「長野の酒メッセin東京2010」に行ってきました

5月19日(水)、東京は赤坂のグランドプリンスホテル赤坂で、
「長野の酒メッセin東京2010」というイベントが開催されました。
わがSRN会員の蔵元も参加していると聞き、早速、行ってきました。

今回で7回目を数えるこのイベントは、これまでずっとこの「赤プリ」で開催されてきました。
このホテルは来年3月で閉館されるので、ここでの開催は今回が最後です。

入場料は1人2,000円が基本ですが、チラシ持参で500円引き、
さらに和服や着物で来場すると500円の割引になります。
和服を着て、チラシを持参すると合計1000円引き。なんと半額になります。
そのせいか、和服姿の男性もチラホラみられました。
(ちなみに、チラシにはなかなかユニークなイラストが載っていますよ)
→長野県酒造組合HP http://www.nagano-sake.or.jp/topics/

当日はあいにくの雨模様でしたが、多くの方が来場してくださったようです。
入口は来場者でにぎわっていました。
入場料を払い、グラスを受け取って会場のなかへ進みます。
 
<入口の酒樽>           <にぎわう入口>

今回は長野県の酒蔵約70社のうち、約60社が出展しているとのこと。
会場は熱気に包まれています。

<会場の様子>

今回、参加しているSRN会員は、以下の4つの蔵元です。

武重本家酒造<ヒゲの武重社長(写真中央)>


千曲錦酒造<出品されたお酒>


宮坂醸造<宮坂社長(左)と竹内東京支店長(中)>


橘倉酒造<東京支店・町田さん(左)と支店長・井出さん>

今回のイベントでは、どの蔵元も伝統酒の出品が多かったのですが、
そのなかで異色かつ人気を得ていたのが千曲錦酒造さんと橘倉酒造さんの低アルコール酒です。
千曲錦酒造さんは低アルコール純米酒「Riz Van 7」(リ ヴァン 7)と発泡純米酒
「Spark Riz Van」(スパーク リ ヴァン)を、橘倉酒造さんは発泡純米酒「たまゆら」
を出品していました。

<千曲錦酒造の「Riz Van」(左)と「Spark Riz Van」(右)>


<橘倉酒造さんのスパークリング日本酒「たまゆら」>

伝統酒とは一味違う素敵なビンが目につきやすいせいもあるのか、
女性だけではなく多くの人が足を止め、試飲していました。
伝統酒の力強い味わいとは違う、軽く爽やかな風味に、
伝統酒に疲れた舌を癒された人も多かったことでしょう。

<低アルコール酒を楽しむ皆さん>

この低アルコール酒と相性抜群のスイーツなども提出すれば、
一層、その魅力をアピールできたかもしれません。
試飲だけでなく、そういう演出があってもよいのでは・・・。
そんな期待も持ちつつ会場をあとにしました。

次回の開催も、盛況を期待できそうです。

名酒センター訪問記

先日、東京は浜松町にある日本酒のPRセンター名酒センターに行ってきました。

それというのもこの「センター」にSRNのお酒を入れていただけることになったからです。
銘柄数など詳細については後日ご報告します。

JR浜松町の駅を出て大門方向に歩き、立ち飲みで有名な「秋田屋」さん手前の通りを左折して
しばらく行くと、ありました。。。。「名酒センター」の看板が、、、、、、

<名酒センターの看板>

近づいていくと、、、、ナント、お店の外に人があふれているではありませんか!!(◎_◎)
かろうじて中に入れてもらうと、テーブルやカウンターがお客様で埋まっています。
ところで、システムはどうなっているのでしょうか。
 
<店内は来客でいっぱいです>

少し待った後、空いたカウンターにお邪魔しましたところ、カウンターの中にいた
美しい女性がシステムについてていねいに説明して下さいました。

3種3杯500円から(1杯200円〜)日本酒各種の飲み比べを楽しめるもので、
 ?まず、壁いっぱいに広がるショーケースに並べてあるお酒の中から、
  好きなものを3本選んでスタッフに頼む
 ?スタッフが、試飲用のお猪口が3個にそれぞれのお酒を注いでくれる
 ?現金で支払う
というものです。
簡単な銘柄説明もしてくれます(ただし、大吟醸を選ぶと料金が加算されます)。


<カウンター内に並ぶたくさんの日本酒>

<保存棚に並ぶ日本酒>
ここから3本を選びます

<試飲用のお猪口(手前)>

因みに、この説明をして下さった女性は、わがSRN会員である
一宮酒造(島根県)さんの社長令嬢(東京農大2年生)でした。
誠に恐縮です。

<お手伝いに来ている一宮酒造のお嬢さん>
さすが、堂に入っています

また、面白い趣向もあります。
お燗酒の好きな人には、「かんすけ」が備えてあります。
お店任せでなく、自分で好みの温度にお燗することのできる器械です。体験型ですね。

<かんすけ>
お好きな温度でどうぞ

下の写真右の田中君は、一昨年学生日本酒の会を組織し、
会長として活躍した好青年で、現在も同会の顧問。
学生時代に立ち上げた会社の経営者ですが、夕方からこの名酒センターで
お手伝いをしているという日本酒ファンです。

<一宮酒造のお嬢さんと田中君(右)>

田中君によれば、このほど「学生日本酒の会」の事務局を同センターに
置かせてもらうことになったそうですが、これも同君の人柄が同センターのオーナーで
月刊ビミーの編集長・武者英三さんに見込まれたからでしょう。

蔵元情報5月

■■■イベント■■■
◇宮坂醸造
「長野の酒メッセin東京」、開催されます
恒例となった「長野の酒メッセin東京」、今年も下記のように開催されます
◎日時 5月19日(水)15:00〜20:00(酒販店・料飲店さんは13:00から)
◎会場 グランドプリンスホテル赤坂 別館5F ロイヤルホール
◎内容 信州の約60の蔵元の酒500種類が楽しめます。
◎参加費 2,000円DMチラシ(またはウェブからプリントアウト)持参で500円割引、
和服での来場は500円割引
◎お問合せ 長野県酒造組合 事務局 Tel. 026-227-3133

◇賀茂泉酒造
賀茂泉とイタリア料理の饗宴 Rosso Passione 〜情熱の赤〜
5月23日(日)17時より広島エアポートホテル・フォレストヒルズガーデンにおいて
イタリア料理に賀茂泉の旬の酒を合わせるイベントを行います。
前杜氏増田幸夫の元14年間経験を積みんだ
新谷寿之(41)が今期から杜氏を務めることになりました。
その新谷新杜氏が醸した新酒とイタリア料理とのコラボレーションは賀茂泉の新たな挑戦です。

と き 平成22年5月23日(日)17:00〜19:30 
ところ フォレストヒルズガーデン
料 金 お1人様 10,000円(税・サ込)
リーガロイヤルホテル広島、JR広島駅、JR西条駅より送迎バス(無料)をご用意いたします。
また広島エアポートホテルの特別宿泊プランもございます。

詳細はこちらをご覧ください。

【お問合せ・お申込先】
賀茂泉酒造 TEL082(423)2118 FAX082(423)9217
広島エアポートホテル TEL0848(60)8189 FAX0848(86)9333

五蔵銘酒「祭ばやし」第25回酒の会
5月29日(土)17:00〜東京・高田馬場にある五蔵銘酒「祭ばやし」で
第25回酒の会が開催されます。
賀茂泉、澤の井、七賢、李白の4蔵のお酒が一度に楽しめます。
申し込みは弊社もしくは直接お店まで。
今回で25回目の酒の会です。
賀茂泉、澤の井、七賢、李白のこだわりの限定酒と板長厳選の旬の料理でお楽しみ下さい。
今回のお酒は、これからシーズンに冷やして美味しい「青泉生酒」と6月1日に新発売する
純米酒を発売前にお披露目する予定です。
また当蔵からは四代目前垣壽宏が参加いたします。
【日時】 5月29日(土)17:00〜
【場所】 五蔵銘酒「祭ばやし」
     新宿区高田馬場1−27−1FTビルB1 03(3208)7539
【アクセス】 JR・地下鉄高田馬場駅より徒歩3分
【会費】  5,000円(税・サ込み)
ご参加希望の方は弊社までご連絡いただくか、直接お店までお問合せ下さい。

■■■試飲会■■■
◇酔仙酒造
■5月19日(水)〜5月24日(月) 大阪高島屋 第38回大いわて展
■5月26日(水)〜6月1日(火) ジェイアール名古屋 高島屋
■6月18日(金)〜6月20日(日) 西武東戸塚店酒売り場
■6月20日(日)〜6月28日(月) 横浜そごう酒売り場
■6月30日(水)〜7月6日(火) 西武池袋酒売り場

◇一ノ蔵
《宮城県外》
・5月15日(土)、16日(日) ———- 東京成城学園前 宮崎屋
・5月19日(水)〜5月25日(火)——- 三越 日本橋店
《宮城県内》
・5月28日(金)〜30日(日)—— 三越 仙台店

◇宮坂醸造
☆京急 上大岡店 5月13日(木)−18日(火) セラ真澄が出店します
☆東武 池袋店 5月20日(木)−26日(水)

◇今西清兵衛商店
・デパート等の試飲・販売会
日時/平成22年 5月21日〜5月23日 北千住 マルイ(東京都)
日時/平成22年 6月23日〜6月29日 大丸 京都店(京都府)
日時/平成22年 7月15日〜7月21日 近鉄百貨店 上本町店(大阪府)
日時/平成22年 8月 6日 〜  8月11日  近鉄百貨店 橿原店(奈良県)
※百貨店試飲販売情報、試飲会情報はメールマガジンでもお知らせしています。

◇梅錦山川
2010.05.12(月)〜05.18(火)梅錦試飲販売 京阪百貨店守口店にて

 
■■■製品情報■■■
◇一ノ蔵
「ひめぜん梅」4月22日発売
4月22日、ひめぜんの新しい味わい「ひめぜん梅」が仲間入りします。
この「ひめぜん梅」は、宮城県産の梅「白加賀」の黄熟梅の梅酒をひめぜんに加えた
リキュールです。
黄熟梅特有の豊かな芳香をまとったまろやかでゆかしい味わいが特徴です。
ひめぜんシリーズと飲み比べてお楽しみください

◆リキュール
◆アルコール分/8度以上9度未満
◆原材料/清酒・梅酒
◆720ミリリットル 1,100円(税込)
◆300ミリリットル  550円(税込)

宮城県限定商品 ササニシキ純米大吟醸生原酒発売!

『ササニシキ純米大吟醸生原酒』が宮城県内限定で発売されました。
本品は宮城県を代表する品種『ササニシキ』で是非純米大吟醸を造りたい―
門脇杜氏のそんな想いから造られたお酒です。
原料米の『ササニシキ』は一般的に軟らかく、蒸かすと粘りが増すため酒造り
には適していないと言われています。
しかし一ノ蔵ではササニシキでの製造ノウハウが確立され、
ササニシキの米の特徴を酒質に反映することができるようになりました。
それを基にして、精米歩合40%(60%は糠として取り除きます。)まで磨き、
小仕込み、低温長期醪による吟醸造りに挑戦した商品です。
華やかな吟醸香とササニシキ特有の軟らかで、ほのかな米の旨みを感じます。
価格は720ml…2,100円(税込)

◇千代寿虎屋
豊国純米生原酒(季節限定)
出来たてそのままの生原酒の濃醇さと豊国らしいキレのある味わいです。

720ml…1,470円(税込)1800ml…2,835円(税込)

◇奥の松酒造
吟醸原酒 720ml 5月初旬発売予定

パストライザーによる火入れを行うことにより、
フレッシュな味と香りを封じ込め、酒質が格段に向上しました。
「夏はロックで。」そんな楽しみ方ができるのが、吟醸原酒生貯蔵です。
1,050円(税込)

◇千曲錦酒造
皐月の千曲錦 美肌仕込、スパーク・リ・ヴァン、リ・ヴァン7
モイスチャーゲル「美肌仕込」は日本酒ライスパワー・ネットワークの蔵元である千曲錦が
浅間山系天然伏流水と信州産美山錦で醸した「千曲錦・純米酒」を
たっぷりと配合したオールインワンタイプの日本酒化粧品。
「母の日」にはもちろん、妻へのお土産としても喜ばれそうだ。

美肌仕込(びはだじこみ)モイスチャーゲル内容量 60g3,950円(税込)
スパーク・リ・ヴァン250m l525円(税込)
リ・ヴァン7500ml 1,050円(税込)

モンドセレクション2010 金賞受賞 大吟醸 酒の精 1.8l 

酒造りにふさわしいとされる「山田錦」と浅間山系天然伏流水を用い、
若き杜氏が心血を注いで寒仕込みで醸した吟醸酒は、まさに酒の精が宿る珠玉の大吟醸です。
1,800ml 5,250円(税込)

2年連続金賞受賞 純米吟醸 千曲錦 1.8l

寒暖の差が激しい佐久の地で、信州が誇る酒造好適米「美山錦」と
浅間山系天然伏流水を用い、長期低温もろみでじっくりと醸し出した純米吟醸酒です。
1,800ml 3,150円(税込)

極上 樽熟成 こめ焼酎

モーツアルトが響く酒蔵の中、長野県産米と浅間山系天然伏流水で仕込んだ本格米焼酎は、
オーク樽で3年間樽熟成させ、ほんのりと甘みのある口当たりに。
720ml 1,365円(税込)

極上 樽熟成 そば焼酎

モーツアルトが響く酒蔵で、蕎麦と米麹だけで造りあげた本格そば焼酎は、
オーク樽の中で3年間樽熟成することにより独特な芳香とコクが生まれます。
720ml 1,470円(税込)

◇花の舞酒造
春が来た。花の季節に花ラベルシリーズ
吟醸酒花ラベル

容量/1,800ml・720ml(左写真)・300ml
原料米/静岡県産山田錦
精米歩合/55%
アルコール分/15.5%
日本酒度/+5
酸度/1.2

純米花ラベル
山田錦のうまみが醸し出されたさわやかな飲み口

容量/720ml・300ml
原料米/静岡県産山田錦
精米歩合/65%

本醸造花ラベル
本醸造に山田錦を使用した新しいうまさ

容量/720ml・300ml
原料米/静岡県産山田錦
精米歩合/65%
アルコール分/14.5%
日本酒度/+4
酸度/1.6

◇丹山酒造
葵-あおい  720ml  5月限定発売
透きと通るような喉越しと芳醇な香りをお楽しみいただけます。

[ 720ml ] 2,625円

渚純米吟醸
京都亀岡の自社栽培米で仕込みました。爽やかな喉越し。

[ 500ml ] 2,100円

◇富久錦
純米原酒 梅酒用
今年はこの「純米原酒」でひと味もふた味も違う梅酒を。
大抵の場合、梅酒といえばホワイトリカーと呼ばれる焼酎を使いますが、
この純米原酒を使って梅酒を漬ければ、梅本来の風味を損なうことなく
じっくり梅のエキスを引き出します。

価格 : 2,500円

Fu.生【要冷蔵】 【4月29日発売】
フルーティーな優しい甘さで人気の低アルコール純米酒Fu.の生酒が皆様の
ご好評にお応えし登場します。
お酒とは思えないほどの軽快な口当たりは、まるでお米のジュースのようです。

価格 : 1,000円

にごり梅酒 【4月29日発売】
ジューシーな滝川農園産の完熟南高梅を裏ごしし、梅酒にたっぷりとブレンドした
このにごり梅酒は、完熟梅の旨みを存分に堪能できる口当たりなめらかな梅酒です。

価格 : 1,700円

◇一宮酒造
新アイテム「イヴレス・ロゼ720ml」を追加いたしました。
本物のバラの花弁色をしたこのバラ酒は、特殊製法によるお米だけを使った日本酒に、
バラの乾燥花弁を漬け込んだお酒で、酸味と甘味とバラの香りがほどよいバランスをもち、
日本酒が苦手な方でもお楽しみいただけるよう開発した低アルコール酒です。
必ず冷やしてお召し上がりください

内容量:720ml 単価 : 2,625円(税込価格)

新アイテム「イヴレス・ロゼ200ml(赤)」「イヴレス・ロゼ200ml(黄)」を
追加いたしました。

慶びの日のテーブルに、香りと彩りを添えて頂きたい・・・
そんな想いで登場した小瓶です。

内容量:200ml 単価 : 800円(税込価格)

◇嘉美心酒造
「甘口純米」白桃酵母オンラインショップでも発売開始
お米の旨味を十分に引き出した贅沢純米酒です。
岡山白桃酵母で丁寧に仕込み米甘口純米に仕上げました。
味わいは上品で滑らかな味わいでお薦めは冷ですが、ぬる燗でもお楽しみ頂けます。

2000mlパック ¥1,700 
720ml     ¥1,000 
300ml       ¥490  

◇酒井酒造
ひや 原酒  【販売期間】 6月1日〜9月30日
豊潤な香りに力強い口当たりは本格原酒のそれ。氷を浮かべてロックで。

・アルコール度数 19%〜20%
・精米歩合70%
1.8L : 2,100円【税込】 720ml : 1,050円【税込】

梅酒用 清酒【販売期間】 5月20日〜7月31日
梅酒専用。あなた好みの梅酒造りにどうぞ。
そのまま清酒としてもお楽しみいただけます。(今期分終売です)

・アルコール度数 20%〜21%
・精米歩合70%
1.8L : 2,100円【税込】

純米吟醸 父の日【販売期間】 6月1日〜その年の父の日まで
良質の山田錦を55%まで磨いて醸す純米吟醸。
優しい吟醸香が香り、軽快な口当たりにふくよかな旨味が広がる。(今期分終売です)

・アルコール度数 15%〜16%
・精米歩合55%
720ml : 1,890円【税込】

純米酒 復刻版 木桶造り 季節限定品
創業時と同じ精米歩合、仕込配合、そして木桶による生酛造り。
たくましさと優しさを兼ね揃えたその味わいに、木香がふくよかに広がる。

・アルコール度数 18%〜19%
・精米歩合85%
720ml : 2,205円【税込】

「吟醸酒 花よりもなほ」終売のお知らせ【1436杯目】
長い間ご愛顧いただいておりました「吟醸酒 花よりもなほ」ですが、
本日4月30日を持ちまして、終売とさせていただきます。

◇梅錦山川
書道ガールズ!!720ml発売
来る5月15日から「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」がロードショーになります。
これは洋楽・J-POPにのせて行う書道パフォーマンスを題材にした映画です。
このモデルになったのは四国中央市の三島高校の書道部です。
当市ではこのロゴを使って地域活性につなげようと呼びかけています。
梅錦ではこの映画のロゴを入れたラベルのお酒を発売しました。
容量・価格:720ml / 1000円(税込)
種別:吟醸酒
原料米・精米歩合:
    麹米…山田錦 / 精米歩合55% 掛米…八反錦 / 精米歩合60%
日本酒度:4.5
酸度:1.3
アルコール度:15.8度

◇司牡丹酒造
「司牡丹生鮮酒<夏>零下貯蔵生酒」 5月11日出荷開始

司牡丹では、毎年10月から翌年の3月の間だけ、酒造りが行われます。
新春に搾られたばかりの純米酒の搾りたて生酒を、一切熱処理を加えず、
マイナス5℃以下の冷凍庫にて零下貯蔵し、夏季限定で製造量わずか1500本のみ
発売される旬の酒が、この酒「司牡丹・生鮮酒<夏>零下貯蔵生酒」なのです!
<酒質>純米生酒
<原材料>米・米麹
<アルコール度>15度以上16度未満
<原料米>山田錦・アキツホ・他
<精米歩合>65%
<日本酒度>+5
<酸度>1.4
720ml 1,082円(消費税込・送料別)<要冷蔵>

■■■その他■■■
◇酒井酒造
商品名は「滄桑(そうそう)」
山口県には日本で唯一、清酒醸造の実習を行っている高校があります。
田布施町の田布施農工高等学校です。
産学交流の一環として、同校とのコラボ商品を発売しております。
田布施農業高校で栽培された酒米が原料で、ラベルのデザインも生徒さんにお願いいたしました。

ご興味のおありの方はお試しください。

京都の博物館にPRコーナーを設置することになりました

京都駅から地下鉄で二つ目「烏丸三条」の近くに京都文化博物館があります。
観光客にはあまり知られていないようですが、
京都の歴史と文化をわかりやすく紹介する総合的な文化施設として14年も前に開館しています。
この博物館の別館が旧日本銀行京都支店で、明治を代表する洋風建築として国の重要文化財に指定されています。


陽射しに映える赤レンガの別館


入口の案内

本館は7階建ての近代建築ですが、この1階に江戸時代末の京の町並みの表構えを復元し、
中には飲食・ショッピング施設を設けていて、ろうじ店舗(路地の店のこと)と呼んでいます。


博物館の本館


ろうじ店舗の入口

伝統工芸品など京の名産品を展示販売している一角に、
SRNの丹山酒造会員のブースがありますが、このほど同社の格別のご好意で、
折角確保された展示スペースの半分をSRNに貸していただけることになったのです。

半分といっても幅が2メートル以上ありますから宣伝スペースとしては十分です。
ここに会員会社の日本酒系ソフト酒(10度未満の低アルコール日本酒)を展示するとともに、
試飲・販売が出来るようにする予定で準備を進めています。


通路から見た丹山酒造のブース(左半分)


丹山酒造の試飲・販売スペース


SRNに提供していただくスペース

ところで、この丹山酒造とは、どのような蔵でしょうか。
帰路お邪魔しましたので簡単にご報告します。

所在地は、京都駅から山陰線で約30分の亀岡市、
ここが嵐山までの保津川下りの起点となっています。

駅から同社までは、徒歩10分程度、保津川下り乗船場からでも徒歩約15〜20分程度です。
駅から徒歩圏内にある酒蔵は同社しかありませんので、観光客が多いとのことです。
連休直前のこの日には、6〜7名の外国人客があり、日本酒を美味しそうに味わっていました。


丹山酒造の社屋前景


暖簾がはためく蔵の入り口


囲炉裏がある見学者応接室


多くの外国人観光客と経営者の長谷川由利枝さん(左端)

健康のすぐれない長谷川社長に代わって蔵の経営全般を取り仕切っておられるのは、
由利枝夫人(取締役)。
女性杜氏として知られる次女の渚さんとともに、
全国の百貨店を駆け巡って販売・販促活動をしておられます。
持ち前の明るいお人柄と、西陣の繊維問屋で育たれただけあって、
京の女性の典型のような雰囲気が多くの人を惹きつける魅力となっています。

また、同社は、比叡山延暦寺の最高責任者、酒井雄哉大阿闍梨とも深いご縁があって、
お酒のネーミング(9%未満のソフト日本酒『飯櫃』“ぼんき”)をして頂いたり、
延暦寺にお酒が納品もされていますし、またタイガースファンの酒井師とのご縁で
阪神タイガースの応援酒も造るようになったとのことです。


ソフト日本酒『飯櫃』“ぼんき”

とにかく不思議な魅力のある酒蔵です。
京都観光の折に亀岡まで足を延ばしてみられたらいかがでしょう。