「柏木リエ」さんの個展に行ってきました

昨年10月31日のブログで、SRNの小型パンフの裏表紙に「絵画コンテスト」特別賞受賞作品を採用した旨ご紹介しましたが、その作者でイラストレーターの柏木リエさんから個展の案内が届きましたので東銀座の「銀座煉瓦画廊」(改築中の歌舞伎座の近く)まで行ってきました。 
 

会場の入口前の案内ポスター

今回は東北6県のお酒とコラボという事前のお話でしたので事情を伺うと、コラボの相手は、 東北6県の蔵10社が参加している JUNGINGLASS PROJECTで、これは「緑色の1合グラスに純米吟醸酒をつめて販売。10本売れたら、1本が蔵元から被災地の農家・漁師さんたちに直で届けられる」 という義援金ならぬ『義援酒』企画』 とのことです。やや分かりにくい企画ではありますが、そういえば、柏木さんは、宮城県のご出身でした。

 

柏木さんのお話によれば、この企画は、食と酒のジャーナリスト山本洋子さんがプロデュースされたものだそうで、その山本さんのご好意によりコラボが実現したようです。


SRN「絵画コンテスト」特別賞受賞作品と柏木さん

個展のテーマは、オリジナルこけし展。室内には、鳴子こけしの木地に47都道府県の特産物を描くというユニークな発想に基づく多様なデザインの色鮮やかなこけしがずらり。

   
 
ちなみにこけしのお値段は、一体1万円です。こけしの背景にあるのがイラストレーターらしい曲線を多用した独自の画風の作品ですが、お値段は、おおむね1点10万円台でした。

年に数回開催しておられる柏木さんの個展については、ブログサイト 柏木リエの小さな美術館 – Yahoo!ブログ に予告されますので一度お出かけください。

柏木さんには「SRNが6月末締切りで募集中の『絵画コンテスト』にぜひまた応募してください」とお願いしておきましたが、再度入賞、特に最優秀賞(過去3年間該当者なし)を獲得されることを願って会場を後にしました。

3月 蔵元情報(2012)

■■■イベント■■■
◇一ノ蔵
松山酒ミュージアムイベントのお知らせ
松山酒ミュージアム1階展示スペースにおいて、2月11日より東日本大震災復興祈願「つるし雛に願いを込めて…雛の女の手仕事展」を開催いたします。大崎市在住の女性たちが、一針一針願いを込めながら丁寧に仕上げたつるし雛と小物類を展示しております。
是非この機会に松山酒ミュージアムへお越しください。
企 画 名:つるし雛に願いを込めて…雛の女の手仕事展
開 催 日:平成24年2月11日(土)〜4月15日(日)
開催時間:午前9時30分〜17時
定 休 日:月曜日  
[お問い合わせ]
松山酒ミュージアム
電話:0229-55-2700

◇武重本家酒造
酒蔵開放 2012年3月20日(火曜日・祝日)
今年も酒蔵開放を開催いたします。今年の新酒、いつもの商品、
特別なお酒等々、いろんなお酒を用意してお待ちしております。
年に一回の「酒蔵開放」の日(毎年、春分の日に開催)には、
工場(酒造蔵)の中をお見せしています。
(延べ1万人以上の方がご覧になっています)
さらに、その年の新酒のほとんどと、
通常商品のほとんどがきき酒できます。
少なくとも30種類以上のきき酒が可能です。
いろいろなお酒を飲んでいただいた反応が直ぐに分かるというのは
とても有り難いことで、この蔵開放で評判の良かったお酒が
いくつも新商品となっています。
詳しくは、
http://www.takeshige-honke.co.jp/takeshige/kaihou/2012/kaihou_2012_notice.html

◇宮坂醸造
「春の呑みあるき」、今年も開催
人気のイベント「上諏訪街道 春の呑みあるき」、今年も開催が近づいてきました。
今回は何かと準備が遅れ気味‥‥ 
でも皆様に楽しんでいただけるよう、これから頑張ります!
◎上諏訪街道 春の呑みあるき
日時:2012年3月17日(土) 15:00−19:00
参加費:特製きき猪口付きパスポート 2,000円
内容:上諏訪の国道20号線沿いの5軒の酒蔵の美酒を飲み歩き! 各蔵元自慢のお漬物や粕汁などのふるまい、諏訪特産の肴の屋台も出ます!
今回も、参加費の一部を昨年3月12日の震災で大きな被害を受けた長野県栄村の復興支援に寄付させていただきます。たくさんの皆様のご来場、お待ちしております!
↓↓チラシのダウンロードはこちら↓↓

◇神戸酒心館
酒心館ホール (4.7) レ・ミゼラブル
【日時】2012年4月7日(土) 開場:14:30  開演:15:00 
【会場】神戸酒心館ホール
【料金】5,000円 (きき酒付・全席自由)
【CAST】
ジャン・バルジャン・・・晴雅彦
ジャベール・・・・・・・・片桐直樹
ファンティーヌ・・・・・・西垣千賀子
エポニーヌ・・・・・・・・福島紀子   他
【お申し込み方法】
?078-841-1121 までお電話下さい。
もしくは、お名前・ご住所・お電話番号・イベント名・チケット枚数を明記の上、e-mailにてinfo@shushinkan.co.jp へご連絡下さい。
開場時のご案内はチケット右上の整理番号の若い順番からご案内いたします。
【主催】 神戸酒心館

◇酒井酒造
山口地酒の祭典 新酒発表会2012
日時:平成24年4月15日(日)17:30〜20:00
場所:山口グランドホテル2F
    (山口市小郡黄金町1-1)
会費:5,000円
定員:250名
※詳細につきましてはチラシをご覧いただくか、
山口県酒造組合までお問合せ下さい。
TEL083-973-1710
http://y-shuzo.com/

◇梅錦山川
2012.3.14(水)第68回東京純米酒を楽しむ会
主催:日本純粋日本酒協会
場所:如水会館
時間:18:00〜20:30
参加費:7000円

2012.3.18(日)第11回大伸会
主催:「酒の会」中山道大鋸
場所:結婚式場パルテール
時間:14:00〜16:30
参加費:3500円
問合せ:岐阜県中津川市本町1-2-9
TEL:0573-65-2625

2012.3.25(日)第27回地方銘酒を楽しむ会
主催:?酒のうかい
場所:春日井商工会議所
春日井市鳥居松4-45
時間:13:00〜16:00
参加費:3000円(定員100名)

2012.3.27(火)〜4.2(月)梅錦試飲販売
場所:そごう千葉店B1Fにて

■■■試飲会■■■                                  
◇宮坂醸造
☆ 東急 吉祥寺店 3月8日(木)−21日(水)

◇神戸酒心館
【関東】
・所沢 西武      3月2日(金)〜3月4日(日)  
・池袋 西武       3月14日(水)〜3月20日(火)
・志木 マルイ      3月23日(金)〜3月25日(日)
【関西】
・神戸 大丸       3月21日(金)〜3月27日(火)
・神戸 そごう      3月27日(火)〜4月2日(月)

◇今西清兵衛商店
日時/平成24年 3月14日 〜  3月20日  大丸 東京店 (東京都)
日時/平成24年 3月21日 〜  3月27日  小田急百貨店 新宿店 (東京都)
日時/平成24年 3月21日 〜  3月27日  そごう西神店 (兵庫県)
日時/平成24年 3月28日 〜  4月 3日  阪急百貨店 うめだ本店 (大阪府)
日時/平成24年 4月 5日 〜  4月11日  東武百貨店 池袋店 (東京都)
日時/平成24年 4月18日 〜  4月24日  高島屋 新宿店 (東京都)
日時/平成24年 5月23日 〜  5月29日  阪神百貨店 (大阪府)
日時/平成24年 6月20日 〜  6月26日  伊勢丹 京都店 (京都府)※百貨店試飲販売情報、試飲会情報はメールマガジンでもお知らせしています。

■■■製品情報■■■
◇桜顔酒造
3月 大地の一献生原酒 720ml
酒造好適米「五百万石」を主な原料米として使用した香り豊かな吟醸生原酒です。
爽快な果実香となめらかな味わい。
そしてスッキリとした喉越しが特徴の限定酒。
■原材料 : 五百万石
■日本酒度 : +2
■酸度 : 1.2
■アルコール度 : 18
720ml入 1300円

◇一ノ蔵
肌寒い夜にお燗酒、「一ノ蔵 山廃特別純米酒 円融(えんゆう)」
「一ノ蔵 山廃特別純米酒 円融」は、山廃仕込みという酒母を育てる技法を用いて醸したお酒です。通常の酒母は清酒酵母のみが育つ環境を整える為、酒母を仕込む時に「醸造乳酸」を添加し酸性状況にします。このように造る酒母を「速醸酒母」と呼んでいます。これにより出来上がったお酒は、スッキリとした香味に仕上がります。
 一方、山廃仕込みは酒母を仕込む時に「醸造乳酸」を加えず、蔵にいる乳酸菌が酒母中で増殖すると、「乳酸」やお燗にすると一層膨らみを感じさせる「コハク酸」などの有機酸が酒母中に蓄積し、雑菌の繁殖を抑える役割を果たします。酒母に酸が蓄積されて来ると、酒母中の乳酸菌は死滅します。その後、清酒酵母を育てていきます。これにより出来上がったお酒は「速醸酒母」と異なり、多くの有機酸が含まれている為、奥深くて複雑な味わいのお酒に仕上がります。
 本品のオススメは、熱めのお燗(50℃の熱燗)につけ、それをすき焼きや煮物などの料理を召し上がりながら、ゆっくりと楽しむ方法です。温度が下がるごとに、少しずつお酒の表情が変わっていくのをお楽しみ頂けます。是非、お試しください。
◆精米歩合60% ◆アルコール分15度以上16度未満
◆日本酒度±0〜+2
◆1.8リットル 2,420円(税込) 
◆720ミリリットル 1,130円(税込)
◆300ミリリットル 542円(税込) 
※環境保全米「ささろまん」100%使用

◇千代寿虎屋
豊国純米生原酒(季節限定)
出来たてそのままの生原酒の濃醇さと豊国らしいキレのある味わいです。
日本酒度 +3
使用米 豊国(山形県産米)
精米歩合 60%
アルコール 17,5%
酸 度 1.5
720ml 1,470円 (税込)
1800ml 2,835 円(税込)

◇一本義久保本店
「純米あらばしり 無濾過生原酒」

日本酒には季節がある
一本義 純米あらばしり
無濾過生原酒
季節限定発売中
搾りたての純米酒を、生まれた姿そのままの
無濾過・無加水・非加熱で。
春を想像させる甘く爽やかな香り。
そして、鮮烈でくっきりとした旨みと余韻。
春待ち雪見に、あらばしり。
そろそろ終わりの雪見酒をお楽しみください。
720ml 1,400円(希望小売価格・税込み)

◇橘倉酒造
蔵元きつくらの生麹
発酵食品として非常に注目されている生麹。
蔵元ならではの高精白(73%)のお米を使用し、
日本酒の醸造で使用する麹と同様に、伝統製法にのっとった生麹です。
蔵元きつくらの麹の持つ発酵力をお楽しみ下さい。
420円(税込)

◇武重本家酒造
3月1日頃 御園竹 一押し新酒 春花見 発売予定
毎年春先にご好評いただいている新酒の発売です。
当社の山廃造りの新酒(普通酒)の中で、
今年一番の出来の原酒を生のまま販売致します。
今年の新酒は、全体としては辛口でありながら、旨みが口の中にふわっと広がります。
甘口の酒と表現する方も多いのではないでしょうか。
山廃造りならではの旨みの酒です。
成分 アルコール分19%
日本酒度-2/酸度1.7
1,800ml/2,310円
720ml/1,155円

御園竹 大吟醸 無濾過生酒 3月21日以降 出荷開始
しぼりたての大吟醸を、手を加えずに出荷致します。
袋吊でしぼった大吟醸の上澄みをそっと詰めました。
澱が絡んでいますが、それもまた無濾過の酒ならではの趣です。
香り良く、程よい甘みと酸味、
口に含んだとき若干感じる炭酸ガスが口中を程よく刺激します。
400本限定に付き、お早めにご予約・ご注文ください。
成分 アルコール分17%
日本酒度+4/酸度1.5
720ml/3,700円

◇千曲錦酒造
吟醸吉田屋治助
江戸時代初期の天和元年(西暦1681年)、吉田屋という造り酒屋が
信州佐久に誕生しました。
それから約250年後の昭和4年(1929年)、
当主・原 治助がこの伝統を受けつぎつつ株式会社に改組、初代社長に就任しました。
その伝統を今に伝え、圧倒的な存在感を誇るのが「吟醸 吉田屋治助」です。
芳醇でフルーティーな香りとすっきりとして軽快な味わいは、
食前酒としてさっぱりとした肴に良く合います。
8℃〜10℃位に冷やしてお楽しみ下さい。
この吟醸吉田屋治助は2004年より
グランドハイアット東京(六本木ヒルズ)の割烹料亭ニ店舗に
プライベート商品として採用されております
アルコール : 15.3%
日本酒度 : +3.0〜+1.0
酸度 : 1.1〜1.4
原料 : 米・米麹・醸造アルコール
麹米 : 美山錦
掛米 : 美山錦
精米歩合 : 55%
酵母 : 長野酵母
1,800ml  2,730円(税込価格)
720ml  1,365円 (税込価格)

◇花の舞
お花見におすすめ「吟醸花ラベル」
まだ、吹く風は冷たいものの、さすがに3月に入り、
日差しはだんだん温かくなってきました。
今月の下旬になれば桜前線も南からゆっくり北上を始めます。
お花見シーズンももうすぐです。お花見にお酒は欠かせません。
せっかくですから、お酒も春にふさわしいものがいいですね。
そこで、おすすめなのが「吟醸花ラベル」。
ラベルは白系(銀)の地に金箔の花の舞のロゴをピンクで縁取り、
その回りに淡いピンク系の色の花びらを散らしています。
そして、瓶はラベルの色づかいとよくマッチするフロスト(霜降)。
この華やかなデザインが女性にも大変好評です。
味わいは淡麗でやや辛口。口当たりがよく、ほのかにフルーティーな香りが漂い、
吟醸酒ならではの華やかな香味を楽しんでいただけます。
価格/1313円(税込)
容量/720ml
原料米/静岡県産米
精米歩合/55%
アルコール分/15.5%

◇丹山酒造
「飯櫃 -ぼんき-」
甘酸っぱさが新鮮な白ワイン風の純米酒。
レモンまたはライムをしぼっていただいてもおすすめ
3月限定ボトルでおおくりします。
写真のボトルとは異なります
種別 純米酒
原料米 山田錦
精米歩合 70%
日本酒度 -60
アルコール 8%
酸度 5.8
価格 [  500ml ] 1,260円

京春来 -きょうしゅんらい-[ 500ml ]
お食事とご一緒にお飲みいただくのにおすすめの、
さらりとした後口のきれいな純米吟醸です。
塩漬けの桜はお水で洗って頂きお飲みの際にグラスに浮かべていただくと
桜酒をお楽しみいただけます。
または水洗いせずにお湯に浮かべていただくと桜茶をお楽しみいただけます。
お花見でおすすめの相性の良い料理
生麩の田楽・若竹のてんぷらなど、
あっさりとした揚げ物京つけもの・菜の花の浅漬け・ふきのとうの浅漬け
種別 純米吟醸
原料米 山田錦
精米歩合 60%
日本酒度 +4
アルコール 15〜16%
酸度 ー
価格 [ 500ml ] 1,890円

◇神戸酒心館
3月の暦酒|純米吟醸うすにごり
「つややかな」旨さ、霧のような「うすにごり酒」
元来、清らかなものを尊ぶ日本文化にありながら、
『にごり酒』は特別の扱いを受けています。
それもそのはず、『にごり』の基は栄養価の高い酵母など。
捨てるにはあまりに惜しく、美味しい存在。うっすらにごるお酒からは、
冷たい六甲おろしの手助けで酵母が造りし芳しき香りが立ちのぼります。
香りだけでなく、贅沢に用いた米からもたらされる艶やかな味わいも
お楽しみください。
純米吟醸生酒
720ml 2,100円
※数量に限りがありますので品切れの際は御了承願います。

◇嘉美心酒造
あの「泡の妖精」が2年連続で金賞を受賞しました!! 
あの和風スパークリングの可愛いお酒、その名も「泡の妖精」が、
なんと今年もワイングラスでおいしい日本酒アワード【スパークリングSAKE部門】で
堂々金賞受賞致しました!!
このお酒、食前酒に最適なのですが最近では
リキュールと割って飲むスタイルも定着し人気を呼んでいます。
まだ嘉美心の「泡の妖精」を飲んだことの無いあなた!!
今すぐ蔵元へGO!!きっと虜になりますよ・・・
私自身はお酒を飲んだ後のデザート酒として秘かに楽しんでおります!!
是非お試しを

◇賀茂泉
「COKUN」が金賞受賞 (2012-03-05)
2012年ワイングラスでおいしい日本酒アワードにて、COKUNが金賞を受賞しました。
こらから春に向かう季節にぴったりのお酒です。
お花見や女子会、ホワイトデーのプレゼントにも最適です。
「ピンク色の訳は酵母の自然な力だけ」
清酒酵母のうち核酸のひとつ「アデニン」を自分で生成することができず、
赤く色づく酵母がいます。
昔から稀に醪が赤くなる現象を「猩々もろみ」と呼んでいたそうです。
その特殊な酵母(アデニン要求性酵母)だけで仕込まれたお酒が「COKUN」(こくん)です。
通常の清酒と同じ白い米から出来ていますので、
着色料や赤色の原材料などは一切使っていません。
だからやさしい自然なピンク色なのです。
 そのまま飲んでも甘酸っぱいフルーツのお酒のように飲めますが、炭酸やソーダ割り、ライムやレモンなどの柑橘類のスライスを添えたりしても美味しく召し上がることが出来ます。
原材料:米・米こうじ(国産米100%)
アルコール度数:8度
極甘口

■■■その他■■■
◇一ノ蔵

未来へつなぐバトン 醸造発酵で子どもたちを救おうプロジェクトF174
「一ノ蔵 素濾過特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン」発売のお知らせ
醸造発酵で子どもたちを救おう
東日本大震災から早1年が過ぎようとしています。一ノ蔵では『皆様から賜ったご恩に少しでも報いたい。』という想いから、報道では表に出てこない困難な状況にある被災された子どもたちを微力ながらも支援しようと「未来へつなぐバトン 醸造発酵で子どもたちを救おうプロジェクトF174」を発足致しました。
 このプロジェクト名のなかにある「バトン」とは、弊社が賜ったご恩を「バトン」に見立て、将来を担う子どもたちへこのバトンを渡し、更に次の方々へつないで欲しいという一ノ蔵グループ174名の願いが込められております。
 尚、本商品の弊社売上金は被災された子どもたちの支援のために「ハタチ基金」へ全額寄付させて頂きます。
商品名   「一ノ蔵 素濾過特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン」
原材料名 米(宮城県産)・米こうじ(宮城県産米)
原料米 JAS有機認定米ササニシキ 100%(宮城県涌谷町 白幡 晋氏栽培)
精米歩合 60%
アルコール度数 17度
蔵元出荷日 3月26日(月)

◇宮坂醸造
「花まる」販売終了のお知らせ
長い間ご愛顧をいただきました低アルコール純米酒「花まる」ですが、 
今春をもちまして販売を終了させていただくことになりました。
「花まる」ファンのお客様には大変申し訳なく存じますが、
ご理解を賜れば幸いです。ご愛顧に重ねて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

◇花の舞酒造
「ふくよか純米酒第4弾キャンペーン 限定生酒プレゼント」実施のお知らせ
ご好評をいただきました「平成23年度仕込み限定新酒プレゼント第3弾キャンペーン」に引き続き
「ふくよか純米酒第4弾キャンペーン 限定生酒プレゼント」を実施いたします。
  ・対象商品:「ふくよか純米酒」720ml、1800ml
  ・対象期間:2012年3月1日から2012年5月31日
  ・キャンペーン内容、応募方法:
ふくよか純米酒の商品に付いた首かけの応募用紙からお申し込み頂きます。応募用紙に
720mlに1点、1800mlに2点の応募券が付いています。3点以上を応募用紙に貼付し
お申込み頂くと本キャンペーン限定の非売品「ふくよか純米酒の生酒 500ml 1本」がもれなくもらえます。
※ご応募いただいてから景品の発送までは1ヶ月ほど掛かります。ご了承ください。
キャンペーン対象商品の「ふくよか純米酒」は県内外のスーパー、
百貨店などでご購入いただけます。
      皆様どしどしご応募ください!宜しくお願い申し上げます。

「シェフとのコラボ」完結編です〜SRN「商品開発研究会」を「リストランテ マッサ」で開催〜

3月2日(金)、あいにくの雨模様でしたが、イタリアンシェフの神戸勝彦氏が経営されている「リストランテ マッサ」(恵比寿)において、日本酒ライスパワー・ネットワークの「商品開発研究会」を開催しました。

SRNの会員会社から13名が参加し、シェフ関係者4名を招き、日本酒系ソフト酒の評価とフレンチやイタリアンなど料理との相性などについて、貴重なご意見を伺いました。
シェフは、フレンチ系「ビストロせんかぶー」の上津原光博氏ご夫妻と元銀座木村屋総料理長の小早川陽青氏、イタリアン系は「リストランテ マッサ」の神戸勝彦氏。また、野菜ソムリエの鈴木雅恵氏からもご意見・ご感想を頂き、意見交換を行う形式で進みました。

落ち着いた佇まいのお店のテーブルに着席した蔵元からの参加者のみなさん。少々緊張気味の人も・・・・

今回のプロジェクトの趣旨説明
 

一ノ蔵・櫻井会長からのご挨拶と乾杯の音頭

お料理は、「料理の鉄人」神戸シェフが工夫して下さいました。
1品目は、フォアグラのマイクロトマト添え。上津原シェフの奥様からは、「すず音」に合うとのご評価

2品目は、ヒラメのソテー。下には、サケとポロネギを使ったリゾットで、一ノ蔵から提供の酒粕が入っているそうです。ヒラメの香ばしさと皮のパリパリ感に、まろやかな味のリゾットが絶妙。酒粕の新しい使い方、発見。鈴木酒造店「グランエーワン」にとても合うとのご評価。

3品目は、ホタルイカ、ホタテ、ズワイガニを入れたトマトソースのパスタ。今年は富山湾でホタルイカが大漁という情報も。
上津原氏の奥様からは、辛味があるので、甘さのある富久錦「Fu」と違和感がないとのご感想をいただきました。

4品目は、メイン。イベリコ豚のほほ肉の煮込み。煮込みには一ノ蔵「ひめぜん」を使用とのこと。
「ひめぜん」そのものと合わせると、いい感じ。添えられたホワイトアスパラが春を感じさせます。

5品目は、デザート。勇心酒造のライスパワーエキスを配合した低アルコール酒「リセノワール」を使ったゼリー寄せの上に、マンゴーのジェラートが乗っています。

このあと、シェフや関係者の方々から、ご感想・ご意見を頂きました。

まず、小早川シェフ。日本酒系ソフト酒は、女性に受けたことのご報告がありました。「食前か食後のお酒では」、「300mlなど、量を少なくしたらいいのでは」とのアドバイスも。

次は上津原シェフの奥様。六歌仙の「ひとときロゼ」は、「お花見に添えるお酒にいいのでは」などの感想と女性にはおしゃれなデザインが喜ばれるというアドバイスを頂きました。

そして、当店のご主人・神戸シェフ。「日本酒のスパークリングは、全く知らなかったが、料理にも使ったりして日本酒の可能性を実感しました。また、お客様に試飲してもらってもご好評でした」とのこと。「高級居酒屋店に合うのでは」などのアドバイスも。

熱心な意見交換
 

上津原シェフからは、「甘みが少し強い感じ」、「スパークリングにはもう少し酵母を加えてもらえるといい」、「この店の雰囲気でフォアグラと合わせたお酒は、違和感がなかった」、「いかにうまく勧めるかも大事」などのご意見・ご感想を頂きました。

野菜ソムリエの鈴木雅恵さんからも「きっと女性には受けると思う」などのご感想。

ご協力下さいましたシェフや関係者のみなさん、有り難うございました。