ」、始動しました!!2013.08.26(酔仙)
今年も「雪っこ」の醸造が始まりました。
まだまだ暑さが厳しい中での醸造開始は毎年恒例です。
そんな暑さの中ボイラーを焚き、甑(こしき)を蒸かし、
汗を拭きながら釜の蒸し米を掘りだします。
もちろん発売予定は10月1日予定で、
この日に丁度間に合うための醸造開始です。
先ずは白米150kgの蒸かしからスタートです。
昨年は初めて大船渡蔵で仕込みを行い、沢山の課題が見えてきました。
今年の造りでは様々な改善を試みます。
蒸かしたお米で先ずは麹を造ります(製麹)。
お盆明けのカラッとした天気のおかげもあり、今日の蒸かしはサバけが良いです。
出来上がった麹や蒸し米を原料に、今月末にはいよいよ「醪(もろみ)」が立ちます。
発売開始まであと1ヶ月と少し・・・。
「新工場2年生」の「雪っこ」をぜひご期待下さい。

◇一ノ蔵
9月5日蔵元出荷開始!秋がますます美味しくなる
『一ノ蔵 特別純米酒 ひやおろし』

秋がますます美味しくなるお酒一ノ蔵特別純米酒ひやおろし 
残暑はまだまだ厳しいものの、耳を澄ますとコオロギ等、秋の虫の鳴き声が聞こえ、
田んぼは穂が頭を垂れて、青々とした田んぼから徐々に黄金色へと色づき始め、
秋が少しずつ感じられるようになりました。
秋といえば、なんと言っても『食欲の秋』。
秋刀魚・マツタケ・秋鮭・秋茄子・キノコ…と数え出したらきりがないほど
美味しいものが勢揃いします。
こんな秋の味覚をますます美味しくしてくれるのが
9月5日から蔵元出荷を始める『一ノ蔵 特別純米酒 ひやおろし』です。
『ひやおろし』は春先に搾った新酒を加熱殺菌後タンク貯蔵し、
熟成に適した温度でひと夏寝かせ、貯蔵タンクから加熱せず(冷やしたまま)
樽(瓶)に酒を詰める(おろす)ところから名付けられました。
またひやおろしは、お酒が円熟し味わいが増すことから
別名「秋上がり」とも言われています。
『一ノ蔵 特別純米酒 ひやおろし』は、ひやおろし用の候補酒をきき酒して、
最も秋上がりした酒を選抜して瓶詰めしました。
まるみを帯びたまろやかな味わいと穏やかな香りがお楽しみいただけます。
秋の味覚、秋刀魚の塩焼きや刺身、秋ナスの揚げびたし、
更に宮城県の豚肉味噌仕立ての芋煮とも相性抜群です。
旬の味覚と『一ノ蔵 特別純米酒 ひやおろし』を合わせて豊穣の秋をお楽しみください。
720ml 1,327円(税込)

◇千代寿虎屋
2013大辛口冷やおろし 大虎 0.72L
夏越しした円熟味のある辛口酒
旨みのある辛口酒を蔵内の涼しい場所で貯蔵し熟成により
旨みののった秋に蔵出しします。
うまさと味わいの調和した辛口酒で飲みあきせず料理とともに味わえます。
秋の夜長にじっくりどうぞ!
原料米    はえぬき
精米歩合   70%
アルコール分 15%
日本酒度   +10
酸度     1.5
720ml ¥1,229(税込) 1800ml ¥2,205(税込)

2013純米吟醸冷やおろし 千代寿
蔵内でゆっくりと熟成された円熟の味わい
山形県産の出羽燦々を使用。
農家とともに酒米作りから議論をして最良の酒米を確保して酒を醸しました。
涼しい蔵内でゆっくりと熟成された円熟の味わいです。
ふくよかな吟醸香と芳醇でやさしい味わいが広がります。

原料米   出羽燦々(減農薬米)

精米歩合  55%

アルコール 15%

日本酒度  +3

酸度    1.3
720ml ¥1,462(税込)  1800ml ¥2,919(税込)

◇奥の松酒造
秋の季節限定品「特別純米原酒ひやおろし」は、9月4日発売です。

寒づくりの新酒が夏期の貯蔵、熟成を経て円熟味が一段と増したお酒です。
呑切りの風味そのままでお届けします。
日本酒度/±0
アルコール度/17
酸度/1.5 (予定)
使用酵母/奥の松酵母
精米歩合/60%
720ml  1,050円(税込)
1800ml 2,415enn (税込)

◇一本義久保本店
季節限定 一本義 「純米酒ひやおろし」発売のご案内。
冬に醸された、若々しい味わいの新酒は、
春、夏と蔵の貯蔵タンクで熟成されます。
そして、味わいまろやかに「秋上がり」を迎えた頃、生詰酒にて限定出荷。
「ひやおろし」。
それは、ふと足をとめて振り返る、艶やかな一瞬のうしろ姿のように。
秋の旬酒がいよいよ登場です。
720 ml 1,400円(税込)季節限定商品

◇千曲錦酒造
秋のひやおろし一斉発売
「ひやおろし」とは、日本酒組合中央会・全国各県の酒造組合が
日本酒市場の活性化を目的に解禁日を設けて発売するものです。
9月8日(日)より販売開始12月31日までの期間限定発売
「ひやおろし 辛口特別純米 千曲錦」<信州産美山錦全量仕様>
冬の厳寒期に浅間山系の清冽なる伏流水と、
自家精米による厳選された長野県産美山錦で仕込み、
ひと夏を越して適度に熟成し「秋上がり」して、
米の旨味があり芳醇でかつ辛口の味わい深いお酒になりました。
しっかり感のある酒質は濃い口の肴にも良く合います。
湯せんでのお燗や常温でお楽しみ下さい。
アルコール : 15.3%
日本酒度 : +6.0〜+5.0
酸度 : 1.6〜1.8
原料 : 米・米麹
麹米 : 美山錦
掛米 : 美山錦
精米歩合 : 55%
酵母 : 協会901酵母(吟醸系酵母)
720ml  1,050円 (税込)
1,800ml  2,310円(税込)

◇花の舞酒造
秋だけの季節限定商品「ひやおろし」
「山田錦純米ひやおろし」と「本醸造ひやおろし」の2種類があります。
いずれも原酒・生詰め。10月までの季節限定販売です。
どうぞ、秋上がりしたうまさをご堪能ください。
山田錦純米 ひやおろし
厳寒期から春にかけて仕込まれた酒を、一度殺菌して夏の間冷蔵タンクで貯蔵し、
涼しくなる秋を待って出荷します。
なめらかな香りと味わい、純米の米の旨みが冴える酒。
秋限定の本物志向を貫いた純米原酒。
価格/720ml:1,280円(税込)/300ml:540円(税込)
容量/720ml・300ml
原料米/静岡県産山田錦
精米歩合/60%
アルコール分/18.5%

本醸造 ひやおろし
厳寒期から春にかけて仕込まれた酒を、一度殺菌して夏の間冷蔵タンクで貯蔵し、
涼しくなる秋を待って出荷します。
淡麗でまろやかな口当たりで、辛口に仕上げました。
秋限定の本物志向の特別本醸造原酒です。
価格/1800ml:2,048円(税込)/720ml:1,019円(税込)/300ml:436円(税込)
原料米/静岡県産米
精米歩合/60%
アルコール分/19.5%

◇富久錦
【9月5日解禁!秋の風物詩ひやおろし】
特別純米ひやおろし【秋限定酒】
今年の『特別純米ひやおろし』は低温貯蔵庫のタンク内でほどよく熟成し、
山田錦の芳醇さと旨みがしっかりとしたすばらしい味わいに仕上がりました。
さんまなど脂ののったお料理に、相性ぴったりの
特別純米ひやおろしを是非ご賞味ください。
この毎年ご好評をいただいております「ひやおろし」は、数に限りがあり、
すぐに品薄状態となってしまいますので、お早めにご予約くださいませ。
■原材料:米・米麹
■原料米:加西産山田錦100%使用
■精米歩合:70%
■アルコール度数:15度以上16度未満
720ml 1400円 1800ml 2800円

純米吟醸ひやおろし 720ml
今年の『純米吟醸ひやおろし』は低温貯蔵庫のタンク内でほどよく熟成し
流れるようなきれいな味わいに仕上がりました。
秋の茸や芋などの淡白なお料理に、相性ぴったりの
純米吟醸ひやおろしを是非ご賞味ください。
■原材料:米・米麹
■原料米:加西産山田錦100%使用
■精米歩合:60%
■アルコール度数:15度以上16度未満
720ml 1800円

◇神戸酒心館
ひやおろし発売中です
外気温が蔵の中と同じになるこの時期。
熟成したお酒はまろやかな味わいとなり味わい深く成長します。
「冷えてきたから卸そうか」、「冷えたまま卸そうか」という蔵言葉からつけられた
「ひやおろし」は重陽の節句にぴったりのお酒です。
夏バテを起こさぬよう、しっかり美味しい物を食べて鋭気を養いたいこの時期。
旨みのあるひやおろしをご一緒に初秋の風情をお楽しみください。
福寿 「ひやおろし」720ml  1,260円(税込)

◇嘉美心
秋の嘉美心一番人気のお酒「旨口ひやおろし」発売開始いたしました!
(平成25年9月3日更新)
昨年より嘉美心の旨口ひやおろしは、搾ってすぐに瓶に詰めそのまま静かに熟成させる「びん貯蔵」作品として生まれ変わりました。
24年秋の「旨口ひやおろし」はその成果もあってあっという間に完売してしまいました。
今年は昨年より増産しておりますが、びん貯蔵のスペースも限られており、
今年も早期の完売が予想されます。
是非お早目にお求めくださいませ。
1800ml ¥2,940
720ml  ¥1,470 

「嘉美心 大吟醸 酒粕飴」
深い味わいと豊かな香りでそのまま食べてもおいしいと
毎年あっという間に完売してしまう嘉美心の大吟醸酒粕。
その贅沢な味わいをいつでも楽しめるよう
京都の伝統的な飴屋さんに封じ込めてもらいました。
口に入れた瞬間にふんわりとした甘さが広がり、
大吟醸酒粕の深みのある味わいが楽しめるよう一粒一粒丁寧に作った旨口の酒粕飴です。
そのまろやかな口当たりはどんな方に食べて頂いても皆様に
「おいしい」と言って頂ける、年配の方には懐かしく、若い方には新しい味です。
この旨口酒粕飴を存分に楽しむ為に最後の最後まで噛まずに
召し上がって頂くことを強くお勧め致します。
内容:50g(およそ15個入)価格:350円(税込)

◇賀茂泉酒造
COKUN+(こくんぷらす)
美味しいだけのお酒から、身体にいいお酒へ。
※「COKUN+(こくんプラス)」は、アルコール分7%の程良い酔い心地と
数十種類の天然アミノ酸や豊富なペチド等がバランス良く含まれている他、
100%米由来の発酵エキスを配合し、胃の粘膜を保護し、
体を内側からきれいにする美肌効果など体に優しいお酒です。
ヨーグルトを想わせる爽やかな酸味とマイルドな甘さが
特徴のお米だけでできたお酒です。
販売価格 1,155円(内税)
アルコール度数:7%
甘口

9月4日に「ひやおろし」を発売します。
夏真っ盛りですが、季節の上ではもう秋です。
秋はひやおろしの季節です。
今年も賀茂泉のひやおろしを9月4日に蔵出ししました!
賀茂泉のひやおろしは、じゃけん旨い!
その1.酒米は地元農家が作る造賀産山田錦!
賀茂泉のひやおろしは地元農家が栽培する造賀産山田錦だけで仕込んでいます。
造賀地区(ぞうか)は海抜350mに位置する高原台地です。
水利、日照条件もよく古くから稲作の盛んな地区です。
23年前に地元農家と酒蔵が協力し、「東広島酒米栽培推進協議会」を結成。
よりよい酒米作りに熱意と努力を注いでいます。じゃけん旨い!
その2.発酵中のキメ細やかな温度管理!
発酵中のもろみの温度管理は大変気を遣う重要な作業です。賀茂泉の延寿蔵には発酵タンク1本1本を温度管理する、独自のシステムを導入しています。外気に左右されること無く、 低温でじっくりと発酵させることができます。そのため山田錦ならではの上品な旨味をしっかり引き出すことが出来ました。じゃけん旨い!
その3.生詰でタンクの味わいをそのまま封印!
賀茂泉のひやおろしは当然、生詰。「生詰」とはお酒を加熱せず、瓶詰めすることです。タンクで熟成された味わいを楽しむことができます。土蔵で夏を越し、熟成された爽やかな風味と旨味ののった味わいを「そのままお客様に味わっていただきたい!」。そのために手間のかかる生詰にしています。じゃけん旨い!
※「ひやおろし」とは、・・・
 外気と蔵内の気温がほぼ同じくらいになった秋口に、貯蔵用の大桶から出荷用の木樽へ生詰め(ひや)で酒を移(おろ)したことから、その酒を「ひやおろし」と呼んだそうです。
使用米:山田錦100%(広島県東広島市造賀地区産米100%) 精米歩合:65% 
アルコール度数15〜15.9度 日本酒度:±0 
酸度:1.4 使用酵母:協会901号
やや甘口
720ml  1,365円(内税)

◇酒井酒造
トラタンひやおろし
上品で控えめな香りの中の柔らかで軽快な口当たりをやや高めの酸味が引き締める。
夏を越し、調熟した旨みをひやおろしでお届けします。
【販売期間】9月9日〜11月30日
・アルコール度数 15%〜16%
・精米歩合70%
1.8L :2,100円【税込】 クール便

◇勇心酒造
2013瀬戸内国際芸術祭公式グッズ
Design:黒柳 潤
原料:米(米、古代米)・米こうじ・米エキス(ライスパワーエキスNo.101)
アルコール度数:7%
甘辛度:甘口
デザインコンセプト
「米の花」をコンセプトに、古・代・米・酒・力・土・人・勇・心・美・・・など
リセノワールというお酒を表す1文字1文字を集めて「生命力」を象徴する唐草模様として瓶全体に纏っています。
植物のように変形した文字の集まりは、各々あたらしい結びつきがあらわれながら、
力強く「発酵」していく模様を呈しています。
容量:300mL価格:1,260円(税込)
※ こちらの商品の販売店はお問い合わせください。

今年度(24BY)秋上がりのお酒 9/11発売
吟醸※ 残りわずか
精米歩合:55%原料:米、米こうじ、醸造アルコール
アルコール度数:15度以上16度未満
甘辛度:やや辛口
特徴
•味はしっかりで、キレよく仕上がっており、キリッとした味わいを楽しめます。
勇心 純米吟醸より辛口です。
•冷酒、ぬる燗(40℃前後)ともにお飲みいただけます。
特に冷酒がお勧めです。
•さんまの塩焼きやタイの刺身、キスのてんぷらなどと合います。
容量:720mL価格:1,575円(税込)

◇梅錦山川
ひやおろし
9月4日から出荷開始! 夏を越した秋口のお酒。
春の「蔵開」とはちがった熟成の味。純米吟醸の生詰のお酒。
商品品質表
原料米 麹米:山田錦 掛米:山田錦
精米歩合 麹米:60% 掛米:60%
アルコール度 16.9%
日本酒度 +0.5
酸度 1.6
1.8L: 2,880円(税込)
720ml  :1,460円(税込).

■■■その他■■■
◇花の舞酒造
花の舞新工場もうすぐ完成
今年1月から始まった当社新工場建設が着々と進み、もうすぐ完成します。
この工事は本社横の老朽化した工場を2階建ての新棟に建て替えるもので、
従来の製品工場(瓶詰工場)とも一体化させ、
生産体制を合理化して効率的な生産を行うことをめざしたものです。
新工場では現在人の手によって行われている空き瓶セットの自動化、
お酒の充填工程での省人化装置の導入、酒瓶のラベル貼りの自動化の拡大などが
実施されるようになります。
特に最終工程の出荷作業が効率化され、
多品種少量生産のPB商品等の出荷対応力の向上が図られます。
また、2階には総務などの事務部門や営業が入るとともに、
酒蔵見学などにいらっしゃる多数のお客様にも対応できる大きな部屋も用意します。
さらに、商品の動きをすべてパソコンに記録するなどの電子化も推進していきます。
新工場の完成予定は9月末。
10月27日には恒例の新酒味見会「酒蔵開放」が開催されますので、
このときに新工場をご覧いただくことができます。
毎年お越しくださっているお客様は様子が違ってびっくりされるかもしれません。
しかし、工場は変わっても、お客様においしいお酒をお届けする、
という当社の姿勢はいささかも変わることはありません。
どうぞ、新工場見学も兼ねて、酒蔵開放へお越しください。

◇賀茂泉酒造
ジャカルタで開催された大相撲巡業の際に使用された酒樽を
賀茂泉でご準備させていただきました!

菰は特別にロゴマークが印刷された専用菰樽(^^)v
四斗菰樽は、鏡開き用の他、会場装飾用の飾り樽も用意しました。
その他御土産用に300mlのミニ樽も手配いたしました。
日本の伝統文化をインドネシアの方々にも広く知っていただける機会に
ご一緒させていただき光栄です。

フリーペーパー「R25」にすず音が掲載されました

R25」(09/05-09/18 No.335)の「きき酒師のお薦めはコレ!女子に人気の日本酒ベスト5」というコーナーに一ノ蔵・すず音が掲載されました。

記事では、「女性に人気なのはなんといっても『一ノ蔵 すず音』のような低アルコールのスパークリングタイプ。とくに『すず音』はシャンパンのような喉ごしが特徴で柔らかな甘酸っぱさがとても飲みやすいんです。」と紹介されております。

さらに、すず音の飲み方についてはシャンパングラスで楽しむことで「泡立ちを長く楽しめて、ムラのない味わいを堪能できます」とアドバイスしています。

?一ノ蔵では、この「すず音」のライト&フルーティータイプ「Wabi」を開発し、目下地元でテスト販売中(数量限定)です。これもおいしいですよ!!
ご期待ください。

「東広島の観光と西条酒を語る夕べ」に参加しました

日本酒で乾杯!の「東広島市日本酒の普及の促進に関する条例」が可決された東広島市のお酒を飲みながら語る「東広島の観光と西条酒を語る夕べ」が開催されました。

   
入場の際にはおちょこが配られます。

   
東広島産の食材を使った料理が並んでおり、各テーブルには東広島市の地酒が用意されています。
各蔵元のブースもあり、中でも賀茂泉酒造の色鮮やかな低アルコール酒「Cokun」が目を引きます。
 
   
 

西条酒造協会理事長の賀茂泉酒造 前垣寿男社長が開会のご挨拶


東広島市 藏田義雄市長

 
西条の地酒で乾杯のあとは、西条市の紹介ビデオが流されました。


賀茂泉酒造 前垣壽宏副社長が持ち前の明るい笑顔でサービスしておられました。


東広島のゆるキャラ「のん太」の姿も
参加人数は百名を超えていたとのことですが、会話を交わした参加者の方々はいずれも地元あるいは広島市出身でした。

この種の「楽しむ会」に共通しているのですが、若者の姿が少ない。
そのことをもっと意識して工夫してもらいたいですね。